ブログ

僕は食わねど高楊枝!

投稿日:

昔から日本人の心意気を表した『ことわざ』はたくさんありますが、その中でも僕が好きなのは『武士は食わねど高楊枝』ということわざ。

不器用な優しさを感じませんか?

こういう事が、嫌味なくできるような人になりたいですね。

『優しさの押し売り』ではなく自然な流れで。

例えば、電車に乗っていて年配の方がいた時に『どうぞ!』と席を譲るのではなく、その人が近くに来たら黙って『スッ』と席を立っていなくなる。

そういう感じ。

ちなみに、僕の体重が110キロあった頃、席を譲ったら二人座れましたよ。

『一石二鳥』ならぬ、『一パパイヤ二人ばあちゃん』でした。

例えば駐車場。

車を停める時、一番近いところに停めたいところですが、僕は少し離れた場所に停めます。

それは、僕よりもっと『近いと助かる』人がいるからです。

車一台分の距離なんて、5メートルくらいですよ。

そのくらい歩くのは、大した事ではありません。

でも、そのたった5メートルが苦しい人もいるんです。

足が痛かったり、重たい物を持っていたり。

『あぁ、ここが空いてて良かった!』と思う人がいるかもしれません。

これは、完全な自己満足です。

そういう事を想像して、気持ち良くなっているだけです。

なので、オススメはしません(^^)

自分は後回し!

子供のころ、早く給食が食べたくて、誰よりも早く列に並んでいました。

当時は1クラス40人くらいいましたから、始めと終わりではずいぶん時間差があるんですよ。

誰よりも早くご飯をもらって席に着く。

みんながご飯をもらうのを『早く〜』と言いながら待ち、全員揃ったところで『いただきま〜す』

もうお分かりですよね。

食べ始めるのは、みんな一緒なんですよ。

もっと言うなら、なるべく遅くもらった方が暖かいんですよね、ご飯って。

同じような事が、大人になってもたくさんあるんです。

居酒屋で『生ビール!』と頼んで、来たら我先に自分のところへ。

店員さんに『早くしてね〜』と言いながら、やっと全員分の飲み物がそろって『かんぱ〜い!』

一番冷たいのは、最後に来た人の生ビール。

かと言って、一番冷たいモノが欲しくて『僕は後でいいよ』と言うのも粋じゃありません。

大切なのは、『僕は冷たくなくていいよ』という引き方。

そうすれば、自然に『粋な計らい』ができますよ。

一歩引く余裕を持ちたいものです。

変わった友達

僕の友達で『オレはいいから』が口癖の人がいるんですよ。

パ『何食べる?』

友『オレはいいから、お前好きなもの頼めよ』

こんな感じ。

彼氏なのか!?

男でも『グッと』きますよね。

『オレはいいから』を聞きたくて、わざと『何にする?』って聞くんですけどね(^^)

そういう友達が近くにいると、感化されますよね。

飛行機に乗ると飲み物が出てくるんですが、『何にしますか?』と聞かれると、僕は『後でお願いします』って答えるようにしています。

本当は『僕はいいから』って言いたいところですが、『はぁ?』と言われそうで(^^)

全員に配り終わって、CAさんが暇になったら『すいませ〜ん』と言って飲み物をお願いしています。

CAさんって、タイミングによってはメチャメチャ忙しいんですよ。

だから少しでも手間を減らしてあげたくて、そうしています。

これも完全に自己満足です(^^)

そうする事で、僕が気持ち良ければそれでいいんです。

大河ドラマ『天地人』より

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親の幸せと子供の幸せ

独身でいる間は、自分一人だけのことを考えていればいいわけです。 僕の場合は、お金もそんなにかかりませんでした。 特に物欲が強いわけではないので、『車が欲しい』とか、『時計が欲しい』という事もありません …

体調管理していますか!?

皆さんは、体調管理をしていますか? 『体調管理』と言っても、やり方はたくさんありますよね。 一番簡単なのは、体重を測ることだと思います。 僕は毎日測っていますよ。 なかなか減りませんが^^; 今はかな …

焦った時こそ冷静に!

道路が渋滞していたりすると、本当に焦りますよね。 特に高速道路。 高速に乗ってから渋滞に気づいたりすると、『早く言ってよ〜』と思ってしまいます。 事前に渋滞情報をチェックしていたにもかかわらず、その後 …

おとななテレビ!

な、な、なんと、今週もまたロケ二日とスタジオ収録! イイですね〜 今週もまた二日間にわたって、美味しいお店10軒! そして、またまたいつものように撮影日前日に福岡へ前のり。 羽田空港に到着! 雨ですね …

見えない物を撮る!

街を何気なく歩いていると、いたるところにポスターが貼ってあります。 その中でも一際目立つのが、女性の顔がドアップになっている化粧品のポスター。 『何万画素なんだ!』と思える程キレイなポスターで、相当有 …