ブログ

勘が働く!

投稿日:2020年11月10日 更新日:

僕は中学生の頃写真部でした。

写真って、『ここだ!』と思った瞬間にシャッターを切るわけですが、実はそれだと遅いんですよね。

決定的瞬間は、コンマ何秒の差で過去になってしまうんです。

なので、大切なのは『そろそろ?』という感覚なんです。

例えば、人が笑っている写真を撮ろうとすると、その人がいつ笑うか分からないんですよね。

かと言って、近くで『笑って』と言ったところで、自然な笑顔は撮れません。

なので、少し離れたところから『望遠レンズ』を使って写真を撮ります。

当然、その人の会話の内容は聞こえるはずがなく、ファインダー越しに『その瞬間』を狙っているわけです。

で、『笑った!』と思ってもその瞬間は撮れないんです。

なので、『笑いそう』という雰囲気を待つわけです。

何度も何度も失敗を繰り返していると、だんだんわかってくるんですよ、その人のパターンが。

で、その瞬間の少し前からシャッターを切り始め、『パシャッ、パシャッ、、、パシャッ』と間隔をあげて『連写』を繰り返します。

うまくいくと、その中の一枚に自然な笑顔があるんです。

嬉しいですよね。

優秀なカメラマンは、勘が働くと聞きます。

『そろそろ何かが起きる』瞬間を逃さない為には、第六感を鍛える必要があるのではないでしょうか。

予感

嫌な予感ってありますよね?

僕は車を運転するんですが、何となく感じるんですよ、変な動きの車を。

後ろから見ていると、なんかフラフラしていたり、道に迷っている感じがわかるんですよね。

で、注視していると、突然の車線変更。

危うく難を逃れた事は何度か経験しています。

これは、教習所では教えてもらえない『なんか変』という『勘』なんです。

車は時によって重大な事故を引き起こす事があります。

常にアンテナをはりながら運転する癖をつけたいものですね。

『〜だろう』ではなく、『〜かもしれない』は、運転する者にとって忘れてはいけない事なんですね。

ヤマカン

クイズ番組などを観ていると、全く答えが分からず当てずっぽうで答えることがあります。

ようは『ヤマカン』ですが、意外と当たる事があるんです。

僕がレギュラーでやっている福岡の番組では、食ロケの時穴あきクイズをやるんですが、実際これはわかりますか?実際に出たクイズです。

【題】

Q『隠れ家○○○○○で、絶品生○○○

※)○にはカタカナが入ります。

どうですか?

【答え】

A『隠れ家イタリアンで、絶品生パスタ』です。

いかがですか?

この時はたまたま当たりましたが、もしかしたら

『隠れ家メキシカンで、絶品生タコス

の可能性もあるわけです。

答えは一つじゃないので、たまたま当たった『ヤマカン』なんです。

『勘』は、経験からくる『確率』かもしれない。

たくさん経験して確率を上げれば、勘が鋭くなるのかもしれないですね。

僕の本名は『鈴木寛』で、あだ名は『スズカン』でした(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おとななテレビ!

今週も先週同様、ロケ二日とスタジオ収録。 なかなかのハードなスケジュールですが、美味しい食べ物満載なので、楽しみで仕方がありせん(^^) そしてたま、いつものように撮影前日に福岡へ前のり。 いつも通り …

子供から大人に!

日本では20才になると、『大人』として扱われるようになります。 お酒が飲めたりタバコが吸えたり。 親の承諾なしに結婚できるのも20才になってから。 ギャンブルもできますよ。 ローンが組めるのも20才に …

東日本大震災から10年!

2011年3月11日、14時46分。 その日の事はとてもよく覚えています。 僕は新宿のスタジオで振付をしていました。 正確には、振付をする前に、アシスタントと2人で振付を作っていたんですね。 出演者が …

巻き戻らない時間!

写真フォルダに溜まった写真を整理していました。 昔は『紙焼き』の写真をアルバムに貼っていたので、手間と時間、何より場所を取りましたよね。 それが今はデータになったので、見るのも消すのも簡単になりました …

『好き』に理由は無い!

皆さんは、『好き』な理由ってありますか? 『どうして好きなんですか?』と聞かれて、なんて答えますか? 僕は、理由が答えられないんです。 あえて答えるなら、『好きだから』になってしまいます。 それだと話 …