ブログ

マザコンでした!

投稿日:2020年8月10日 更新日:

こういう人、結構多いと思いますよ。

ただ、辞書で調べると『母親に対する強い愛、執着』と出ます。

それではないんですよ。

俗に言う『冬彦さん』(わからない人は調べてみて下さい^^;)では無いということ。

あれは親が悪いですよね。

親がでしゃばるから、子供がそういう人になってしまうのでしょう。

『あれダメ!これダメ!』言ってませんか?

知らず知らずのうちに『マザコンメーカー』になっているお母さん、いるんじゃないですか?

ちゃんと子供に判断させて、それを良い方向に導いてあげて欲しいものです。

僕の場合は、マザコンの手前の、もっとライトなもの。

何をもって『マザコン』と言えるのかは定かではありませんが^^;

隠れマザコン

僕はもしかしたら、隠れたマザコンかもしれません。

表向きは『自立』しているようで、心のどこかでは母親に頼っている。

何か困った事があれば、お母さんがなんとかしてくれる。

そう思っていたのでしょう。

『お母さんのいう事は正しい!』と信じていましたね。

でもそれは、親子での信頼関係であって、マザコン云々ではありません。

なので、その『線引き』が難しいんです。

ちゃんとした指標がありません。

でも、親子の信頼関係があるというのは、素晴らしい事だと思います。

『マザコン』という少しネガティブな言葉ではなく、何か別の言い方をしないといけませんね。

『仲良し』とか『信頼』とか『絆』とか。

亡くなって気づく

母親が亡くなった時、心の中にポッカリと穴が空いたような気持ちになりました。

親が亡くなったので当然だとは思いますが、それだけではない別のもの。

『これからどうやって生きていけばいいのか?』という気持ち。

そんな思いがありました。

悲しみよりも喪失感の方が大きかったです。

その時『僕はマザコンだったのか?』と思いましたね。

母親が全力で育ててくれた事、いつも心配してくれていた事。

僕がいじめにあった時、凄い剣幕で学校に乗り込んできた事。

当時は恥ずかしかった事が、その時はありがたく思えました。

そういう『母の愛』をいつの間にか感じていたんだと思います。

亡くなって20年経ちました。

もし今生きていたら。相変わらずガミガミうるさいのかな?(^^)

それもまた、母親なりの愛情表現なんですけどね。

子どもの頃

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一日一善!

『善』と書かれると、『すごく良い事』をしないといけないように思えますよね。 僕がまず頭に浮かぶのが、お年寄りに『荷物持ちましょうか?』っていうアレです。 理由はわかりませんが、『良い事』と言うと、まず …

頭に来たら自分を疑え!​

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。 そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか? …

いつも心に太陽を!

先の見えないニュースが続きますね。 みんな一生懸命戦っていると思います。 それでもコロナは容赦なく僕たちの生活を奪っていっています。 こういう時に、『平凡な毎日』がいかに幸せだったのかと、元に戻る事が …

地獄から天国へ!

地獄なんて、誰も見たくありませんよね。 僕も見たくはありません。 でもそれは、本人が『地獄』だと感じているだけで、他の人からすればそうでもないのかも知れません。 もっと言えば、その『地獄』を見たい人も …

『好き』に理由は無い!

皆さんは、『好き』な理由ってありますか? 『どうして好きなんですか?』と聞かれて、なんて答えますか? 僕は、理由が答えられないんです。 あえて答えるなら、『好きだから』になってしまいます。 それだと話 …