ダンス ブログ

キャッチーな振付とは!

投稿日:

あれこれと悩んでいるうちに結局は『全て』をチョイスしてしまっている時があります。

振付の依頼の時に、それはよくありますね。

簡単で、キャッチーで、誰でも踊れるダンス。

はじめはこの3つが、ほぼ90パーセントの確率で依頼されます。

そのうちに、『ペアで』や『あまり簡単すぎない』や『ネットでバズる』など、後からどんどん増えていく事があります。

そうなると僕は必ず言います。

『すみません、優先順位の一位は何ですか』と。

数ある『想い』の中から一位を決めていただきます。

テレビコマーシャルの場合、キャッチーな振付を覚えてもらう事で、『あぁ、コレ(振付)ね、』という風にその広告を認識してもらえます。

AKB48の恋するフォーチュンクッキーでは、『あぁ、おにぎりね!』という感じです。

ちなみに、恋するフォーチュンクッキーの場合は、優先順位の一位は『キャッチー』で、二位が『みんなが踊れる』でした。

なので、結果的にパズったわけです。

キャッチーにする方法

普段生活でやるような動き、例えば『歩く』や『手を挙げる』

そういう動きはキャッチーになりづらいですね。

逆を言えば、普段やらないような動き、それをダンスにすればキャッチーになるわけです。

普段やらない動き、これってかなりの数ありますよね。

『バク転』もその一つではないでしょうか。

途中で全員がバク転したら、かなりカッコイイですよね!

ただ、キャッチーではありますが出来る人が限られますよね。

では『逆立ち』は?

そうやって考えていくんです。

『誰でも踊れるダンス』が優先順位一位なら、体操系は無理でしょう。

簡単で普段やらなさそうな動き??

ここが一番悩むところです。

ですが、一番楽しいところでもあります。

悩んだ挙句、『これだ!』というキャッチーな動きが出来たとしましょう。

ここで、注意!

一曲全てをキャッチーな振付にしたら、何も目立たなくなります。

例えば、白やグレーの中に一つだけ『赤』があるから目立つわけで、虹色の中の『赤』は目立たないという事。

誰でも踊りやすい簡単なダンスがあって、たまに『変な』もしくは『難しい』振付があるから、そこが目立つ。

これがキャッチーな振付のやり方です。

究極の振付

僕が思う究極の振付は、『踊ってないのに踊っているように見える』振付です。

『そんなの無いよ!』と言う方、大正解!

まだ見つかってないんです。

それが見つかったらすごい事ですよね!

ただ、4人踊れる人がいれば、一人まったく踊らなくても踊っているように見える振付はあるんです。

言葉では説明しづらいですが、出来るんですよ!

五人組で一人はまったく踊れない。

そんな『キャッチー』なダンスチームがあっても面白いですよね。

どう?キャッチー?

-ダンス, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダメ!飲酒運転!

まだまだコロナ禍ではありますが、これから年末に掛けてお酒を飲む機会が増えると思います。 今年の仕事納めが終わって会社帰りに忘年会、という人が多いのではないでしょうか。 なので、飲み会に車で行く人はほと …

幸せなお話!

みなさんは幸せですか? 僕は幸せです。 理由は後ほど。 幸せの条件って何ですか? お金なのかな? 以前テレビでやっていたんですが、『1億円当たった人のその後』みたいな番組があって、結構興味深かったんで …

やり過ぎない神アプリ!

SNSなどを見ていると、かなり加工された写真が多く見られますね。 一昔前だと、プリクラで目だけを大きくしたり、肌を綺麗にしたり。 今はアプリで簡単に加工できる時代になりました。 だいたい一目で『加工し …

立ち止まる事も必要!?

短い人生なので、常に前に進んでいきたいものですが、時には『立ち止まる』必要もあるのではないでしょうか。 というのも、何をやっても成果が出ない時があります。 そんな時、『ちょっと一休み』する事が、『チャ …

僕は食わねど高楊枝!

昔から日本人の心意気を表した『ことわざ』はたくさんありますが、その中でも僕が好きなのは『武士は食わねど高楊枝』ということわざ。 不器用な優しさを感じませんか? こういう事が、嫌味なくできるような人にな …