ブログ

東日本大震災から10年!

投稿日:

2011年3月11日、14時46分。

その日の事はとてもよく覚えています。

僕は新宿のスタジオで振付をしていました。

正確には、振付をする前に、アシスタントと2人で振付を作っていたんですね。

出演者が来るのが15時。

そろそろ仕上げに入ろうとしたその時です。

スタジオの隅の方で、『ガタン!』と音がしました。

その直後に大きな揺れが起こったんです。

『すぐに終わるだろう』

そう思っていましたが、揺れは大きくなるばかり。

『ヤバいな』

なんとなくそんな気がして、僕はスタジオの外に出ました。

するとそこで、僕はとんでもないものを目にしたんです。

踊るビル!

外に出た僕たちの目の前に、20階建てくらいの大きなビルが2棟立っていました。

そのビルが、まるで踊っているかのように揺れていたんです。

コンクリートでできたビルが、まるで羊羹のように柔らかく見えました。

『とんでもない事が起こっている』

そう直感しましたね。

それと同時に、『今日は振付できないんじゃないかな?』とも思いました。

これだけ大きな地震が起こると、電車は止まってしまいます。

誰もスタジオに来る事ができなくなるんですね。

『ダメもと』で待っていると、15時を少し過ぎた頃『おはようございます!遅れてすみません!』と出演者がやって来たんです。

『よく来れましたね?』

なんとスタジオが近かった為に、自転車で来たそうです。

『いや〜良かった!』

振付が始まりました。

その時には、地震のことはすっかり忘れていました。

まるで映画のようでした、。

振付が終わって、僕は家に帰りました。

帰る途中なんとなくガソリンスタンドに寄ったんです。

『地震すごかったですね!』

『揺れましたね〜』

給油中にそんな話をしていましたが、さほど『大きな出来事』だとは思っていませんでした。

その後家に帰ると、部屋に置いてある小さなスピーカーが倒れていました。

『ああ、結構揺れたのかな』

しかしそれ以外は何の被害も無かったので、それで終わりだと思っていました。

テレビを見るまでは、、。

お風呂上がりにテレビをつけて、僕は愕然としました。

『なんて事だ』

電車が止まり、駅から溢れた人たち。

歩いてい家に向かっているであろう、『帰宅難民』の人たち。

コンビニからは食料が消え、街は人で溢れかえっていました。

まるで映画のCGのような大洪水が街を襲い、家が流されていました。

まさに『悪夢』そのものでした。

あれから10年。

いまだに復興は終わっていません。

『今何が出来るのか?』

改めてもう一度考えなくてはいけませんね。

冬は必ず春になります(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

超えられない壁は現れない!

何かをやっていて行き詰まったり、なかなかうまくいかない事ありますよね? 僕はしょっちゅうあります。 何をやってもうまくいかない。 目の前に大きな壁が現れるんです。 何度やってもその壁が越えられない。 …

料理は引き算!

僕は16才の時、実家を出て一人暮らしをしていました。 当時はコンビニも少なく、『お弁当を買う』という概念すらなかったので、自炊は必須だったんです。 インターネットも無い時代、レシピを手に入れる為には本 …

マッサージとストレッチ!

皆さん、ストレッチやっていますか? 『ストレッチ』と聞くと、体操をやっているとか、ダンスをやっているとか、何か『特別』なイメージを持ってると思いますが、本当は違うんです。 『歯磨き』と同じように、皆さ …

何もやる気がしない!

年に数回、何もやる気がしなくなる時があります。 体調は悪くないのですが、『覇気が無い』のか、身体からエネルギーが出てこないんです。 そういう時、皆さんはどうしますか? 僕は、仕事が休みの日は一日中家で …

パパイヤ式子育てとは?

ズバリ! 女の子はハイジ、男の子はターザン! 想像力豊かな自然児で自由人! これにつきますね! どういうことかというと、僕自身が田舎育ちで、学校から帰ってきたら、玄関にランドセルを投げ込んで『行ってき …