ブログ

占い、占星術!

投稿日:

みなさん、占いってやりますか?

僕はあまり興味がありませんでした。

よくあるのが、『過去を当てられた』というもの。

それのどこがすごいのか、当時はわかりませんでした。

『未来がわかる』ならありがたいんですが、過去がわかっても、と思っていたんですね。

それに、占いっていろんな種類があるじゃないですか。

占いといえば、テレビでよく出てくる『易者』ですよね。

机の上にお箸みたいなやつがたくさんあるやつ。

あれ、『筮竹』(ぜいちく)というもので、50本あるそうです。

あれでジャラジャラやって占ってもらうんですが、なかなか敷居が高そうですよね。

街で見かけても、お願いする勇気がありません^^;

どういう占いが良いのか全くわからず、今まで占ってもらった事はありません。

ただ、『占星術』には興味があります。

知っていて損はなさそうな感じで、けっこう当たりますよね。

『占星術』とはどういうものなのでしょうか?

統計学

占星術をWikipediaで調べると、難しい事がたくさん書いてありますが、わかりやすく言うと『統計学』らしいですね。

僕は細木数子さんに、占星術の話を伺う機会がありました。

細木さんは、『占星術は占いではなくて統計学なの、だから目安にしてね』と言っていました。

さらに、『冬の時期というものがあって、そういう時は無理しない方がいい、真冬にパンツとシャツで外に出る人はいないでしょう?それなりの服装をするはずです。そういう事なの』と、分かりやすく教えてくれました。

その話を聞いた時、いろんなことが腑に落ちました。

踊る前には柔軟体操、歌う前は発声練習。

それと変わらないのではないか、と思ったんですね。

『自然の流れに逆らわず、時期を待つ。』

僕の基本姿勢と同じような気がしました。

それからは、占いや占星術を、『信じる』というよりは、『無視しない』ようになりました。

これって、僕の中ではとても大きなことなんです。

節目年齢!

東洋医学では、女性は7の倍数、男性は8の倍数の年に、身体に変化が起こる『節目年齢』があるといいます。

良いこともあれば悪いこともあるようで、『気をつけよう』という事らしいですね。

逆に何かあっても『節目だからね』と腑に落ちるなら、それが安心材料になるのではと思いますね。

特別な力がなくても、自然の理を知っておけば、何かあった時に、または何か起こらないように気をつける事ができますよね。

これから先の人生を予言する事はできませんが、統計学によって、気をつけ、対処できる知識を持っておきたいものです。

『厄年』も同じような考え方なのかもしれませんね。

ちなみに僕は、厄年に怪我や骨折に悩まされました。

粉砕骨折しました^^;

完治まで約半年、本当に大変でしたよ。

なので、気になる方は『厄除け』をオススメします(^^)

『厄除けした』という気持ちだけ安心できるのなら、それも効果の一つかもしれませんね。

分かりづらいですが、右ひじギプスて固めてます

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

超歌ってみた!

4月28日(水)〜5月1日(土)の4日間、『超歌ってみたSupported by SUZUKI〜おうちカラオケバトンリレー』が開催中! 『超歌ってみた公式HP』 昨日と今日の2日間、僕はMCを担当して …

お金持ちに学ぶ財布術!

お金持ちの人って、ポケットに小銭を『ジャラジャラ』入れている人、あんまりいないですよね。 財布が『領収書でパンパン』という人も、あまり見かけません。 逆に言えば、財布をスマートに使う事ができれば、お金 …

コンプライアンスは回転寿司!?

数年前からよく聞く『コンプライアンス』 Wikipediaだと『法令遵守』または『倫理法令遵守』と書いてありますが、TV業界ではどうなんですかね? まず最初に思い浮かんだのが、ある商品をお勧めしている …

言葉に助けられる事!

同じような意味でも、僕には違って感じる言葉があります。 それは、『我慢』と『辛抱』 我慢の先には何もないような気がしますが、辛抱の先には何かご褒美的なモノを感じます。 皆さんは、どうですか? 『我慢し …

大丈夫は大丈夫じゃない!

『大丈夫』という言葉には、たくさんの意味が含まれています。 『お店入れそう?』『大丈夫です』は肯定的な使い方で、『お水飲む?』『あっ、大丈夫です』は否定的な使い方。 『頑丈なテーブルなので、パソコンを …