ブログ

夢のお話!

投稿日:

子供の頃西城秀樹さんに憧れていた僕は、歌手になる事が夢でした。

歌手というより、西城秀樹さんになりたかったんだと思います。

濡れたカーリーヘアーに破れたシャツ。

はだけた胸にはカミソリのネックレス。

全身で情熱的に歌うその姿に、子供ながら痺れたものです。

昭和の時代って、そういう個性の塊みたいな人が多かったと思いますね。

沢田研二さんもその1人。

男性なのにお化粧をして、バーボン片手にセクシーに歌う。

そういう演出にも嫌味が全く無く、子供にもすんなり受け入れられるスターの風格がありました。

音楽も個性あふれるものばかりでしたね。

山口百恵さんの『美・サイレント』では、わざと歌わない『口パク』な部分があって、なんて言っているのか気になって仕方がなかったものです。

ピンクレディの振付を一生懸命覚えて学校で踊る。

テレビは、無くてなならない娯楽の一つでした。

今、夢見ている事

そんな昭和の時代に生まれ歌手を夢見て育った少年は、ダンスの世界に身を置くわけですが、今も音楽への憧れは少しも変わっていません。

音楽は常に僕たちのまわりにあり、元気や癒しを与えてくれています。

ですが、今の僕の夢は音楽ではありません。

僕の夢は、『毎日を楽しく過ごす事』です。

『なんだそりゃ!?』と思うかもしれませんが、本当にそれが僕の夢なんです。

昔は、『日本のエンタメを変えたい!』とか生意気な事も言っていましたが、今はそうじゃありません。

毎日を楽しく過ごす事ができれば、それで満足です。

近い将来、『あの頃は良かったな』と思う事があるでしょう。

その、『あの頃』が今なのかもしれません。

1日が終わる時、『今日は楽しかったかな?』と考えます。

そして、『明日も楽しくなればいいな』と期待しながら眠りにつきます。

毎日を楽しく過ごすために、今日も頑張っています。

いま、夢はありますか?

それはなんですか?

その夢に向かって歩いていますか?

僕はゆっくりではありますが、少しづつ夢に向かって歩いています。

夢見るおじさん

-ブログ

執筆者:


  1. くらら より:

    ブログの更新、ありがとうございます。
    私は、プランチャイムのみなさんを知って、毎日が楽しくて仕方ありません!生きるではなく、活きることを教わりました。バラエティに飛んだアーティストさん達の、無邪気な大人っぷりがエンターテインメントそのものです。文化事業って、生きるだけなら不必要だけど、生きてりゃいいってもんじゃないから、色があって音があって”今日もいい日だったな”って終わるには、大切な物です。素敵なアーティストさん達を育ててくれてありがとうございます\( ´ω` )/

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物事を簡単に考えよう!

何事も難しく考えてしまう事があると思います。 『人間関係』もその一つじゃないでしょうか。 昔の僕がまさにそうで、『こう言ったら相手はどう思うだろう?』や『この文章で大丈夫かな?』みたいな事でよく悩みま …

キラキラネーム!

長男は一郎、次男は二郎。 女の子は、花子に良子。 昔から、なんとなくそういう雰囲気でしたよね。 それが、僕たちが生まれた昭和の後半になると、少しづつ『今風』な名前に変わってきました。 あきら、ひでき、 …

勘が働く!

僕は中学生の頃写真部でした。 写真って、『ここだ!』と思った瞬間にシャッターを切るわけですが、実はそれだと遅いんですよね。 決定的瞬間は、コンマ何秒の差で過去になってしまうんです。 なので、大切なのは …

マスク2枚

俗に言う『アベノマスク』が我が家にも届きました。 4人家族で2枚。 勿論ケンカになるわけわなく、『本当に来たね!』と言うのが我が家の感想。 僕がつけると面白いことにしかならないので、妻と子供たちに使っ …

苦手を克服する!

何も無理に克服する事はありませんが、苦手な事が少なくなると、人生が豊かになるような気がします。 例えば、食べ物。 体質的に食べられない物は仕方がありませんが、『なんだか嫌だ』という、いわゆる『食わず嫌 …