ブログ

僕の人生を変えた言葉!

投稿日:

僕は小学生の頃から、歌手になる事が夢でした。

リズム感を養う為にダンスを始め、そのダンスが面白くなり、いつの間にかダンサーになっていました。

20才の頃、縁あってソニーに入ることになりました。

歌手を目指し、日々レッスンに明け暮れていました。

当時のプロデューサーは少し変わった人で、『当たり前がつまらない』と言っていました。

僕はわりと器用な方で、よく『器用貧乏』と言われていました。

何でもすぐにできるけど、それが身にならない。

ネガティブなイメージの『器用貧乏』を、そのプロデューサーは面白がってくれました。

『いいね、できる事を何でもやろうよ』

ギターを弾きながらタップを踊る。

さらにそのまま歌ってみる。

そんな試行錯誤の日々が続く中、ある時プロデューサーからこう言われました。

人の背中を押してみる気はないかい?

この言葉が、僕の人生を変える事になったんです。

充実感

僕がいる部署は、『新人の発掘と育成』を行っている所でした。

『そこに来る新人やアイドルにダンスを教えてみないか?』と言われたんです。

僕は『あぁ、僕はもう歌手としてはダメなんだな』と思いました。

それを察したプロデューサーは、『人の背中を押してみなさい、何か気付く事があるよ』と言ってくれました。

その日から僕はスタッフ側にまわり、ダンスを教える事になりました。

振付師になったのもこの頃です。

自分が教えた生徒が、僕の振付でテレビに出る。

それを見た時、なんとも言えない『充実感』を感じました。

『これか!』

僕は『人の背中を押す』仕事を続ける事にしました。

今思う事!

20才の時、プロデューサーの言葉を無視し、人の背中を押していなかったら、今の僕はいないと思います。

僕がおやじダンサーズを作った頃は、たくさんの人たちに背中を押してもらいました。

本当にありがたい事です。

『背中を押す』

『手伝う』とは違った、温かみのある言葉。

とても大切にしています。

誰かの背中を押した事がありますか?

誰かに背中を押してもらった事はありますか?

誰でも経験があると思います。

その事に気づき、感謝しながら毎日を過ごしてみると、心が温かくなるんです。

そういう事じゃない!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダメ!飲酒運転!

まだまだコロナ禍ではありますが、これから年末に掛けてお酒を飲む機会が増えると思います。 今年の仕事納めが終わって会社帰りに忘年会、という人が多いのではないでしょうか。 なので、飲み会に車で行く人はほと …

しっかり食べて痩せるには!

『食べる事』が身体に良い事はわかっています。 しかし、『食べ過ぎ』は良くないですよね。 わかっているつもりでも、どうしても『腹八分』を守れず、『腹十二分』になってしまいます。 では、『腹十二分』は身体 …

雨乞いの踊り論!

日照りが続き、作物が育たない事で餓死してしまう。 『雨よ降れ!』と願いを込めて踊る雨乞いの踊り。 いささか迷信めいていますが、もし、ぼくが踊ったら100パーセントの確率で雨が降るとしたらどうですか? …

良い借金と悪い借金!

母親は『借金も財産だ!』と言っていましたが、皆さんはどう思いますか? 僕は、借金は好きではありません。 『お金を借りる』という事自体が好きではないんです。 子供の頃、どうしても欲しかったオモチャがあり …

闘わない生き方!

僕は子供の時から、自分を争いから避ける位置に置いていました。 わかりやすく言うと、強い意見を持っている人の近くで傍観する、という位置。 常に俯瞰(ふかん)で物事を見るような子供でした。 よく言えば「要 …