ブログ

夢のお話!

投稿日:

子供の頃西城秀樹さんに憧れていた僕は、歌手になる事が夢でした。

歌手というより、西城秀樹さんになりたかったんだと思います。

濡れたカーリーヘアーに破れたシャツ。

はだけた胸にはカミソリのネックレス。

全身で情熱的に歌うその姿に、子供ながら痺れたものです。

昭和の時代って、そういう個性の塊みたいな人が多かったと思いますね。

沢田研二さんもその1人。

男性なのにお化粧をして、バーボン片手にセクシーに歌う。

そういう演出にも嫌味が全く無く、子供にもすんなり受け入れられるスターの風格がありました。

音楽も個性あふれるものばかりでしたね。

山口百恵さんの『美・サイレント』では、わざと歌わない『口パク』な部分があって、なんて言っているのか気になって仕方がなかったものです。

ピンクレディの振付を一生懸命覚えて学校で踊る。

テレビは、無くてなならない娯楽の一つでした。

今、夢見ている事

そんな昭和の時代に生まれ歌手を夢見て育った少年は、ダンスの世界に身を置くわけですが、今も音楽への憧れは少しも変わっていません。

音楽は常に僕たちのまわりにあり、元気や癒しを与えてくれています。

ですが、今の僕の夢は音楽ではありません。

僕の夢は、『毎日を楽しく過ごす事』です。

『なんだそりゃ!?』と思うかもしれませんが、本当にそれが僕の夢なんです。

昔は、『日本のエンタメを変えたい!』とか生意気な事も言っていましたが、今はそうじゃありません。

毎日を楽しく過ごす事ができれば、それで満足です。

近い将来、『あの頃は良かったな』と思う事があるでしょう。

その、『あの頃』が今なのかもしれません。

1日が終わる時、『今日は楽しかったかな?』と考えます。

そして、『明日も楽しくなればいいな』と期待しながら眠りにつきます。

毎日を楽しく過ごすために、今日も頑張っています。

いま、夢はありますか?

それはなんですか?

その夢に向かって歩いていますか?

僕はゆっくりではありますが、少しづつ夢に向かって歩いています。

夢見るおじさん

-ブログ

執筆者:


  1. くらら より:

    ブログの更新、ありがとうございます。
    私は、プランチャイムのみなさんを知って、毎日が楽しくて仕方ありません!生きるではなく、活きることを教わりました。バラエティに飛んだアーティストさん達の、無邪気な大人っぷりがエンターテインメントそのものです。文化事業って、生きるだけなら不必要だけど、生きてりゃいいってもんじゃないから、色があって音があって”今日もいい日だったな”って終わるには、大切な物です。素敵なアーティストさん達を育ててくれてありがとうございます\( ´ω` )/

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コロナに怯える日々!?

昨日大阪から福岡に来たんですが、空港から家までの間に、まあ〜桜が満開で(^^) 風情があるじゃないですか! だいぶ暖かくなってきましたね。 桜って、そんなに長い間咲いているわけではないので、その『儚さ …

夢で逢えたら!

母親が夢に出てきました。 『故人が人前に出る時は、自分が一番輝いている頃の姿で登場する』という話しを聞いた事があります。 まだ早いとは思いますが、逆の立場になった時、何才くらいの姿で登場しようか考えた …

ゲン担ぎ!

正しくは、『験を担ぐ』と書くらしいですが、皆さんはゲン担ぎ、していますか? 僕は、深く考えているわけではありませんが、生活のリズムでいつも同じ事をやっています。 例えば、靴下は右足から履く。 ズボンは …

誰かが助けてくれている!

実家に住んでいた頃、家の手伝いはしませんでした。 『手伝いなさい!』と言われた事もなく、例えばトイレットペーパーが無くなっても、誰かが新しいモノに取り替えてくれるのが当たり前でした。 シャンプーが無く …

頭に来たら自分を疑え!​

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。 そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか? …