ブログ

頭に来たら自分を疑え!​

投稿日:

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。

そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか?

頭に来る理由は確実にあるわけです。

例えば、待ち合わせの場合。

相手が遅れたとします。

何分までなら遅れても大丈夫ですか?

5〜10分くらいの遅れはよくありますよね。

ただ、30分を超えると少し様子は変わってきます。

今では連絡を取る手段がいくらでもあるので、まめに連絡を取り合っていれば送れる原因がわかるわけです。

で、やっと来た人の態度によっても、頭に来る度合いが変わってきます。

電車が事故で止まってしまった。

道路が渋滞していた。

『本当に申し訳ない!』という誠意のこもった謝罪ののち、『今度ご飯奢るからさ』というご褒美付き。

大抵の人は、『わかったよ』となるわけですが、中にはそれでも『許せない!』と怒る人もいます。

で、遅れた人も逆ギレ。

僕はそう言う場合、その『遅れた事を許せない人』の方に問題があるような気がします。

グレーな世の中!

『白黒ハッキリさせる』という言葉がありますが、世の中はグレーな事ばかりです。

裁判なら、白黒ハッキリさせる事が大切ですが、普段の生活でそれをやっていると、周りの人が大変な思いをします。

僕的に少し厄介なのが、飛行機の検査場。

12時のフライトなら、羽田空港の場合、11時40分までに検査場を通過しないといけません。

厳密に言うと、検査場のところにQRコードをタッチしなければなりません。

それを1秒でも過ぎると、満席の場合は自動的に『キャンセル待ち』の人に搭乗の権利が移ってしまいます。

ちなみに、時間を過ぎても座席に余裕がある場合は、係の人に言って席を確保してもらう事ができる場合もあります。

時間を機械が管理しているよなモノは、白黒ハッキリしていますよね。

しかし、人間の場合は多少の誤差があってもご愛嬌ではないでしょうか。

それを、『いや、決まってるから』という事になると、『融通のきかないヤツだな』という事になってしまいます。

知らず知らずのうちに!

自分では何も悪い事をしていないと思っていても、それを『気にする』人はいます。

ちょっとした癖だったり、習慣だったり。

自分では当たり前にやっている事でも、他の人にとっては『んっ?』と思う事もあるかもしれません。

僕は割り箸を割った後、『ささくれ』を取るために箸をこすります。

前にそれを注意された事がありました。

なのでその人の前ではやりませんが、一人の時はやっています。

みなさんは、どう思いますか?

習慣や癖は、国によっても違ってきます。

わかりやすいのは、お蕎麦の食べ方。

『ズズ〜』とすするのは、日本では『粋な』食べ方ですが、海外の人にとっては不快な行為でしかありません。

子供の頃ご飯を食べる時、『茶碗を持ちなさい!』と怒られましたが、韓国では持ちません。

韓国ではステンレスの器を使いますが、熱くて持てない為に持たないんです。

マナー違反ではなく、長年の習慣です。

日本では、『イエス』の時に首を縦に振りますが、スリランカやギリシャでは、『ノー』の時に首を縦に降ります。

インドネシアやタイでは、子供の頭をなでるのはタブーなんです。

多少極端な例ですが、『僕の常識はあなたの非常識』という意識を少しだけ持って行動するのもいいのかもしれせんね。

表情が濃くなる癖があります

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

深夜の文章はなぜ恥ずかしいのか?

夜中に書いた文を翌朝読むと、かなり恥ずかしかったりしませんか? あれ、どうしてでしょうね? まるで作家になったかのような文章だったり、感情剥き出しだったりと、恥ずかしくて読めない時もあったりします。 …

『過ぎ』ない方がイイ!

何か頑張っている時、必ずと言っていいほど『ブレーキ』がかかりますよね。 例えばダイエット。 初めは辛いダイエットもだんだん調子が出てきて乗ってきた頃、体調を崩したり、クリスマスを迎えたり。 なんとなく …

息子一時帰国、終了!

カナダに留学している息子が、一時帰国していました。 カナダから日本に帰ってくるのは、『コロナの影響があったのでやめた方がいいのでは?』と、家族内では物議をかもしていましたが、息子の強い思いがあった為、 …

逆転の発想!

ずいぶん昔、雑誌のコラムを持っていました。 タイトルは、『悩ませてフラメンコ』 ふざけたタイトルですが、ちゃんとした『お悩み相談』のコラムです。 そこに実際に来たお悩み。 『彼氏が浮気しているみたいで …

なぜ飛行機の乗降は左なのか!

普段何気なく乗っている飛行機ですが、ふと疑問に思ったのが、飛行機の乗降口は必ず『左』だという事。 一応右側にも扉はありますが、そちらから乗り降りした事は今までに一度もありません。 これは、国際線にも同 …