ブログ

振付の著作権!

投稿日:

自分の『著作物』には権利があって、それを使うには『著作権料』を支払わなければならないわけですが、『振付』には『著作権』はありません。

自分が振付した曲が100万枚売れても、1枚も売れなくても、振付料は変わりません。

いわゆる『買い切り』というやつです。

その話をすると、ほとんどの人が『マジで!?』と言いますね。

ただ、『あの曲を振付した』という『名刺』が手に入るわけです。

例えばモデルさんが、今までの『仕事』をファイルしていて、名刺がわりにしているのと同じです。

こういう『経験』がありますという事を相手に伝えて『信頼』してもらうわけです。

なので、僕が振付したモノをどこでどれだけ踊ろうが、全て無料です。

ただ、その時に使う『楽曲』には著作権料が発生する場合があるので、ご注意を。

作者没後70年に延長!

著作権保護期間と言って、作者が死亡して70年(以前は50年)までは著作権が保護されます。

その曲を使うと著作権料を払わなければなりません。

なので、作られて100年以上経っているようなクラシックは著作権料がかかりません。

ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調『第九』が作られたのは1824年。

どれだけ歌っても著作権料はかかりません。

ただ、『第九』を歌っているCDを使う場合は、歌っている人の権利である『歌唱印税』がかかる場合があります。(めんどくさいですね^^;)

合わせてご注意を。

印税貰っています!

僕も過去に著作物(作詞作曲、著書)があるので、いまだに印税が入ってきています。

明細書を見ると、細かく計算してありますね。

何枚(何冊)売れて、もしくは『使われて』いくらで、最終的にいろいろと引かれて『◯◯◯円』と書いてあるんですが、ヒット曲の作者はここの数字が凄いんでしょうね(^^)

僕の場合、少額ですがちゃんと計算して税金も引かれて、口座に振り込まれます。

この時期になるとアノ曲、とかあるじゃないですか。

そういう曲は相当貰っているでしょうね(^^)

羨ましい限りです。

もし振付に著作権が出来たら。

かなり『やりずらい』んじゃないかな、と思いますね。

例えば、『ボックスステップ』を踊ったら幾らとか。

胸の前で『おにぎりを握ったら』幾らとか( ̄▽ ̄)

そんな事をやっていると、ステージ上でまったく動けなくなりますよ。

動くたびに『チャリンチャリン』聞こえてきそうです^^;

動きに著作権は難しそうですね。

でもそうじゃないと楽しくないですよね。

好きなだけ自由に踊ってもらいたいです。

みんなでたくさん踊りましょうね!

ライブでも全ての楽曲の著作権使用料を払います

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実はオタクなんです!

子供の頃は結構『ワーッ!』っていう感じに育ってまして、お世辞にも真面目な子ではなかったですよ。 家にいることは少なく、近所の公園や道路で暗くなるまで遊んでいるような子供でした。 とにかく勉強は嫌いで、 …

お金の貯め方!

そもそも貯金に興味はありませんし、貯金しているわけではありません。 だからこそ、『こうやれば貯金出来たのに』という思いがあります。 お金を貯める手っ取り早い方法、それは『お金を使わない』事です。 カン …

一瞬で幸せになる言葉!

皆さんは、『知足』という言葉を知っていますか? 『ちそく』と読みます。 僕はこの言葉の持つ意味を知った時、こういう考え方をすれば『必ず幸せになれる』と思いました。 『足るを知る者は富む』とも言います。 …

煽り運転の裏側!

いまだに無くなりませんね、『煽り運転』ってヤツは。 『煽り運転』のニュースを見るたびに、そう思います。 煽った挙句に『事故』を起こす、『刑事事件』になる。 そういう報道を何度も目にしました。 それでも …

また明日にしよう、、。

昨年末、『来年になったら、、』と、やりたい事を決め、いろいろと目標をたてました。 その時はかなり『やる気』があって、年が変わるのを楽しみにしていたくらいです。 で、実際に年が明けてみると、『うーん、』 …