ブログ

配信ビジネス!

投稿日:

コロナ禍で急速に発達したのが『無観客配信』ではないでしょうか。

僕たちも経験がありますが、お客さんがいないという事は、客席も『ステージとして使える』という事になります。

なおかつ、舞台袖の『見切れ』いわゆる、観客から『見えてはいけない舞台袖』を気にする必要が無いので、演者も安心して演じる事ができます。

例えば、小さめの劇場でも、客席が使えるので、小屋全体を舞台として使えます。

そして、一番凄いのは、『観客数に制限が無い』という事です。

配信のシステム的に上限が決まっているのかはわかりませんが、普段100人で満席になるような劇場でも、多くの人に観てもらえる可能性があるんです。

もし、ネットの不具合でその時は観られなくても、『アーカイブ』に残しておけば、あとでゆっくり観劇することができます。

尚且つ、出演者の『アップ』が撮れるので、今まで見る事ができなかった細かな表情も見る事ができますね。

ミュージカル映画のような臨場感を味わう事ができるかもしれませんね。

ズームでドラマ!

僕も出演した事がありますが、事前にしっかりと打ち合わせをしておけば、演者は自宅に居ながらドラマに出演する事ができます。

例えば、ドリフでやっていた『アパートのコント』を想像してみてください。

5人それぞれの部屋があって、全体の雰囲気は『マルチアングル』を使います。

そうすれば、別々の場所に居ながら、一つのアパートに居るようなシチュエーションが作れます。

一人は東京、もう一人は北海道。

もちろん、海外からも出演する事が出来るでしょう。

綿密な打ち合わせとリハーサルをやれば、不可能な事ではないと思っています。

凄くないですか!

これは、コロナが無ければ誰も考えなかった事です。

『人生プラスマイナスゼロ』

悪い事ばかりではなさそうです。

リモートコレオグラファー!

去年、振付用のスタジオを借りました。

振付は大体そこでやっています。

こじんまりしていますが、今の僕にはこれが限界。

少人数なら踊れるので、『良し!』としています(^^)

ダンスは目の前に先生がいないと成り立ちません。

もし、ネットの環境をもっと活用して、バーチャルでいろんなところに行けたら。

小さいスタジオでも、たくさんの人にダンスが教えられたら。

凄くないですか!

もし、縦型のプロジェクターのようなものがあって、壁にインストラクターを映し出すことができたら。

もし、等身大のタブレットがあって、そこにインストラクターが登場したら。

そのタブレットで相互通信しながらやりとりができたら。

何かが劇的に変わるような気がしています。

部屋は狭いけど、数万人に振付をする事も不可能ではなくなるんです。

その様子を収録しておけば、いつでも練習できるんです。

まずはスマートフォンでやってみますか?(^^)

すこし小さいですが、なんとかならない、、かな?

無観客ライブ配信中

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

医食同源!

人が生きていく上で大切な『衣食住』ですが、その中でも一番大切なのは『食』ですよね。 『食』は、人間の『三大欲求』(食欲、睡眠欲、性欲)にも入っています。 もしかしたら、この世で一番の『欲』は『食欲』な …

飴と鞭が逆転する時!?

飴と鞭(あめとむち)という言葉があります。 ダイエットにおいて、飴=甘いもの、食事。 鞭=ガマン、運動だと思います。 『ダイエット=ガマン』というのは、以前このブログでも書きましたが、『ダイエット=レ …

最後に親と手を繋いだのはいつですか?

僕の母親は21年前に他界しています。 病院で看取る時、母親の手を握りました。 普段なら恥ずかしくて手なんか繋げませんが、『これが最後』だと思うと、そんな事は微塵も感じませんでしたね。 暖かかった母親の …

誰かが助けてくれている!

実家に住んでいた頃、家の手伝いはしませんでした。 『手伝いなさい!』と言われた事もなく、例えばトイレットペーパーが無くなっても、誰かが新しいモノに取り替えてくれるのが当たり前でした。 シャンプーが無く …

ルーティーン!

皆さんは、いつもやっている『ルーティーン』ってありますか? 『特に無い』と思っていても、普段の生活で自然にやっている事が、実はルーティーンだったりしますよね。 僕はまず、朝起きてからのモーニング歯磨き …