ブログ

見えない物を撮る!

投稿日:

街を何気なく歩いていると、いたるところにポスターが貼ってあります。

その中でも一際目立つのが、女性の顔がドアップになっている化粧品のポスター。

『何万画素なんだ!』と思える程キレイなポスターで、相当有名なカメラマンが撮っているのでしょう。

目が飛び出るような高額なカメラや照明機材。

プリントする機械も相当なモノでしょう。

もちろん、女優さんのギャラや衣装メイク、ポスターのデザイナーなど、第一線で活躍するプロの人たちが関わっているわけです。

この一枚のポスターを作るのには、相当なお金がかかっているんです。

僕はこういう時によく考える事があります。

『もし僕がカメラマンなら、どういう写真を撮るのか?街にあるたくさんあるポスターの中で、目立つにはどうしたらいいのか?』という事です。

そんな時、『もし見えないモノが撮れたら』すごいと思いませんか?

多分使ってもらえない!

僕は、その女優さんがどういう人なのか?

その『性格』が撮れたら素晴らしいんじゃないかと思うんですね。

ただ、宣伝のポスターで一番大切なのは『商品を売る事』なので、僕が撮りたい写真は使ってもらえないでしょう。

それでも、僕はそこを撮りたいんです。

『この商品を使って性格が明るくなった』や『これのお陰で大人になった』など、その女優さんが前に進むきっかけになった商品だと、そう『こじつけ』れば、どうにかならないものかと^^;

その女優さんが『鼻歌』を唄っているかもしれない。

さっきまでシャワーを浴びていたかもしれない。

そこに写っているはずのないものが見えたら、凄いですよね!

究極の写真

それは、家族が撮るスタップ写真じゃないでしょうか。

女優ではなく、仕事でもない。

作っていないナチュラルな姿。

それが撮れるのは、心を許した家族だけなんです。

優秀なカメラマンは、その人の心を裸にできると聞いた事があります。

『カメラマンはモテる』は、そこから来てるのでしょうか。

カメラを通じてその人の心と繋がる。

素晴らしいですよね!

何気ない写真でも、『何かある』写真って、きっと心が写ってるんだと思います。

うちのワンコは、写真を撮られるのがキライです(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

遊びが足りない!

ここ数日、東京はよく晴れていました。 僕は運転が好きなので、少し遠回りしてでも高速で出かけるんですが、本当に気持ちよかった! ドライブ日和ですよ! 僕の場合、仕事場が屋内、それも『スタジオ』という閉鎖 …

究極の有酸素運動!

以前ダイエットをしていた頃、『マラソンよりジョギングの方がイイ』という話を聞きました。 違いは、『ザンザン』走るのがマラソンで『ダラダラ』走るのがジョギングと解釈してもらってかまいません。 『早歩き』 …

お金がなくても貧乏ではない!

辞書で『貧乏』という言葉を調べると、『財産が少ない』と出ます。 僕は声を大にして言いたい! 『それは間違っています!』と。 僕が子供の頃、家は裕福ではありませんでした。 オモチャが欲しいと言っても買っ …

みんな何かを抱えている!

『パパイヤさんはいつも楽しそうですね!』 よく言われるんですが、皆さんもそう思っていますか?? 結論は、、このブログの後半でお話ししますね(^^) 僕の目標は、『毎日を楽しく過ごす』というものです。 …

闘わない生き方!

僕は子供の時から、自分を争いから避ける位置に置いていました。 わかりやすく言うと、強い意見を持っている人の近くで傍観する、という位置。 常に俯瞰(ふかん)で物事を見るような子供でした。 よく言えば「要 …

SOLIO「マリンワールド篇」

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30