ダンス

【ダンスの授業】ダンスの譜面作りました!

投稿日:

ダンスが義務教育になってから10年以上経ちますが、いま学校ではどういう授業が行われているのでしょうか?

よく聞く話だとDVDを観ながら真似をしたり、インストラクターがやってきてダンスを教えてくれるというもの。

ダンスを習っている人はラッキーだし、苦手な人はずっと苦手なままでしょう。

そういうやり方だと、ダンス嫌いな人が増えるだけではないでしょうか?

では、どうすればいいのでしょうか?

ダンスが学校の授業になると聞いた頃、絶対に必要だと思ったのが『譜面』です。

譜面があれば、その仕組みを勉強するだけで踊れるようになります。

先生は自分が踊って見せるというよりは、譜面の読み方を教える。

それでもわからない人にはすこし実演してみせる。

音楽と同じですね。

ダンスの仕組みを勉強することができれば、ダンスを作ることもできるんです。

ダンスを作る=振付ですね。

生徒が振付をして、それが何のダンスなのかをクラスのみんなで考える。

うまいダンスは必要ないです、なにを創ったのかが大切なんです。

これは、ぼくがうちのダンサーたちによくやる『むちゃぶり』に似ています。

僕は逆にお題を与えて、それについてダンスを考えてもらいます。

それがエンタメとして成り立っているのか?

お客さんがそれを観て楽しいのか?

真剣に話し合います。

そうやって、ダンサーたちはスキルを飛躍的に伸ばしていきます。

それと同じような事を学校でやることが出来れば、生徒たちの想像力を豊かにする事ができるでしょう。

これこそが、学校でやるべき授業ではないでしょうか?

ダンスの譜面

ダンスの基本は、体重移動(ステップ)とポーズで構成されます。

リズム感がいい』というのは、体重移動がスムーズでかつ移動中に余裕がある人の事です。

つまり慣れです。

体重移動を慣れさせる方法はただ一つ、繰り返しやる事です。

曲に合わせてただ歩くだけでもかなり良くなりますが、次のステップに行くためには少し変化が必要です。

そこで、譜面の登場です。

僕が考えた譜面は、それは『数を踏む』というもの。

数を踏むので『カズフミくん』というフワッとした名前ですが、これがかなりイイんです。

四つの数字を紙に書いて、左上に1、その右に2、1の下に3、その右に4と置きます。

こういう感じ

これで譜面は完成です。

あとは、これを使ってダンスを作ってみましょう。

これには、ルールがあります。

○1〜4の順番に踏む

ただこれだけです。

では、どっちの足で踏むのでしょうか?

それこそが、振付になっていきます。

1を左足、2を右足、3を左足、4を右足。

どうなりますか?

少し大股で歩いている感じになりませんか?

だいたいみんなそうなるはずです、譜面ですから。

では、全ての数字を両足で、ならどうなりますか?

4回ジャンプになりませんか?

この4つの数字を狭くすれば動きは小さく、広くすれば動きは大きくなります。

全部右足(左足)ならケンケン、全部手なら逆立ち。

ブレイカーならすべて片手でやれるように練習する。

想像力を膨らませましょう。

こうやってダンスを作っていきます。

そのうちにこの4つが邪魔になってきます。

ルール違反をしましょう。

順番を変えたり番号を増やしたり。

数字を壁に貼ったり。

数字を無視したり。

誰も思いつかないような『違反』こそがその人のオリジナリティです。

先生は生徒がルール違反しやすいように導いてあげて下さい。

少し宣伝ですが

パパイヤ式キッズダンスアカデミーというのをやっています。

幼稚園の3年間で15個のステップを学び、それらを組み合わせてダンスを創る、というものです。

テレビで見るようなヒップホップの難しいステップも、実はカンタンな動きからできています。

それをかなりわかりやすく説明したメソッドです。

幼児向けとは言いながらプロのダンサーも熱くなれるメソッドなので、興味のある方や学校の先生など、一度見てみてくださいね。

パパイヤ式キッズダンスアカデミー

-ダンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『イイ』という言葉!

仕事柄ダンスイベントやコンテストなどでエンタメを見る機会が多く、その際にアドバイスを求められる事があります。 その時にいつも困るのは、本当に僕目線でいいのか?という事。 と言うのも、僕は基本的に褒める …

好きなダンスを見つけよう!

これからダンスを始めたい!と言う人も多いと思います。 何から始めたらいいのか?という方は、まず自分の好きなダンスを見つける事から始まると思います。 ダンスには『ジャンル』というものがあります。 クラシ …

プロって何?

プロの定義ってハッキリしていないんですよね。 例えば『僕は作詞家です』と言えば、その瞬間からその人は作詞家です。 で、お仕事をいただいて作詞をする。 お金が振り込まれた瞬間プロになるんですかね? 一円 …

オリンピック金メダル論!

オリンピックの金メダリストのコーチは、金メダルを持っていない事が多い。 という事は、『自分は出来なくても教える事はできる』という事になります。 それはなぜなのか? ダンスの世界では、そういう事はあまり …

ダンスが苦手な方へ、簡単に踊れる方法ありますよ!

『体操ならやってみようかと思うんだけど、ダンスってなんか恥ずかしいんですよね〜リズム感無いし』という話をよく聞きます。 体操とダンスの違いをお話ししますね。 身体が楽しいのが体操で、脳が楽しいのがダン …

SOLIO「マルシェで買い物ダンス篇」

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031