ブログ

失敗しない事が失敗!

投稿日:

スキーを習う時、一番初めに教わる事って何だかわかりますか?

それは、『転び方』なんです。

滑ることより、何かあった時に『正しく転ぶ』事の方が大事なんです。

僕の友達は、スキーで事故にあいました。

ちゃんと転ぶ事が出来ず、両脚複雑骨折という大怪我を負いました。

その後半年間入院。

普段の生活に戻るのには、相当の時間がかかりました。

ちゃんと転ぶ練習をしていれば、こんな事にはなっていなかったと思います。

これからスキーを始める人は、絶対に『ちゃんとした転び方』をマスターして下さいね。

スポーツでも

僕は小学生の頃柔道をやっていました。

やりたかったのは『背負い投げ』

カッコイイですよね!

しかし、初めに教わったのは、投げる事ではなく、『受け身』でした。

前転をするようにコロッと転がり、背中をついて『バン!』と畳を叩きます。

これは、投げられた時に怪我をしないように、身体全体で衝撃を受けとめる為に必要な『技』なんです。

何度も何度も、バンバン受け身の練習。

地味に痛いんですよね。

かなり強く畳を叩くので、手のひらは赤くなり、ジンジンしてきます。

『技のかけ方』を教わったのは、ずいぶんと経ってからでした。

実際に試合に出た時、地味だった『受け身』の大切さがわかりましたよ。

あっという間に投げられてしまうので、反射的に『受け身』がとれないとダメなんです。

受け身がとれなく怪我をしている人を何度も見ました。

もちろん勝つ為に戦うのですが、もし負けた時でも、次の試合に支障がないようにしなくてはいけません。

『受け身をとる』=『負け』を意味しますが、試合で負けても、次に勝てばいい。

次の試合をする為にも、地味な受け身は『背負い投げ』より大切な『技』ではないでしょうか。

人生でも

最初から『失敗する』為に始める人はいないと思います。

免許を取る時に『事故を起こさない』と思う事と同じです。

ただ、物事に『絶対』はありません。

自らが起こさなくても『もらい事故』があります。

何かで『失敗』した時、それを次の糧に出来れば、『失敗は成功のもと』になるわけです。

ダイエットに失敗してリバウンドした人は、『太り方』がわかります。

次に、同じ失敗をしなければ良いわけです。

何度も何度も同じ失敗を繰り返す事が、本当の失敗なんです。

勝ち続ける人より、一度負けてから復活する人の方が、ひとまわり大きな人間になれるのではないでしょうか。

僕は失敗を恐れません。

一番怖いのは、失敗する事ではなく、何もしない事です。

何かあった時困らないように、『もし失敗したら?』という先手を打つのも大事なんですね。

帽子小さいな〜まっいいか!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

叱らない教育!

昔は叱って教育したようで、『殴られる』などは当たり前のようでした。 特にスポーツ系。 『水を飲むな!』や、部活中倒れたら『やかんの水をかける』みたいな、今では考えられないような教育方法でしたね。 『ス …

『怒る』と『叱る』の違い

ショッピングモールドなどで、よく叫んでいるお母さんがいます。 『何やってるの!早くしなさい!』 何をそんなに急いでいるのかわかりませんが、ずっと子供の名前を叫んでいました。 そういう子に限って、全然親 …

ダメ!飲酒運転!

まだまだコロナ禍ではありますが、これから年末に掛けてお酒を飲む機会が増えると思います。 今年の仕事納めが終わって会社帰りに忘年会、という人が多いのではないでしょうか。 なので、飲み会に車で行く人はほと …

気にする?気にしない?

映画を見ていた時、隣の人がポップコーンを食べていました。 かなり大きな音で『ポリポリ』と食べていたんです。 ポップコーンを取る時も『ガサガサ』と音がするし、もう気になって気になって。 どうしても観たか …

かけひき!

人は多かれ少なかれ駆け引きをしています。 仕事場では勿論のこと、家族間でも駆け引きは存在しています。 僕の母親の場合。 『ひろっちゃ〜ん、コーヒー飲みたくない?』と言うので、たいして飲みたくはありませ …