ブログ

聖バレンタインデー!

投稿日:

僕がまだ小学生だった頃、毎朝ヤクルトを取りに行くのが日課でした。

うちの場合は、ヤクルトはポストに入れてもらっていました。

ポストを開けると、いつものようにヤクルトが二つ並んでいました。

すると、隣にチョコレートが二個置いてあったんです。

『アレッ!?』

はじめはヤクルトのサービスだと思ったんですね。

手紙も無く、ただチョコだけが『ポン』と置いてあったんです。

それで母親に『ね〜ヤクルトの人、チョコもくれたよ〜』というと、そのチョコを見た母親が『あらっ!あんた〜』とニヤニヤしはじめたんです。

話を聞くと、『バレンタイン』という初めて聞くワードが出てきました。

『一体誰がくれたんだろう?』

翌日学校に行くのがなんとなく恥ずかしくてね。

女の子を見ると『この子かな?』ってなるわけですよ。

じっと見てると、『どうしたの?』なんて言われて。

『誰なんだろう?』

勉強よりそっちばっかりになっちゃって。

そういう想像力は豊かだったんですね(^^)

結局その時は誰がくれたのかはわかりませんでした。

ただ、翌年のバレンタインには何も貰わなかったので、まあ、そういう事ですよ^^;

本命か義理か!

『チョコをもらう』という文化だけで良かったのに、誰が言い出したのか、『本命と義理』のチョコ。

わざわざ『義理ですけど』と言いながらくれる人はあまりいませんが、貰うのなら多少の『期待』もあるわけですよ。

『もしかしたら』って思っちゃうんですよね。

男ってバカですよね〜

でも、その『義理チョコ』、何かの始まりかもしれませんよね。

『義理度合い』ですよ。

そこで大事なワードが、『手作り』じゃないでしょうか。

買えばいいものをわざわざ作るんですよ。

そこには、かなりの『想い』が入ってるんじゃないですか。

手作りチョコは、チョコを溶かして形を変えるだけではダメなんです。

『テンパリング』をしないと、見た目と味が悪くなってしまいます。

温度調節とかが結構面倒だし、手間がかかるんですよね。

なので、もし『手作りチョコ』をもらう事ができたら、その『手間』に愛を感じて下さいね。

例え『義理チョコ』でも、その子が作るチョコの数には限りがあります。

そこに『食い込めた』んですから、わりと『脈アリ』かもしれませんね(^^)

すごいヤツがいた!

僕は昔、東京ディズニーランドでダンサーをしていました。

そこにいたんですよ、バレンタインの神が!

バレンタイン近くになると、そいつの祭りが始まるんですよ。

前夜祭は、両手に持ちきれないほどのチョコを。

バレンタイン当日には、パンパンに膨れ上がった手さげ袋を数個。

もう配達業者の納品ですよ(^^)

『食べ切れるのか?』

家族や親戚、さらに友達に配らないと。

そうじゃないと、消費するのに一年くらいかかりそうですよね。

で、翌年にまた納品ですよ。。

羨ましいを通り越して、心配になりましたね。

もちろん僕はそんな心配もなく、何個かいただきましたよ(^^)

ありがたいですね。

今でもいただきますよ、バレンタイン。

ただ、チョコではないですよね。

お酒とか、漬物とか(^^)

いや〜ありがたいですね!

息子のために娘と作ったお菓子の家!(全部食べられますよ)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物忘れ!

『あれっ、鍵閉めたっけ?』 よくある事ですよね。 で、玄関まで戻ってみると、ちゃんと鍵を閉めているわけですよ。 エアコン消したっけ? 電気消したっけ? 同様に、ちゃんと消しているわけですよ。 普段ルー …

願えば叶う!

ずっと観ていたドラマに出演することができました。 それは『孤独のグルメ』 今から数年前、福岡の番組にゲストとして来てくれた松重さん。 その時に『おじさんがただ食べてるだけのドラマなんだけどさ、』と話し …

初めて絵を描いた!

僕が勉強嫌いなのは前回のブログで書きましたが、中でも苦手だったのが社会科と美術。 幼稚園から高校まで、それは変わりませんでした。 昔のことを勉強する事と絵を描くことになんの面白さも感じなかったですね。 …

ダンスを楽しくする為に捨てる3つのモノ!

ダンスが義務教育になって数年経ちますが、いまだに『ダンスが苦手』という方も多いのではないでしょうか? そんな方々の為に、3つの『モノ』を捨ててもらおうと思います。 これを理解すると、今まで嫌なイメージ …

これは詐欺なのか!?

世の中には数え切れないほどの『詐欺』がありますよね。 社会的に大きな出来事があると、決まってあたらしい詐欺が登場します。 まあよく考えるものだと思いますが、『その知恵があれば真っ当に働いて稼げるはずな …