ブログ

失敗しない事が失敗!

投稿日:

スキーを習う時、一番初めに教わる事って何だかわかりますか?

それは、『転び方』なんです。

滑ることより、何かあった時に『正しく転ぶ』事の方が大事なんです。

僕の友達は、スキーで事故にあいました。

ちゃんと転ぶ事が出来ず、両脚複雑骨折という大怪我を負いました。

その後半年間入院。

普段の生活に戻るのには、相当の時間がかかりました。

ちゃんと転ぶ練習をしていれば、こんな事にはなっていなかったと思います。

これからスキーを始める人は、絶対に『ちゃんとした転び方』をマスターして下さいね。

スポーツでも

僕は小学生の頃柔道をやっていました。

やりたかったのは『背負い投げ』

カッコイイですよね!

しかし、初めに教わったのは、投げる事ではなく、『受け身』でした。

前転をするようにコロッと転がり、背中をついて『バン!』と畳を叩きます。

これは、投げられた時に怪我をしないように、身体全体で衝撃を受けとめる為に必要な『技』なんです。

何度も何度も、バンバン受け身の練習。

地味に痛いんですよね。

かなり強く畳を叩くので、手のひらは赤くなり、ジンジンしてきます。

『技のかけ方』を教わったのは、ずいぶんと経ってからでした。

実際に試合に出た時、地味だった『受け身』の大切さがわかりましたよ。

あっという間に投げられてしまうので、反射的に『受け身』がとれないとダメなんです。

受け身がとれなく怪我をしている人を何度も見ました。

もちろん勝つ為に戦うのですが、もし負けた時でも、次の試合に支障がないようにしなくてはいけません。

『受け身をとる』=『負け』を意味しますが、試合で負けても、次に勝てばいい。

次の試合をする為にも、地味な受け身は『背負い投げ』より大切な『技』ではないでしょうか。

人生でも

最初から『失敗する』為に始める人はいないと思います。

免許を取る時に『事故を起こさない』と思う事と同じです。

ただ、物事に『絶対』はありません。

自らが起こさなくても『もらい事故』があります。

何かで『失敗』した時、それを次の糧に出来れば、『失敗は成功のもと』になるわけです。

ダイエットに失敗してリバウンドした人は、『太り方』がわかります。

次に、同じ失敗をしなければ良いわけです。

何度も何度も同じ失敗を繰り返す事が、本当の失敗なんです。

勝ち続ける人より、一度負けてから復活する人の方が、ひとまわり大きな人間になれるのではないでしょうか。

僕は失敗を恐れません。

一番怖いのは、失敗する事ではなく、何もしない事です。

何かあった時困らないように、『もし失敗したら?』という先手を打つのも大事なんですね。

帽子小さいな〜まっいいか!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンタメ界のWho Are You?

外国人が不思議そうな顔をして、あなたにこう聞いたら『鈴木です!』と答えてはいけません。 この場合、『あなたは何者ですか?』と解釈して下さい。 エンタメ界では、とても大切な事なんです。 『何者』という事 …

頑固と意固地!

『頑固』と聞くとあまり良いイメージはありませんよね? 僕はすぐに、『頑固おやじ』を連想してしまいます(^^) 真っ先に頭に浮かぶのは、『巨人の星』の主人公、星飛雄馬のお父さん、『星一徹』ですよ! 『何 …

『可能性』の使い方!

『可能性』という言葉、よく使いますよね。 『明日は晴れの可能性が高い』や『合格する可能性大!』みたいな。 でもたまに『少し違う』使い方をする人がいます。 例えば、『東京に地震がくる可能性はありますか? …

『稼ぐ』より『使わない』

お金は、生きていく上で絶対に必要なものです。 僕は子供の頃から、『どうやったら稼げるのか?』と、いつも考えていました。 幼少期の『稼ぎ』は、お小遣い、お駄賃、お年玉。 これらをやりくりするわけですが、 …

東日本大震災から10年!

2011年3月11日、14時46分。 その日の事はとてもよく覚えています。 僕は新宿のスタジオで振付をしていました。 正確には、振付をする前に、アシスタントと2人で振付を作っていたんですね。 出演者が …