ブログ

『怒り』はコントロールできるのか?

投稿日:

何かあると、『イラッ』とする事がありますが、それって何故だか考えたことはありますか?

『僕は何で怒っているのだろう?』と自分自身に問いかけた事はありますか?

僕は以前、どうにもならないくらい『怒りを感じた』事がありました。

心拍数は上がり、たぶん顔も赤くなっていたでしょう。

その時は運転中だったので、とにかく冷静になるように心がけました。

同業者が数人いたので、事故を起こすことだけは避けたかったからです。

しばらくして、目的地に着きました。

人と荷物をおろし、僕は駐車場へ。

そこでしばらく考え事をしていました。

『何故あんなに腹が立ったのだろう?』

僕はここに来る途中、今で言う『煽り運転』をされていました。

ものすごいスピードでやって来た車は、クラクションを鳴らし、パッシングをしながらしばらく僕を煽り、僕を追い越し、僕の目の前に車線変更し、急ブレーキをかけたんです。

僕が急ブレーキをかけると、その車は走って行ってしまいました。

同乗者は、『何だあいつ、危ないな〜』と。

当時はそういう運転をする人があまりいなかったので、本当にビックリしました。

と同時に、怒りが込み上げてきたんです。

駐車場でしばらく考えていると、『これでも怒らない人って、一体どんな人なんだろう?』と考え始めました。

『元気だね〜』と笑い飛ばせるような人です。

もしそうなれたら、それって凄くないですか?

『怒りの元』をどうするのか?

『やられたらやり返す』では同じことの繰り返しです。

誰かが投げて来た『怒りの元』を僕のところで受け止める事ができればいいわけです。

どこかにそういう『ゴミ箱』、置いてないですかね(^^)

イラッとした時は!

誰かと話をしていて、もし『イラッ』としたら、どうしますか?

その『イラつきの元』をどうするかですよ。

例えば、『そこ邪魔だよ!どけ!』と言われた場合。

大抵の人は、『何だよその言い方は!あ〜?』となるわけです。

そこを、『お〜ごめんごめん』と、どいてあげるには、どういう気持ちになればいいのでしょうか?

僕はそこで『大人感』が必要なのかと思ってます。

例えば、2才くらいの女の子に『ちょこじゃま、どちなさい!』と言われたところで、ただ可愛いだけですよね。

『お〜ごめんごめん』と喜んでどくわけですよ。

高圧的に言われた時、『コイツはまだ子供なんだからしょうがない』と思って引けばいいんです。

それでもさらに偉そうに言ってきたら、いずれ誰かにやられますよ、そういうヤツは。

わざわざ自分が悪役にならなくても大丈夫なんです。

僕は、そう思うように心がけています。

それでも、『ん?』と思うことはありますけどね^^;

自分の正義と相手の正義!

自分が正しいと思っていても、相手も違う答えを持っています。

揉め事って、それが合わないだけなんですよね。

『絶対に違う!』というワードが出た時点で、その人は『違う』という事です。

それをわかっていれば、何か違う意見が出たときに、『それもあるかもしれない』と自分を疑う事ができます。

『自分を疑う』

これってとても大切な事だと思っています。

1+1=2

ですが、

◯+◯=2

なら、答えは一つではありません。

頭を柔らかくすればいいんです。

【同じ日同じ時間に生まれても双子ではありませんでした、何故でしょう?】

というなぞなぞがあったんですが、答えわかりますか?

僕は全然わからなくて、悔しい思いをしました。

正解は、【三つ子だったからです】

なるほどね〜

ちょっとバカにされたような気分になりましたよ(^^)

それと同時に、『イイ問題だな』と思いましたね。

疑ってみるんです、何もかも。

そうすれば、思いもよらない答えが出るんですね。

答えが出なくても、『疑った』という時点で、頭が少し柔らかくなったんです。

『やられたらやり返す』は、ドラマだけでじゅうぶんです(^^)

商品説明を疑わなかったら、こうなりした(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YESから始める!

自分の意見を相手に伝えるのって難しいですよね。 『そんなの簡単だよ!』という人もいるでしょうが、僕はかなり考えてしまう方なんです。 メールも同じで、書いては消しを繰り返してしまいます。 『こう言ったら …

いつも心に太陽を!

先の見えないニュースが続きますね。 みんな一生懸命戦っていると思います。 それでもコロナは容赦なく僕たちの生活を奪っていっています。 こういう時に、『平凡な毎日』がいかに幸せだったのかと、元に戻る事が …

子供と携帯電話!

最近は、かなり小さい子供でも携帯電話を使っていますよね。 なかにはタブレットを使ってYouTubeを見ている子供もいたりして。 すごい時代になったものです。 僕の子供は、小学生の頃から携帯電話を持って …

話しのうまい人はモテる!?

居酒屋などで、隣の人が話しているのを思わず聞いてしまう事があります。 始めから『聞こう』と思っているわけではなく、あくまでも『聞こえて』くるんです。 そういう時は、大抵『強めのワード』から始まります。 …

母の教え!

うちのオカンは型破りな人でした。 夜遅くまで酒を飲み、翌朝はいつも起きられず、珍しく起きたとしても、作ってくれるのはいつもカップスープでした。 お湯を入れるだけのやつです(^^) もちろんお弁当は作れ …