ブログ

なぜパパイヤ??

投稿日:2020年5月10日 更新日:

今日は名前の由来のお話しですが、その前に僕の事を少し。

僕は鈴木寛(すずきひろし)と言います。

1966年6月29日に産まれました。

この数字で『あれっ?』と気づく人はかなり音楽通な人。

この日、台風が去った後日本にビートルズが初来日しました。

JALの法被をきたメンバーが、タラップから降りて来た映像を見た人は多いと思います。

あの日、僕は産まれました。

日本でかなり多い『鈴木』という苗字に、これまたなんの変哲もない『ひろし』という名前を付ける。

実はこの『ひろし』という名前、僕の親が考えたわけじゃないんです。

僕の父親はラテンコーラスグループで歌を唄っていました。

僕が産まれた時、おやじはある人のコンサートツアーに出演中でした。

その人は、越路吹雪さん。

僕が産まれた事を知った越路さん、ご主人と2人で僕の名前を考えてくれたそうです。

おやじの名前が亮(りょう)オカンが良子(よしこ)だった事から、有名な僧侶で歌人の良寛から『寛』の文字を取り、僕の名前になりました。

本来なら『かん』という名前なんですが、当字で『ひろし』という読み方になったそうです。

歌手を目指した

寛少年は中学生からダンスを始め、その後ダンスの世界にどっぷりハマっていきます。

ダンサーを集めて会社を立ち上げ、イベント事業、タレントやアーティストを育成するために奮闘していきます。

クラブイベントを中心に活動していたのは前回のブログでもお話しましたが、イベントスペースを借りて自社で企画したライブを行う事もありました。

そんなある時『バブリーナイト』というイベントを企画していて、派手なダンスレビューショーを考えていました。

場所は新宿歌舞伎町。

新宿コマ劇場(現在の新宿東宝ビル)の上にあった、CODE(コード)というキャパ1000人を超える大きなクラブでした。

場所も内容もこだわりぬいたモノで、たくさんの人に見にきてもらいたい。

そういう思いで、案内状を書きました。

文章の最後に、『皆様のお越しをお待ちしております!鈴木寛』

ん、鈴木寛。。

チョット待ってね。

不景気をぶっ飛ばせ!バブリーナイト!鈴木寛?

、、なんか違うな。

名前が堅い。

変えちゃおうかな?

バブリー鈴木、アフロ鈴木、ナイス鈴木、パパイヤ鈴木、、?

パパイヤ鈴木

の誕生です!!

、、、なんかすみません、、、

本当に大した意味もなく、ただなんとなくつけた名前でした。

ただ、インタビューなどで1番聞かれる質問だったので、1度ちゃんと書いておかないといけないと思って。。

ちなみにそのバブリーナイト、大成功しましたよ!

そのイベントにレコード会社の人が見にきていて、おやじダンサーズはCDデビューすることになりました。

ドラマのような本当のお話です。

来てくれた人に楽しんでもらう!

この精神は今もまったく変わっていません。

今はコロナで大変な時期ですが、こんな時だからこそどうやったらリモートでも楽しんでもらえるのか?

どうやったら、ライブやショーを見てもらえるのか?

無観客、生配信ライブもやりました。

いつまで続くかわからないからこそ、想像力を持って創造していかないといけませんね。

2019.12.14『HIPHOP de show!』太田アプリコ

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

始めからダメだと思っています!

僕は何をするにも、まず始めに『必ず失敗する』と思ってやっています。 例えば、IKEAで棚を買ってきた時。 あれ、自分で組み立てるんですよね。 注意書きには、『必ず二人以上で作業して下さい』と書いてあり …

まいう〜漫遊記 in 鹿児島!

熊本のロケを終え、一同鹿児島へ。 熊本から鹿児島まで約45分。 早いですね〜 またまた遠足です(^^) 鹿児島へ到着! 今回のゲストは、大家志津香ちゃん! しーちゃんと合流して、黒豚しゃぶしゃぶを食べ …

密を避けるには!

先週仕事で地方に行った時、なんとなく『人出』が多いのを感じました。 緊急事態宣言があけて、『感染者数』にも慣れてきてしまっているような気がしています。 『密を避ける』 実際はなかなか難しいですね^^; …

あだ名禁止!?

最近『あだ名禁止』の学校が増えてきているらしいですね。 理由は、『イジメに繋がるから』だそうです。 そういう判断は、本当に残念な事です。 僕は、あだ名は文化だと思っています。 あだ名があるから、人と人 …

アゲ太郎!苦難を乗り越えろ!

映画の宣伝です。 『とんかつDJアゲ太郎』に出ます! みたさんご存知の通り、色々な事がありました。 『作品に罪はない』 本当にそう思います。 芸能界に限らず、何をするにも一人では何もできません。 仕事 …