ブログ

音と暮らす!

投稿日:

突然ですが、みなさんは『何フェチ』ですか?

そもそも『フェチ』というのは、『異性のパーツ』などに魅力を感じる事で、『脚フェチ』とか『首フェチ』などという言い方をしますよね。

中には『仕草』にフェティシズムを感じる人も多いそうです。

『髪をかき上げる』は、好きな人も多いのではないでしょうか。

そして、結構多いのが『鎖骨フェチ』らしいですね。

鎖骨のくぼみ具合がたまらないそうです。

確かに、温泉のシーンなどで、鎖骨に水が溜まっていたりすると『おぉ〜』となりますね。

ちなみに、女性はダントツで『声フェチ』らしいです。

僕は異性のパーツや仕草にフェティシズムを感じる事はほとんどないです。

僕の場合は、『音』ですね。

目からの情報よりも、耳から入ってくる情報の方が想像できる楽しみがあって、好きなんですよ。

その中でも特にフェティシズムを感じるのが、『効果音』です。

映画などでは、その効果音を作る専門家がいます。

歩いている音や、ドアの開け閉め、紙を破いて捨てるなど、それらは後から付け足される事が多いです。

僕はアクション映画が好きなんですが、よくあるのが、スナイパーがライフルを組み立て、弾を装填し、狙って撃つ。

ただそれだけなのですが、いちいちイイ音なんですよ!

それをヘッドフォンで聴く。

たまらないですね〜

カチッ

映画よりもっと身近な所にも、なかなかナイスな音があるんです。

それが、『カチッ!』という音。

できればエッジの効いた『カチッッ!!』という鋭い感じ。

何か思いつきませんか?

僕の中でかなりレベルが高いのが、マジックのキャップを閉める音。

最近のマジックは、太いのと細いのが一体型になっているやつがありますが、その『太い方』のキャップを鋭く閉めた時の音が、かなりイケてますよ(^^)

シャープペンシルの芯を出す時の持ち方で、親指で強めに『カチッッ!!』と閉める。

イイですね〜〜

肉を挟まないように気をつけながら、何度かやってみて下さい。

閉める強さを変えながら何度かやっていると、お気に入りの『カチッ!』に出会えるでしょう。

やってる感!

パソコンで作業している人も多いでしょう。

僕もそのうちの一人です。

単純作業ゆえ、何か楽しみを見つけないと行き詰まってしまいますよね。

そこで大切なのが、キーボードを打っている時の音。

『カタカタ』や『カチャカチャ』など、音の違いで気分も変わってきます。

オフィスなどでは、周りの人に迷惑がかからないように、『静音タイプ』のキーボードを使っている人も多いですが、『音フェチ』としてはちょっと寂しいですよね

音を感じる事で、『やってる感』も増していくわけです。

僕はパソコンのキーボードを、打っている時のクリック感や音で選んだりします。

メカニカルキーボードは、赤軸、茶軸、青軸の3タイプが主流です。

【赤軸】クリック感が弱く音も静か

【茶軸】適度なクリック感と音

【青軸】クリック感が強く押す力も必要

『やってる感』が欲しい人は【青軸】がオススメです。

ただ、かなり音が大きく、長時間打っていると疲れてくるのでご注意を。

普段何気なく聞いている『音』ですが、そこに注目してみると意外な発見があったりします。

皆さんも、お気に入りの音を探してみてはいかがでしょうか。

カチャカチャ系キーボード

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

叱らない教育!

昔は叱って教育したようで、『殴られる』などは当たり前のようでした。 特にスポーツ系。 『水を飲むな!』や、部活中倒れたら『やかんの水をかける』みたいな、今では考えられないような教育方法でしたね。 『ス …

イライラした時にする事!

何をやってもうまく行かない日がありました。 目的地に行くと、あったはずのお店が無くなっていて、別のお店に行こうとすると目の前に『開かずの踏切』が。 あれって、本当に開かないんですね。 近くに駅があるの …

マイナンバー申請書!

前から気になっていた『マイナンバー』ですが、やっと申請書が来ました。 そもそもマイナンバー、必要なんですかね? 本来なら、引っ越し時の『電気、水道、ガス』の引っ越しも、『マイナンバーがあれば一発ででき …

『鈴木』という名前!

ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』というNHKの番組があります。 名前に関する番組で、なぜその名前が誕生したのか?などを掘り下げる面白い番組です。 第一回の放送は、『パイロット版』でした。 …

また明日にしよう、、。

昨年末、『来年になったら、、』と、やりたい事を決め、いろいろと目標をたてました。 その時はかなり『やる気』があって、年が変わるのを楽しみにしていたくらいです。 で、実際に年が明けてみると、『うーん、』 …