ブログ

大好きか、大嫌いか!

投稿日:2020年6月24日 更新日:

おやじダンサーズのテーマは『激しく・切なく・精力絶倫!これだけは今の若いモノには負けん!』というモノでした。

こういう極端なテーマは好き嫌いがハッキリしていて、イヤな人はとことんイヤなんですよね。

それでも僕は極端なグループを作りたかったんです。

芸能界で一番大切なのは『覚えてもらう』事だと思っています。

どんな些細な事でもいいので、記憶の端っこに記憶される事。

それがないと、何も始まりません。

もちろん『大好き!』なのは最高に嬉しい事ですが、全員が『好き』というのはありえないと思っています。

人生プラスマイナスゼロですから(^^)

マイナスもあるんですよね。

だったら、思いっきり極端にシフトされていた方が面白いと思いませんか?

『なんとなく好き』や『なんとなくキライ』よりは『すごい好き!』『すごくキライ!』の方が覚えてもらえますよね。

エンタメは、まずスタートに立たないとダメなんです。

サザンのCM

その極端なグループ感のおかげなのか、ありがたい事に初めての仕事が、サザンオールスターズのコマーシャルでした。

サザン結成20周年の記念アルバム『海のYeah!!』

さらにそのおかげで『最近CMで見かける変な人』みたいな感じで深夜の番組によんでいただけるようになりました。

サザンのコンサートではダンサーとして出演した事もあります。

その際に桑田さんから『おやじダンサーズでーす!お仕事くださーい!』とありがたいお言葉も頂きました。

デビュー42周年!
サザンオールスターズの無観客ライブを
U-NEXTで配信決定!

サザンオールスターズが、デビュー42周年を迎える2020年6月25日(木)に、横浜アリーナから”感謝”の無観客配信ライブを開催!!

https://www.video.unext.jp/lp/sas?cid=D31905&rid=SR00060&adid=SEP&alp=1&alpad=1&alpge=1&utm_source=google&utm_medium=paidsearch&utm_campaign=google_s_title_others&utm_content=SR00060&gclid=Cj0KCQjwoaz3BRDnARIsAF1RfLekq595EDR7nNZl4u93VBHlGwchZa1OFtDGbRiru2SNowM-IgRAYNAaAn7uEALw_wcB

僕もU-NEXTに入っているので楽しみにしています!

矛盾との戦い!

おやじダンサーズを作った時、企画書を作って広告代理店に売り込みに行きました。

みんな面白がってくれましたが、仕事には結びつきませんでした。

なぜなら『前例が無いから』

んっ?それって新しいって事ですよね?と、何度も頭の中で繰り返し、さらに別の広告代理店に。

『面白いんだけど、、、ねぇ』

答えは同じでした。

『新しい』と『初めて見る』は違うようです。

そんな時に声を上げてくれたのが、桑田さんでした。

桑田さんがいなければ、いまだに迷路をさまよっていたかもしれません。

僕は運がいいです。

その運がまだ続いているなら、これからも新しいモノを作っていきたいものですね。

ダンスは好きですが、練習はキライです

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

焦った時こそ冷静に!

道路が渋滞していたりすると、本当に焦りますよね。 特に高速道路。 高速に乗ってから渋滞に気づいたりすると、『早く言ってよ〜』と思ってしまいます。 事前に渋滞情報をチェックしていたにもかかわらず、その後 …

今夜の『おとななテレビ』は生放送!

いや〜〜〜っ! つ、ついにやって来ました!福岡!! ながかった〜 約3ヶ月半ぶりですね。 緊急事態宣言は解除になりましたが、まだ『戻った』訳ではありません。 感染対策をしっかりとしながら、楽しむ方法を …

早起きが苦手な人へ!

僕の周りには『よく眠る』人が多く、とても羨ましく思います。 僕は年齢的にそんなにたくさん寝なくても大丈夫なんですが、やはり『熟睡』には憧れますよね。 まれに、10時間くらい眠れる時があるんですが、翌日 …

おとななテレビ!

今回はロケ一日とスタジオ収録。 いつものように、ロケ前日に福岡入りしました。 ドラマの撮影中なので、最終便で博多へ。 ラウンジ、飛行機とも人が少なかった。 これだと『経営も大変だろう』と、余計な心配を …

『怒る』と『叱る』の違い

ショッピングモールドなどで、よく叫んでいるお母さんがいます。 『何やってるの!早くしなさい!』 何をそんなに急いでいるのかわかりませんが、ずっと子供の名前を叫んでいました。 そういう子に限って、全然親 …