ブログ

僕の人生を変えた言葉!

投稿日:

僕は小学生の頃から、歌手になる事が夢でした。

リズム感を養う為にダンスを始め、そのダンスが面白くなり、いつの間にかダンサーになっていました。

20才の頃、縁あってソニーに入ることになりました。

歌手を目指し、日々レッスンに明け暮れていました。

当時のプロデューサーは少し変わった人で、『当たり前がつまらない』と言っていました。

僕はわりと器用な方で、よく『器用貧乏』と言われていました。

何でもすぐにできるけど、それが身にならない。

ネガティブなイメージの『器用貧乏』を、そのプロデューサーは面白がってくれました。

『いいね、できる事を何でもやろうよ』

ギターを弾きながらタップを踊る。

さらにそのまま歌ってみる。

そんな試行錯誤の日々が続く中、ある時プロデューサーからこう言われました。

人の背中を押してみる気はないかい?

この言葉が、僕の人生を変える事になったんです。

充実感

僕がいる部署は、『新人の発掘と育成』を行っている所でした。

『そこに来る新人やアイドルにダンスを教えてみないか?』と言われたんです。

僕は『あぁ、僕はもう歌手としてはダメなんだな』と思いました。

それを察したプロデューサーは、『人の背中を押してみなさい、何か気付く事があるよ』と言ってくれました。

その日から僕はスタッフ側にまわり、ダンスを教える事になりました。

振付師になったのもこの頃です。

自分が教えた生徒が、僕の振付でテレビに出る。

それを見た時、なんとも言えない『充実感』を感じました。

『これか!』

僕は『人の背中を押す』仕事を続ける事にしました。

今思う事!

20才の時、プロデューサーの言葉を無視し、人の背中を押していなかったら、今の僕はいないと思います。

僕がおやじダンサーズを作った頃は、たくさんの人たちに背中を押してもらいました。

本当にありがたい事です。

『背中を押す』

『手伝う』とは違った、温かみのある言葉。

とても大切にしています。

誰かの背中を押した事がありますか?

誰かに背中を押してもらった事はありますか?

誰でも経験があると思います。

その事に気づき、感謝しながら毎日を過ごしてみると、心が温かくなるんです。

そういう事じゃない!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めて会った芸能人!

僕は東久留米市という所で産まれました。 一応、東京都です^^; 都心までは車でも電車でも約一時間半。 今では交通も発達して、通勤などはかなり便利になりましたが、今から40年前は本当に田舎でした。 家の …

一瞬で幸せになる言葉!

皆さんは、『知足』という言葉を知っていますか? 『ちそく』と読みます。 僕はこの言葉の持つ意味を知った時、こういう考え方をすれば『必ず幸せになれる』と思いました。 『足るを知る者は富む』とも言います。 …

信念!

皆さん、信念って持っていますか? 『私は信念を持っています!』と言うと、『この人はしっかりした人』という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。 でも僕は、そういう『強いモノ』を持っていないんですね。 …

趣味がない!

昔から、のちのち仕事になりそうなことにしか興味がありません。 ダンスは歌手になるために必要なリズム感を養うために必要だったし、パソコンは将来武器になると思って始め、ピアノやギターも音楽を楽しむためでは …

『見る』ダンスと『踊る』ダンス!

これは、『振付師』として思っている事です。 僕は、振付の依頼を受ける時に必ず『聞く事』があるんですね。 それは、『見るモノ』なのか『踊るモノ』なのかという事です。 どういう事かと言うと。 まず『見て楽 …