ブログ

ゴミを作る仕事!

投稿日:

以前、有名な作詞家さんに話を聞いたことがありました。

その時に言っていた『私はゴミを作るのが仕事なんですよ』というお話。

今でも強く印象に残っています。

プロの作詞家さんは、歌手のイメージでバンバン作詞していくものだと思っていたら、決してそうではなく、かなり綿密に取材をした上で、何度も何度も書き直すという事でした。

もちろん、そうではない人もいるとは思いますが、その方はそういうスタイルなんだと思います。

書き直す事が無駄だとは思っていなく、とにかくたくさん作詞するんだそうです。

その中から選りすぐりの詞を選び、それでダメだったらさらに書き直すと。

その時に選ばれなかった詩を『ゴミ』と表現していたんですね。

分母がデカイ!

またある有名な作曲家さんは、とにかくヒット作が多い事で有名な方なんですが、その方は、『ヒットしているのは何千曲の中の一部なので、ヒットする確率は低いですよ』と笑っていました。

そうなんですね。

『書けば当たる』と思っていましたが、実際のところはとても大変な思いをしているようです。

『100万枚売れる曲を書くより、10万枚売れる曲を10曲書く方が大変』という話を聞いたことがあります。

『一発屋』とも言いますが、偶然大ヒットする事はまれにあるそうです。

そう考えると、10万枚クラスのヒットを常に出せるのは相当の才能なんでしょうね。

常に100万枚なんて、ほんの『一握り』の天才なのでしょう。

そういう人でも、先に言った『ゴミ』はたくさん出していると思いますよ。

分母がデカければ確率は高くなり、ゴミも多く出る。

大切なのは、作り続ける事なんでしょうね。

ゴミはゴミではない!

僕の仕事もそうですが、頑張って作ったモノが『ダメ』と言われた時は、やはり凹みますよね^^;

もちろん『OK』が出るまで作り直すわけです。

改めて『形の無いモノ』を作るのって大変な仕事だな〜と思いますね。

『ゴミ』も出るわけですよ。

ただその『ゴミ』、まったく価値がないとは思っていません。

今回は『ダメ』だっただけで、次回はわかりませんよね。

よく『引き出し』なんて言い方をしますが、ゴミ箱に入れず、引き出しにしまっておけばいいだけです。

他にニーズがあればその時に出して使えばいいんです。

フリーマーケットみたいなモノで、『いらない』人と『欲しい』人がいるわけです。

そう考えれば、『ゴミも宝』ですね。

『ゴミ』にならなかった『あざとくて何が悪いの』の振付(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長生き!

人は誰でも長生きしたいものです。 僕もそうです。 では、何才くらいまで生きるのが『長生き』なんでしょうか。 僕の母親は72才で亡くなりました。 当時は『そんなものなのかな?』思っていましたが、周りの人 …

ユーミンのおかげ!?

おやじダンサーズを作る数年前、僕は松任谷由実さんのコンサートにスタッフとして参加していました。 ダンスコーディネイターという肩書でしたが、わかりやすく言うとダンサーのマネージャーをしていました。 ダン …

脱、普通!

子供の頃から『〇〇長』という肩書きになった事がありません。 あったとしても『副』が付きますね。 『副班長』とかです(^^) 誰かのサポートをするのは好きなんですが、先頭に立って引っ張って行くような事は …

頭に来たら自分を疑え!​

『自分が嫌な事は、相手も嫌』と同じで、『自分が怒っていると、相手も怒っている』という事はよくあります。 そして、その『怒っている原因』は、もしかしたら自分に原因があるのでは?と考えたことはありますか? …

答えを言わない!

鈴木家の子育て論は、『想像力豊かな自然児で自由人』です。 その為にやった事、それは『答えを言わない』事でした。 答えではなく『ヒント』を与える事で、子供に『考える力』を養ってもらいたかったからです。 …