ブログ

初めての海外!

投稿日:

僕が子供の頃、外国はかなり遠い場所でした。

とくにアメリカ。

ダンスに関わっていると、やっぱりアメリカに憧れがあって、死ぬまでに1度は行ってみたいと思っていました。

そんな僕が初めてアメリカに行ったのは、30才の頃でした。

かなり遅いですよね^^;

それも1人旅。

ロサンゼルスではダンスの勉強を、ニューヨークではブロードウェイにミュージカルを観に行くというテッパン的な感じで行ってきました。

ダンサー時代に東京ディズニーラントで踊っていたので、多少の英会話は出来ましたが、かなり苦労しましたね。

たった1人で、今のようにスマホが無い時代なので、道に迷う迷う。

初日はロスの空港からホテルに着くまで、なんと10時間もかかりました!

おかげで、道には詳しくなりましたよ^^;

ホテルのチェックイン

も大変だし、1階に入ってる酒屋のオバちゃんも一筋縄ではいかないしで、かなり苦労しましたね。

やっぱり言葉が通じないのはいけませんね。

その後はニューヨークに行って友達の家にお世話になっていました。

久しぶりの日本語はやっぱりイイ!

ニューヨークの地下鉄は噂よりも怖くなかったですよ。(たまたまラッキーだっただけかもしれませんが)

地下鉄に乗っていると、向こうの車両から何やら唄いながらやってくる派手な人がいて、よく見るとジェームスブラウンのマネをしていましたね。

『ウッ、ダッ!』みたいな感じで、で、誰かが小銭を渡すと、急に大股びらきをして床にペタッとしゃがむ、ダンサー用語でゲットダウンっていうんですが、それをやってましたね。

よく見ると股間の部分はビリビリに破けてて、「あぁ、ずっとやってるんだな〜』って感じ。

ニューヨークは地下鉄もエンタメの場所なんですね。

楽しかったな〜

ニューヨークには、

日本のお店もたくさんあって、生姜焼き定食にお味噌汁、ラーメンもありましたよ。

値段は少し高かったですけどね。

僕の当時の見た目が日本人っぽくなかったのか、よくわからない言葉で話しかけられましたね。

何語だったんだろう?

たぶんスペイン語?

とにかく楽しい初アメリカ。

カプチーノしか飲ませてくれないスタバの店員も、革細工のお店で歌を唄ってくれたアゴの割れたナイスガイも、すべてイイ思い出でした。

今度行くときは英語を覚えて、もっと楽しみたいですね!

そのためには勉強かな、英会話。

今からでも遅くないですよね!

ロスのダンススタジオの更衣室

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心を軽くしたい!

人生も半世紀以上生きていれば、何かと溜め込むものがあったりします。 『人間はマイナスを数える天才』 このブログでもたびたび登場するワードですが、『良かった事』ってあまり覚えていないんですが、『嫌な事』 …

キラキラネーム!

長男は一郎、次男は二郎。 女の子は、花子に良子。 昔から、なんとなくそういう雰囲気でしたよね。 それが、僕たちが生まれた昭和の後半になると、少しづつ『今風』な名前に変わってきました。 あきら、ひでき、 …

言葉に助けられる事!

同じような意味でも、僕には違って感じる言葉があります。 それは、『我慢』と『辛抱』 我慢の先には何もないような気がしますが、辛抱の先には何かご褒美的なモノを感じます。 皆さんは、どうですか? 『我慢し …

『怒る』と『叱る』の違い

ショッピングモールドなどで、よく叫んでいるお母さんがいます。 『何やってるの!早くしなさい!』 何をそんなに急いでいるのかわかりませんが、ずっと子供の名前を叫んでいました。 そういう子に限って、全然親 …

流行りに乗れない!?

昨今情報が目まぐるしく動いていて、その『流れ』に乗り遅れているような気がしています。 その要因の一つが、『テレビ』だと思います。 仕事をするようになり、テレビを見る機会が減った事で、『何が流行っている …

SOLIO「マルシェで買い物ダンス篇」

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930