ブログ

マッサージとストレッチ!

投稿日:

皆さん、ストレッチやっていますか?

『ストレッチ』と聞くと、体操をやっているとか、ダンスをやっているとか、何か『特別』なイメージを持ってると思いますが、本当は違うんです。

『歯磨き』と同じように、皆さんやった方がいいんです。

特に年を重ねていくと、『やる』のと『やらない』のとでは、かなり大きな『差』が出てきます。

では、『いつ』ストレッチをやれば効果的なのか?

それは、『身体が温まっている』時です。

朝起きたては体温が低いので、やめた方がいいですね。

僕のオススメは、『お風呂上がり』です。

ゆっくり湯船に浸かって、身体を温めましょう。

そしてお風呂から出たら、身体が冷えないうちにストレッチをやりましょう。

まずは床に座って、足を前に伸ばします。

その際に、無理矢理『エイ!』と身体を曲げるのではなく、『ゆっくり息を吐きながら』、ゆっくり前に倒します。

モモの後ろが『ビーン!』となったら、少し緩めて。

そしてまた、ゆっくり前に倒します。

その繰り返し。

今度は足を開いて、同じ事を繰り返します。

始めは硬くて曲がりませんが、そのうちにだんだん曲がるようになります。

身体の具合が『目で見てわかる』のは嬉しい事ですね。

サウナの中でやるのもオススメです。

その際に、他の方に迷惑がかからないようにしなくてはいけません(^^)

サウナの中は、自分でもビックリするくらい、よく曲がりますよ!

ぜひ試してみて下さい。

マッサージの効果!

マッサージ、好きですか?

『こらない』人はくすぐったいみたいですね。

僕はものすごい『肩こり』なんですよ!

ヘアメイクさんが、メイクの合間に肩を揉んでくれる時があるんですが、毎回『これは何ですか!?』と聞かれます^^;

そのくらい『カチカチ』なんですよね。

で、そんな僕が『自分でできる』肩こりの解消方をお教えします。

例えば、右の肩がこっているとします。

まず、右の肩を温めます。

最近では、レンジで温められる『温熱パッド』があるので便利ですね。

ホッカイロでもいいかもしれません。

充分に温まったら、頭を左に倒します。

右の肩が『伸びてる』事を感じる事がとても重要です。

それを感じられたら、左手で、右耳の上のあたりを持って左に引っ張ります。

先ほどよりさらに『引っ張られる』事を感じて下さい。

少しうつむいたり、首を上げたりして、こっている場所の『そば』を伸ばします。

これだけでずいぶん楽になりますよ!

僕は、必ず『両肩』やるようにしています。

それなら、オフィスでも自宅でも簡単にできます。

お金もかかりません(^^)

プロに任せる

本当はこれが一番ですよね!

ただ、毎週となると出費がね^^;

僕は大体3ヶ月に一度くらいプロにお願いしています。

その時に、ストレッチのやり方を教わってきます。

そうする事で、自分で『ケア』できますよね。

そして大事なのが、『温める』という事。

これは身体に限らず、『内臓』も同じです。

『内臓を温めて休ませる』

食事を早めに済ませ、お風呂で温めて、身体を伸ばす。

『腹巻き』も良いですよ!

おじさんのイメージがあると思いますが、今は若い人でもしていますね、腹巻き。

シャツの『ずり上り防止』にもなりますよ(^^)

『冷たいものばっかり飲んでると夏バテするぞ!』

あながち嘘でもなさそうですね(^^)

冷たいのダメだって〜(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『見る』ダンスと『踊る』ダンス!

これは、『振付師』として思っている事です。 僕は、振付の依頼を受ける時に必ず『聞く事』があるんですね。 それは、『見るモノ』なのか『踊るモノ』なのかという事です。 どういう事かと言うと。 まず『見て楽 …

何が食べたいのかわからない!

最近よくあるんですが、お腹はすいているのに『何が食べたいのか?』が、わかりません。 お昼ご飯は大体いつも同じメニューなんです。 焼き魚、ソーセージと卵の炒め物、お漬物、ご飯。 これに、明太子と野沢菜が …

心と身体を癒そう!

ストレスが溜まった時、何かしている事はありますか? 僕は『お酒に逃げる』傾向がありますね〜 あとは、お風呂かな? ぬるめのお湯にゆっくり浸かって、頭からお湯をかけています。 『アーユルヴェーダ』ですよ …

歯磨きのお話

僕は歯磨きがあまり好きではありせん。 というより、得意ではないと言った方がいいのかもしれません。 それは、どれくらい磨けばいいのかわからないからです。 以前、歯医者さんで『歯を磨いてみてください』と言 …

親の幸せと子供の幸せ

独身でいる間は、自分一人だけのことを考えていればいいわけです。 僕の場合は、お金もそんなにかかりませんでした。 特に物欲が強いわけではないので、『車が欲しい』とか、『時計が欲しい』という事もありません …