ブログ

僕の人生を変えた言葉!

投稿日:

僕は小学生の頃から、歌手になる事が夢でした。

リズム感を養う為にダンスを始め、そのダンスが面白くなり、いつの間にかダンサーになっていました。

20才の頃、縁あってソニーに入ることになりました。

歌手を目指し、日々レッスンに明け暮れていました。

当時のプロデューサーは少し変わった人で、『当たり前がつまらない』と言っていました。

僕はわりと器用な方で、よく『器用貧乏』と言われていました。

何でもすぐにできるけど、それが身にならない。

ネガティブなイメージの『器用貧乏』を、そのプロデューサーは面白がってくれました。

『いいね、できる事を何でもやろうよ』

ギターを弾きながらタップを踊る。

さらにそのまま歌ってみる。

そんな試行錯誤の日々が続く中、ある時プロデューサーからこう言われました。

人の背中を押してみる気はないかい?

この言葉が、僕の人生を変える事になったんです。

充実感

僕がいる部署は、『新人の発掘と育成』を行っている所でした。

『そこに来る新人やアイドルにダンスを教えてみないか?』と言われたんです。

僕は『あぁ、僕はもう歌手としてはダメなんだな』と思いました。

それを察したプロデューサーは、『人の背中を押してみなさい、何か気付く事があるよ』と言ってくれました。

その日から僕はスタッフ側にまわり、ダンスを教える事になりました。

振付師になったのもこの頃です。

自分が教えた生徒が、僕の振付でテレビに出る。

それを見た時、なんとも言えない『充実感』を感じました。

『これか!』

僕は『人の背中を押す』仕事を続ける事にしました。

今思う事!

20才の時、プロデューサーの言葉を無視し、人の背中を押していなかったら、今の僕はいないと思います。

僕がおやじダンサーズを作った頃は、たくさんの人たちに背中を押してもらいました。

本当にありがたい事です。

『背中を押す』

『手伝う』とは違った、温かみのある言葉。

とても大切にしています。

誰かの背中を押した事がありますか?

誰かに背中を押してもらった事はありますか?

誰でも経験があると思います。

その事に気づき、感謝しながら毎日を過ごしてみると、心が温かくなるんです。

そういう事じゃない!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

逆転の発想!

ずいぶん昔、雑誌のコラムを持っていました。 タイトルは、『悩ませてフラメンコ』 ふざけたタイトルですが、ちゃんとした『お悩み相談』のコラムです。 そこに実際に来たお悩み。 『彼氏が浮気しているみたいで …

子供から大人に!

日本では20才になると、『大人』として扱われるようになります。 お酒が飲めたりタバコが吸えたり。 親の承諾なしに結婚できるのも20才になってから。 ギャンブルもできますよ。 ローンが組めるのも20才に …

悩み多き人生!

みなさん、弱点ってありますよね? 『無い!』という人は、羨ましい限りです。 ある人は、それって人に言えますか? 僕はもちろんありますよ。 花粉症、猫アレルギー、というライトなモノから、精神的な重たいモ …

ず〜っと一緒!?

僕は、一度何かを願いしてその人が良かったら、その後かなり長い付き合いになります。 例えば美容院。 もうかれこれ20年くらい同じ所でお願いしています。 そもそも髪型にそんなにこだわりがあるわけではなく、 …

愛犬紹介!

うちには9歳になるトイプードルがいます。 女の子です。 ニコちゃんと言います。 とにかく元気で、どんな大型犬にも突っかかっていきます! 本当はもう少し落ち着いて欲しいところです。 犬種が変わる? トイ …