ブログ

初めての海外!

投稿日:

僕が子供の頃、外国はかなり遠い場所でした。

とくにアメリカ。

ダンスに関わっていると、やっぱりアメリカに憧れがあって、死ぬまでに1度は行ってみたいと思っていました。

そんな僕が初めてアメリカに行ったのは、30才の頃でした。

かなり遅いですよね^^;

それも1人旅。

ロサンゼルスではダンスの勉強を、ニューヨークではブロードウェイにミュージカルを観に行くというテッパン的な感じで行ってきました。

ダンサー時代に東京ディズニーラントで踊っていたので、多少の英会話は出来ましたが、かなり苦労しましたね。

たった1人で、今のようにスマホが無い時代なので、道に迷う迷う。

初日はロスの空港からホテルに着くまで、なんと10時間もかかりました!

おかげで、道には詳しくなりましたよ^^;

ホテルのチェックイン

も大変だし、1階に入ってる酒屋のオバちゃんも一筋縄ではいかないしで、かなり苦労しましたね。

やっぱり言葉が通じないのはいけませんね。

その後はニューヨークに行って友達の家にお世話になっていました。

久しぶりの日本語はやっぱりイイ!

ニューヨークの地下鉄は噂よりも怖くなかったですよ。(たまたまラッキーだっただけかもしれませんが)

地下鉄に乗っていると、向こうの車両から何やら唄いながらやってくる派手な人がいて、よく見るとジェームスブラウンのマネをしていましたね。

『ウッ、ダッ!』みたいな感じで、で、誰かが小銭を渡すと、急に大股びらきをして床にペタッとしゃがむ、ダンサー用語でゲットダウンっていうんですが、それをやってましたね。

よく見ると股間の部分はビリビリに破けてて、「あぁ、ずっとやってるんだな〜』って感じ。

ニューヨークは地下鉄もエンタメの場所なんですね。

楽しかったな〜

ニューヨークには、

日本のお店もたくさんあって、生姜焼き定食にお味噌汁、ラーメンもありましたよ。

値段は少し高かったですけどね。

僕の当時の見た目が日本人っぽくなかったのか、よくわからない言葉で話しかけられましたね。

何語だったんだろう?

たぶんスペイン語?

とにかく楽しい初アメリカ。

カプチーノしか飲ませてくれないスタバの店員も、革細工のお店で歌を唄ってくれたアゴの割れたナイスガイも、すべてイイ思い出でした。

今度行くときは英語を覚えて、もっと楽しみたいですね!

そのためには勉強かな、英会話。

今からでも遅くないですよね!

ロスのダンススタジオの更衣室

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

本当に意味のない言葉なのか!?

普段よく耳にする言葉でも、よくよく考えてみると、『それ言っても意味がないかも?」と思う言葉があります。 僕の母親は、そういう言葉のオンパレードでした。 一番よく言われたのが、遊びに出かける時に言われる …

当たり前に感謝!

スイッチを押せば電気がつく。 蛇口をひねれば水が出る。 ボタンを押せばお湯になる。 僕らにとっては当たり前のこと。 料金未払いで、電気を止められた時は大変でしたが^^; そういう事が無い限り、この『ラ …

アロマテラピー

こう見えても意外と好きなんですよ、アロマ。 匂いって脳にじかに効きますよね。 特に癒し効果。 分かりやすいのは、断然『お風呂』じゃないでしょうか。 『入浴剤』ってヤツですよ(^^) 入浴剤を使うという …

ユーミンのおかげ!?

おやじダンサーズを作る数年前、僕は松任谷由実さんのコンサートにスタッフとして参加していました。 ダンスコーディネイターという肩書でしたが、わかりやすく言うとダンサーのマネージャーをしていました。 ダン …

苦手を克服する!

何も無理に克服する事はありませんが、苦手な事が少なくなると、人生が豊かになるような気がします。 例えば、食べ物。 体質的に食べられない物は仕方がありませんが、『なんだか嫌だ』という、いわゆる『食わず嫌 …

SOLIO「マリンワールド篇」

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930