ブログ

もっと素直に!もっと本音で!

投稿日:

年を重ねると、どうしても『素直』になれない時がありますよね。

僕もあります。

皆さんはどうですか?

自分ではわかっているのに、素直になれない。

そんな自分に『嫌気』がさす事ありますよね。

『あのとき素直になっていれば』

そんな後悔をした事ありませんか?

なぜ素直になれないのでしょうか。

例えば、恋愛の場合。

本当の自分を出すのが不安で、『良いところ』だけ見せようとする。

もしそれでうまくいっても、いずれは『本当の自分』を出さなくてはいけません。

『もし嫌われたら』

過去にそれで失敗した事があったりすると、『トラウマ』になってしまい、ますます素直になれなくなってしまいます。

同じ失敗をしたくはないですからね。

なぜ素直になれないのか!?

先にあげた『過去の経験』から、素直になれない人も多いのではないでしょうか。

仕事場などで、『威圧的な人』がいた場合、そもそも『自分の意見を聞いてもらえない』や、『どうせ否定される』などの理由から、素直になれない人もいますよね。

『事なかれ主義』

僕もそうなんですが、なにか言う事で『モメる』くらいなら黙っておこう。

そんな空気を察してしまう時があります。

心のどこかで『それは違うと思う』と思っていても、それを言う事でみんなに『えっ!?』と言われるわけです。

それが面倒で黙ってしまうんですね。

『何も言わない事が一番だ』という間違った考え方になってしまうんです。

そうならない為にも、会議などではたった一人でも『違う』と言える空気を作らないといけませんね。

どうすればいいのか!?

僕は、過剰に『他人の意見を気にしない』事が大切だと思っています。

たとえ『変な空気』になっても、自分の意見をしっかり言う事が大事ですよね。

もしそれで、『よし、それにしよう!』という事になったら、最高じゃないですか!

『言ってよかった』

こういう経験の繰り返しで、どんどん素直になっていけるんだと思うんです。

僕の母親の口癖なんですが、それが『死にゃ〜せん!』というモノなんです。

かなり極端ですが、たとえ嫌われたもしても、『あいつ空気読めないな』と言われても、死にゃ〜しないんですよ(^^)

『勇気を出して素直になりましょう!』

これは、僕が自分に言い聞かせている言葉です。

そして、もっと本音で話ましょう!

カッコ悪くてもいいじゃないですか。

ダメな自分をさらけ出しましょうよ。

最近では、女性がノーメイクや体重を公開している時がありますよね。

あれ、カッコ良くないですか?

僕は羨ましいと思っています。

映画『トゥルーマン・ショー』ですよ(^^)

私生活をさらけ出して見てもらう。

究極の本音ですね。

まあ、僕にはまだ出来ませんが^^;

本音を言えば『もう食べられません!』です(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

僕の人生を変えた言葉!

僕は小学生の頃から、歌手になる事が夢でした。 リズム感を養う為にダンスを始め、そのダンスが面白くなり、いつの間にかダンサーになっていました。 20才の頃、縁あってソニーに入ることになりました。 歌手を …

勘が働く!

僕は中学生の頃写真部でした。 写真って、『ここだ!』と思った瞬間にシャッターを切るわけですが、実はそれだと遅いんですよね。 決定的瞬間は、コンマ何秒の差で過去になってしまうんです。 なので、大切なのは …

あだ名禁止!?

最近『あだ名禁止』の学校が増えてきているらしいですね。 理由は、『イジメに繋がるから』だそうです。 そういう判断は、本当に残念な事です。 僕は、あだ名は文化だと思っています。 あだ名があるから、人と人 …

巻き戻らない時間!

写真フォルダに溜まった写真を整理していました。 昔は『紙焼き』の写真をアルバムに貼っていたので、手間と時間、何より場所を取りましたよね。 それが今はデータになったので、見るのも消すのも簡単になりました …

『役者』であり『歌手』であり『ダンサー』である!

昔は、役者は役者、歌手は歌手、ダンサーはダンサーと全て別々に考えられていました。 例えば、歌手とバックダンサーの関係。 歌手一人に対して、ダンサーは2人〜4人。 よくある形ですね。 皆さんは、誰を思い …

SOLIO「マリンワールド篇」

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930