ブログ

東日本大震災から10年!

投稿日:

2011年3月11日、14時46分。

その日の事はとてもよく覚えています。

僕は新宿のスタジオで振付をしていました。

正確には、振付をする前に、アシスタントと2人で振付を作っていたんですね。

出演者が来るのが15時。

そろそろ仕上げに入ろうとしたその時です。

スタジオの隅の方で、『ガタン!』と音がしました。

その直後に大きな揺れが起こったんです。

『すぐに終わるだろう』

そう思っていましたが、揺れは大きくなるばかり。

『ヤバいな』

なんとなくそんな気がして、僕はスタジオの外に出ました。

するとそこで、僕はとんでもないものを目にしたんです。

踊るビル!

外に出た僕たちの目の前に、20階建てくらいの大きなビルが2棟立っていました。

そのビルが、まるで踊っているかのように揺れていたんです。

コンクリートでできたビルが、まるで羊羹のように柔らかく見えました。

『とんでもない事が起こっている』

そう直感しましたね。

それと同時に、『今日は振付できないんじゃないかな?』とも思いました。

これだけ大きな地震が起こると、電車は止まってしまいます。

誰もスタジオに来る事ができなくなるんですね。

『ダメもと』で待っていると、15時を少し過ぎた頃『おはようございます!遅れてすみません!』と出演者がやって来たんです。

『よく来れましたね?』

なんとスタジオが近かった為に、自転車で来たそうです。

『いや〜良かった!』

振付が始まりました。

その時には、地震のことはすっかり忘れていました。

まるで映画のようでした、。

振付が終わって、僕は家に帰りました。

帰る途中なんとなくガソリンスタンドに寄ったんです。

『地震すごかったですね!』

『揺れましたね〜』

給油中にそんな話をしていましたが、さほど『大きな出来事』だとは思っていませんでした。

その後家に帰ると、部屋に置いてある小さなスピーカーが倒れていました。

『ああ、結構揺れたのかな』

しかしそれ以外は何の被害も無かったので、それで終わりだと思っていました。

テレビを見るまでは、、。

お風呂上がりにテレビをつけて、僕は愕然としました。

『なんて事だ』

電車が止まり、駅から溢れた人たち。

歩いてい家に向かっているであろう、『帰宅難民』の人たち。

コンビニからは食料が消え、街は人で溢れかえっていました。

まるで映画のCGのような大洪水が街を襲い、家が流されていました。

まさに『悪夢』そのものでした。

あれから10年。

いまだに復興は終わっていません。

『今何が出来るのか?』

改めてもう一度考えなくてはいけませんね。

冬は必ず春になります(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長生き!

人は誰でも長生きしたいものです。 僕もそうです。 では、何才くらいまで生きるのが『長生き』なんでしょうか。 僕の母親は72才で亡くなりました。 当時は『そんなものなのかな?』思っていましたが、周りの人 …

何かと小さい!

僕みたいに身体がデカイ人たちは、何かと『もの』が小さく感じられます。 例えばトイレ。 便器のサイズには、『レギュラー』と『エロンゲート』の2種類があるって、知っていましたか? 一般の家庭に使用されてい …

テレワークへの憧れ!

昔、データカラオケの仕事をしていました。 パソコンを使ってカラオケを作るわけです。 原曲に似せて作るんですが、結構難しいんですよ。 DTM(デスクトップミュージック)では、苦手な音色があります。 それ …

占い、占星術!

みなさん、占いってやりますか? 僕はあまり興味がありませんでした。 よくあるのが、『過去を当てられた』というもの。 それのどこがすごいのか、当時はわかりませんでした。 『未来がわかる』ならありがたいん …

50才からの楽しい人生を送るには?

半世紀以上生きてきて、やっとこれから後半戦に入ります。 できれば後半戦は楽しく生きたいものですよね。 今まで培ってきた生きる為のスキル、知識、人脈、稼いだお金。 そのうちのどれか一つでもあれば、楽しく …