ブログ

アゲ太郎!苦難を乗り越えろ!

投稿日:

映画の宣伝です。

『とんかつDJアゲ太郎』に出ます!

みたさんご存知の通り、色々な事がありました。

『作品に罪はない』

本当にそう思います。

芸能界に限らず、何をするにも一人では何もできません。

仕事はたくさんの『人』によって成り立っています。

背中を押す人、背中を押される人、それらを見守る人。

数え切れないくらいの人達に助けられながら、僕たちは生きています。

映画は、公開の数年前から準備が始まります。

長い年月をかけて、ようやく撮影日を迎えます。

撮影が終わったら編集作業。

試写会を経て映画館での上映になります。

映画のエンディングには、タイトルロールが流れ、その映画に携わった人たちの名前が流れてきます。

約5分間。

何百人という人の名前が出てくるはずです。

みんなで作っているんです。

連帯責任!

一人が悪い事をしたら、全員が罰を受ける時がありますよね?

あれって、どう思いますか?

例えば、高校野球。

たった一人の生徒が問題を起こしただけで、全員が出場停止。

プロは違うんですよ。

何かあっても、当人だけが出場停止。

何か変ですよね?

何なんですかね?こういう風潮は?

とても変だと思います。

『正しい判断』がなされていないのではないでしょうか。

回転寿司なんですよ!

歌手が捕まったら、その音楽も店頭から撤去される。

お店のイメージダウン?

事なかれ主義?

確かに犯罪を犯した人の楽曲を聞くと、その人を思い出しますよね。

なので、学校やテレビでは使いづらいとは思います。

ただ、僕は回転寿司と同じだと思うんです。

回転寿司で嫌いなネタが流れてきた時、『アレ嫌いなんだけど』というクレーマーに対して『嫌いなら食べなければ?』と言う勇気があるかどうかなんです。

大体の板さんは『すみません』と言って下げちゃうんですよね。

そのネタが好きな人もいるのに。

好きな人の方が、コッソリ食べる事になるんです。

そういう状態になっているんでよね。

何か変ですよね〜

コハダ、自分でにぎりました(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めて会った芸能人!

僕は東久留米市という所で産まれました。 一応、東京都です^^; 都心までは車でも電車でも約一時間半。 今では交通も発達して、通勤などはかなり便利になりましたが、今から40年前は本当に田舎でした。 家の …

一日一善!

『善』と書かれると、『すごく良い事』をしないといけないように思えますよね。 僕がまず頭に浮かぶのが、お年寄りに『荷物持ちましょうか?』っていうアレです。 理由はわかりませんが、『良い事』と言うと、まず …

大好きか、大嫌いか!

おやじダンサーズのテーマは『激しく・切なく・精力絶倫!これだけは今の若いモノには負けん!』というモノでした。 こういう極端なテーマは好き嫌いがハッキリしていて、イヤな人はとことんイヤなんですよね。 そ …

頭に来たら自分を疑え!​

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。 そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか? …

恩師!

僕は師に恵まれています。 今でもハッキリと覚えている、小学二年生の時の担任、奈良先生。 ある日生徒たちがうるさく、先生の話を聞いていませんでした。 その時先生は大きな声で、『いいか!僕はえこひいきをす …