ブログ

一流をすりこむ!【味】

投稿日:

子供の頃から『本物』を教えたいものです。

そんなに難しく考えなくても大丈夫ですが、ポイントはおさえておきたいものです。

子供が一番初めに知ることは『味』ではないでしょうか。

普段家でご飯を作る時、どんな食材を使いますか?

うちでは、ご飯、卵、魚、お味噌汁、お漬物。

朝はほとんどこんな感じです。

なので、お米、卵、魚、味噌、野菜、ここら辺を抑えておけば大丈夫です。

何も『高級食材を使え!』と言っているわけではなく、普段スーパーに売っているような食材を、『いかに美味しくいただくか』が、大切なんです。

味付けの『さしすせそ』にこだわって、食材の持っている味を引き出す事が、美味しくいただく方法だと思います。

調味料にはお金をかけましょう。

これはとても大切です。

『基準』を作るわけですから、そこにはこだわりましょう。

少しでも良い調味料、試してみてください。

初めのうちは大変ですが、慣れてくると楽しいですよ。

今はネットでなんでも調べられます。

チャレンジしてみてください。

すると『食材が変わると味が変わる』事に気づきます。

例えば、普段食べているネギがあったとします。

たまたま『美味しいネギ』を手に入れたとします。

違うんですよ!全然!

普段と同じ調理法なのに、味はまったくの別物になります。

やっぱり『素材』なんですよね。

でぶやのおかげ!

僕は職業柄、全国各地でご飯を食べました。

なので『名産品』に出会うことが多いです。

ありがたいことです!

その土地土地には、よそでは食べられない『食材』をいただく事ができます。

例えば福岡の場合。

東京では、鯖は酢で〆てあるか、火を通していただきます。

ですが、福岡では生で食べることができます。

旬の時期に漁港の横にある食堂で食べる生の鯖と、東京のスーパーで買った鯖。

どっちが美味しいかは、食べなくてもわかりますよね。

生で食べられる鯖の握り寿司を、軽く塩をふって表面だけ炙って、上からレモンを絞って食べる。

どうですか?

想像を絶する美味しさですよ!

当然ながら、福岡の人は舌が肥えてます。

その舌を子供に『すりこみたい』ですよね!

一年に一度でいいから色々な所に旅に出て、舌のスキルをあげたいものです。

北海道に行った時も、ホッケの美味しさに気絶寸前でした!

他にもまだまだ全国各地に美味しいものがあくさんあります。

そういう『特選素材』をいただくのは、ダンス界で言うと『年に一度の発表会』のようなものです。

なので、普段の練習が大切なのです。

料理や腕を上げましょう。

素材を見る目を持ちましょう。

これが今の僕の目標です。

そうやって我が子に『味の英才教育』をしてあげたいものです。

福岡名物『ゴマ鯖』

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は慣れる生き物!

以前テレビ番組でベトナムに行きました。 首都ハノイから車で二時間、そこから船で一時間。 着いた場所は、『ナムディン』という所。 お世辞にも清潔な場所とは言えない所でした。 僕はこう見えても、プチ潔癖症 …

密を避けるには!

先週仕事で地方に行った時、なんとなく『人出』が多いのを感じました。 緊急事態宣言があけて、『感染者数』にも慣れてきてしまっているような気がしています。 『密を避ける』 実際はなかなか難しいですね^^; …

子供と携帯電話!

最近は、かなり小さい子供でも携帯電話を使っていますよね。 なかにはタブレットを使ってYouTubeを見ている子供もいたりして。 すごい時代になったものです。 僕の子供は、小学生の頃から携帯電話を持って …

初めての海外!

僕が子供の頃、外国はかなり遠い場所でした。 とくにアメリカ。 ダンスに関わっていると、やっぱりアメリカに憧れがあって、死ぬまでに1度は行ってみたいと思っていました。 そんな僕が初めてアメリカに行ったの …

ながく続ける秘訣!

おやじダンサーズを作った時、できればながく続けたいと思っていました。 グループって、方向性の違いとかで解散する事が多いですよね? うちはそういう事は無く、今年で結成22年。 忙しい時は毎日のように顔を …