ブログ

叱らない教育!

投稿日:

昔は叱って教育したようで、『殴られる』などは当たり前のようでした。

特にスポーツ系。

『水を飲むな!』や、部活中倒れたら『やかんの水をかける』みたいな、今では考えられないような教育方法でしたね。

『スパルタ教育』ですよ。

それで伸びる人もいるとは思います。

でも僕はダメですね。

叱られても伸びません。

なので、叱る事もありません。

たった一度の人生なので、出来るだけ楽しく過ごしたいものです。

ただ、時には『叱る』事も大切です。

鈴木家では、『押す』『噛みつく』『ドアを勢いよく閉める』が禁止でした。

多少大袈裟ではありますが、生死に関わるからです。

生死に関わらないとしても、その先に『プラス』が無いからです。

それ以外は基本的にずっと褒めていました。

例えば壁に落書きをした時。

まず、『上手いね〜』と褒めました。

その後で『でもここには書いちゃダメなんだよ』

と注意する感じです。

で、画用紙を渡して、『次からはここに上手な絵を描いてね』で終わりです。

子供は落書きでも一生懸命描きます。

その絵を『何やってるの!』と怒る事は、僕にはできません。

絵をキライになってしまいますからね。

壁は後でキレイにすれば済む事です。

もしくは、描いてもいい壁にするかですね。

ホワイトボードみたいな。

汚れも簡単に落ちそうですね。

ダンスコンテスト

ダンスコンテストは、その日のためにずっと練習してきた結果を発表する日です。

『コンテスト』なので、不本意ではありますが、優劣を付けなければいけません。

僕はたまに審査員をやりますが、コメントを求められる時があります。

そんな時、僕は絶対に褒めます。

で、その後で気が付いたことを話すわけですが、『どうやったらうまく踊れるか?』については、僕はコメントしないようにしています。

何故なら、うまく踊るためには練習するしかないからです。

世界一のダンサーは、世界一練習しているから世界一になったんです。

僕はダンスを『うまく踊る』事に興味がありません。

それよりも、どうやったら『楽しく踊れるのか?』、の方が大切だと思っています。

間違えてもいいじゃないですか!

まあ、こういう考え方なので、僕は審査員失格だと思っていますよ(^^)

いまだに叱られる!

今年54才になりましたが、この年になっても叱られますよ、お医者さんに^^;

まあ不健康を絵に描いたような所があるので、仕方がないんですけどね。

『不摂生』なんですよ、基本的に。

仕事以外運動しないし、よく食べるし、よく飲むし。

歯磨きくらいですよ、ちゃんとやっているのは。

ダメですよね〜

ただ、楽しいですよ、毎日が!

それでいいと思っていますよ、今はね(^^)

まあ楽しいですよ!毎日!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長生き!

人は誰でも長生きしたいものです。 僕もそうです。 では、何才くらいまで生きるのが『長生き』なんでしょうか。 僕の母親は72才で亡くなりました。 当時は『そんなものなのかな?』思っていましたが、周りの人 …

ユーミンのおかげ!?

おやじダンサーズを作る数年前、僕は松任谷由実さんのコンサートにスタッフとして参加していました。 ダンスコーディネイターという肩書でしたが、わかりやすく言うとダンサーのマネージャーをしていました。 ダン …

趣味がない!

昔から、のちのち仕事になりそうなことにしか興味がありません。 ダンスは歌手になるために必要なリズム感を養うために必要だったし、パソコンは将来武器になると思って始め、ピアノやギターも音楽を楽しむためでは …

振付の著作権!

自分の『著作物』には権利があって、それを使うには『著作権料』を支払わなければならないわけですが、『振付』には『著作権』はありません。 自分が振付した曲が100万枚売れても、1枚も売れなくても、振付料は …

独立記念!?

16才からダンサーとして働いていたせいか、アルバイトの経験がありません。 かといって、人を雇う『社長』をやった事もなく、どちらかというと、中間管理職的な役割が多かったですね。 そもそも『アルバイト』と …

SOLIO「マルシェで買い物ダンス篇」

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30