ブログ 幸せ

親の幸せと子供の幸せ

投稿日:

独身でいる間は、自分一人だけのことを考えていればいいわけです。

僕の場合は、お金もそんなにかかりませんでした。

特に物欲が強いわけではないので、『車が欲しい』とか、『時計が欲しい』という事もありませんでした。

部屋もそれなりのサイズでよく、眺望にも興味がありません。

高所恐怖症の僕には、二階くらいがちょうどいいですね(^^)

しかし、結婚すると少し様子が変わってきます。

女性って荷物が多いんですね。

特に着るもの。

クローゼットに適当に吊るしておく訳にもいかず、タンス的なモノが必要になります。

なので、少し広めの部屋に引っ越す事になりました。

家族のために働く

生活するにはお金がかかります。

独身ではなくなると、家族のために働くようになるんですね。

一人が二人になるわけですから、単純に考えて、今までの倍働かないといけないわけです(実際には違いますが^^;)

頑張って働きましたよ。

のちに子供が産まれるんですが、やる気と運気がアップしたのか、仕事はどんどん増えていきました。

5年間一日も休まず働いた事もあります。

睡眠時間も無く、移動時間が貴重な睡眠時間でした。

給料も増えて、4人が生活するには充分なほどでした。

妻は専業主婦なので、家の中の事は全て奥さんに任せていました。

僕は、子供をお風呂に入れた事も、オムツを変えた事もありません。

全て奥さんがやってくれていました。

驚いた事に、僕は子供を抱っこした事も無いんです。

子育てには、まったく参加していませんでした。

僕の役割は、一生懸命働く事。

そう思っていたからです。

すれ違い

家族に裕福な生活をさせてあげたいので、家事育児の全てを奥さんに任せ、僕は働いていました。

家に帰ると子供たちは寝ていて、翌朝は子供たちが起きる前に家を出るという生活が続きました。

気が付けば、子供の成長を見ることも少なくなっていました。

たまに会っても遊んであげる事もできず、というか、その当時の僕は、子供とどうやって遊んでいいのか全くわかりませんでした。

子供たちが遊んでいるのを、ただボーッと見ているだけで、『遊んで〜』と言われても何も思いつきませんでした。

『これでいいのかな?』と思ってはいるものの、子どもと遊ぶ事より仕事をする事を優先していました。

では子供の幸せって、どういうモノなのでしょうか?

子供の幸せは『親と一緒に居ること』じゃないでしょうか?

子供のためにやっている事が、子供のためになってない。

本当はもっと一緒に遊びたかったのかな?

もっと想い出を作りたかったのかな?

まだ間に合うのかな?

大きくなった子供たちを見ながら、たまに昔の事を思い出したりしています。

息子2才、娘4才

-ブログ, 幸せ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最後に親と手を繋いだのはいつですか?

僕の母親は21年前に他界しています。 病院で看取る時、母親の手を握りました。 普段なら恥ずかしくて手なんか繋げませんが、『これが最後』だと思うと、そんな事は微塵も感じませんでしたね。 暖かかった母親の …

憧れの職業!

僕は子供の頃、『トラックの運転手』になりたかった時がありました。 そのくらいの車が好きだったんです。 母親に話すと、『あら〜うちの子やね〜』と。 実は母親は、車の整備士になりたかったらしいのです。 『 …

一生忘れない何気ない一言!

ダイエットをした時、アフロをやめました。 僕的にはすごく勇気がいる事で、アフロをやめたらイメージが変わって、仕事が無くなるのではないか? 本当に心配していました。 僕にとっては、そのくらい大きな出来事 …

キング・オブ・ポップの命日

2009年6月25日、マイケル・ジャクソンはこの世を去った。 とても不可解な死だった。 もしかしたら、今もどこかで生きているのでは?と思えるほど、信じられない出来事だった。 あれから11年。 マイケル …

成長した!?

『自分が成長した』と気づく時ってありますか? 『身長が伸びた』や『髭が生えてきた』などの『身体的な成長』は分かりやすいんですが、『内面的な成長』は、意外と気づかない事が多いのではないでしょうか。 『ず …