ブログ

トライ&エラー!

投稿日:

何事もそうだと思いますが、必ず失敗ってありますよね。

僕は失敗を恐れて何もできないよりは、何度も何度も失敗を重ね、それらを『糧』に次に進めばいいと思っています。

しかし、そうは思っていても、失敗ってやっぱりイヤなものですよね^^;

僕の場合は、ゲームですね。

このブログでも何度も言っていますが、僕は本当にゲームがヘタなんです。

特に苦手なのが、シューティング系です。

敵に武器の照準を合わせる『エイム』が苦手で、それをやっているうちに敵にやられてしまうんです。

『バイオハザード』というゲームがあるんですが、まあ怖いですよね〜

本来遊びであるゲームが、まったく楽しめないんです。

『トライ&エラー』

何度も何度もやられれば、負ける事にも慣れるはずですが、やっぱり『へこむ』んですよね^^;

前にこのブログで書いた、『失敗しない事が失敗!』というモノがあるんですが、頭では理解していても、身体が怖がるんですね。

『転ぶ事』を恐れて『行動』を起こさないという、『本末転倒』なんです。

ゲームなら、たとえ負けても何の問題もありませんが、仕事となればそうはいきません。

仕事での『エラー』は絶対に起こしてはいけないからです。

では一体どうしたらいいのでしょうか。

想像力

このブログでもたびたび登場するワード『想像力』ですが、僕はこれがとても大事なのではないかと思っています。

例えば、僕たちエンタメの会社の場合。

僕たちの場合の『エラー』、それは『面白くない』を意味します。

他にも、視聴率、再生回数、ダンスロード数など、様々な『指標』があります。

これらが原因で『赤字』になる事が、僕たちの『二つ目のエラー』なんです。

なので、『トライ』の時は、かなり慎重になりますね。

『どうしたら面白くなるだろう?』

これは、飲食店の『どうしたら美味しくなるだろう?』と全く同じ事です。

何故なら、『面白い』と『美味しい』には、個人差があるからです。

その『個人差』をどれだけ少なく出来るかが重要なんです。

『観た人が面白いと言ってくれる』事はとても大切な事です、しかしもっと重要なのは、『知ってもらう』事なんです。

知らないと観られないですからね(^^)

『知ってもらう』『観てもらう』『楽しんでもらう』

結果が出るまでには、たくさんのハードルがあるんですね。

エラーから得るもの!

『失敗は成功のもと』と言うように、『エラー』から得るものはたくさんあると思います。

大切なのは、それが『自分の為』という事に気付くこと。

ただ、『失敗したな〜』ではいつまで経っても何も変わりません。

例えば、『苦手な人』がいたとします。

その人は、いつも人が嫌がる事を言うんです。

頭にきますよね〜

その人が言っている事は、自分が気にしている事、つまり『弱点』なんです。

『弱点』をつかれるから腹が立つんです。

『意地でもそいつの言う事なんか聞くもんか!』と思いますよね。

僕もそう思います。

ただ、もしかしたらそこにヒントがあるかもしれません。

その時は『フン』と思っていても、後でゆっくり考えてみると、意外な発見があるかもしれません。

もしそれに気付けたらいいんですが、よ〜く考えても、何もヒントがなかったら『ただの嫌なヤツ』ですね^^;

いかにも嫌な事を言いそうな顔ですね(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供と携帯電話!

最近は、かなり小さい子供でも携帯電話を使っていますよね。 なかにはタブレットを使ってYouTubeを見ている子供もいたりして。 すごい時代になったものです。 僕の子供は、小学生の頃から携帯電話を持って …

ユーミンのおかげ!?

おやじダンサーズを作る数年前、僕は松任谷由実さんのコンサートにスタッフとして参加していました。 ダンスコーディネイターという肩書でしたが、わかりやすく言うとダンサーのマネージャーをしていました。 ダン …

答えを言わない!

鈴木家の子育て論は、『想像力豊かな自然児で自由人』です。 その為にやった事、それは『答えを言わない』事でした。 答えではなく『ヒント』を与える事で、子供に『考える力』を養ってもらいたかったからです。 …

運命を受け入れる!

僕はもともと向かい風に弱く『流される』タイプの人間です。 何か新しい事をやろうとした時、それに『待った』がかかれば逆らわずに待ち、向かい風が通り過ぎるのを待ちます。 風が無くなり前に進めるようになった …

偶然は偶然じゃない!?

僕は自分の事を『運を持っている』と思っています。 『親』や『先生』など、僕を『導いてくれた』人にも恵まれています。 産まれた家が音楽家の家だったり、担任の先生がギター弾きだったり。 初めて教わったダン …