ブログ

大好きか、大嫌いか!

投稿日:2020年6月24日 更新日:

おやじダンサーズのテーマは『激しく・切なく・精力絶倫!これだけは今の若いモノには負けん!』というモノでした。

こういう極端なテーマは好き嫌いがハッキリしていて、イヤな人はとことんイヤなんですよね。

それでも僕は極端なグループを作りたかったんです。

芸能界で一番大切なのは『覚えてもらう』事だと思っています。

どんな些細な事でもいいので、記憶の端っこに記憶される事。

それがないと、何も始まりません。

もちろん『大好き!』なのは最高に嬉しい事ですが、全員が『好き』というのはありえないと思っています。

人生プラスマイナスゼロですから(^^)

マイナスもあるんですよね。

だったら、思いっきり極端にシフトされていた方が面白いと思いませんか?

『なんとなく好き』や『なんとなくキライ』よりは『すごい好き!』『すごくキライ!』の方が覚えてもらえますよね。

エンタメは、まずスタートに立たないとダメなんです。

サザンのCM

その極端なグループ感のおかげなのか、ありがたい事に初めての仕事が、サザンオールスターズのコマーシャルでした。

サザン結成20周年の記念アルバム『海のYeah!!』

さらにそのおかげで『最近CMで見かける変な人』みたいな感じで深夜の番組によんでいただけるようになりました。

サザンのコンサートではダンサーとして出演した事もあります。

その際に桑田さんから『おやじダンサーズでーす!お仕事くださーい!』とありがたいお言葉も頂きました。

デビュー42周年!
サザンオールスターズの無観客ライブを
U-NEXTで配信決定!

サザンオールスターズが、デビュー42周年を迎える2020年6月25日(木)に、横浜アリーナから”感謝”の無観客配信ライブを開催!!

https://www.video.unext.jp/lp/sas?cid=D31905&rid=SR00060&adid=SEP&alp=1&alpad=1&alpge=1&utm_source=google&utm_medium=paidsearch&utm_campaign=google_s_title_others&utm_content=SR00060&gclid=Cj0KCQjwoaz3BRDnARIsAF1RfLekq595EDR7nNZl4u93VBHlGwchZa1OFtDGbRiru2SNowM-IgRAYNAaAn7uEALw_wcB

僕もU-NEXTに入っているので楽しみにしています!

矛盾との戦い!

おやじダンサーズを作った時、企画書を作って広告代理店に売り込みに行きました。

みんな面白がってくれましたが、仕事には結びつきませんでした。

なぜなら『前例が無いから』

んっ?それって新しいって事ですよね?と、何度も頭の中で繰り返し、さらに別の広告代理店に。

『面白いんだけど、、、ねぇ』

答えは同じでした。

『新しい』と『初めて見る』は違うようです。

そんな時に声を上げてくれたのが、桑田さんでした。

桑田さんがいなければ、いまだに迷路をさまよっていたかもしれません。

僕は運がいいです。

その運がまだ続いているなら、これからも新しいモノを作っていきたいものですね。

ダンスは好きですが、練習はキライです

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイエットと筋トレの関係!

以前チャレンジした事がありますが、ダイエットしながら筋トレをするのは、かなり無理がありました。 結果から言うと、筋トレをした後ダイエットをするのが正解です。 それは、『筋肉をつける』と言う事と、『体重 …

みなさんのおかけです!

僕たちの仕事は、呼ばれないとダメなんですね。 なので、『受け身』の場合がほとんどなんです。 もちろんマネージャーが営業に行きますが、先方に『オッケ〜』と言ってもらえないとダメで、こちらがいくら頑張って …

ワンコのトイレ!

うちのワンコは、なかなか家でトイレをしません。 なので、トイレをさせる為に散歩に連れていかなければなりません。 晴れの日は最高ですよ! ただ、雨が降るとどうしようもありません。 うちはトイプードルで、 …

なぜパパイヤ??

今日は名前の由来のお話しですが、その前に僕の事を少し。 僕は鈴木寛(すずきひろし)と言います。 1966年6月29日に産まれました。 この数字で『あれっ?』と気づく人はかなり音楽通な人。 この日、台風 …

初めて絵を描いた!

僕が勉強嫌いなのは前回のブログで書きましたが、中でも苦手だったのが社会科と美術。 幼稚園から高校まで、それは変わりませんでした。 昔のことを勉強する事と絵を描くことになんの面白さも感じなかったですね。 …