ブログ

ゴミを作る仕事!

投稿日:

以前、有名な作詞家さんに話を聞いたことがありました。

その時に言っていた『私はゴミを作るのが仕事なんですよ』というお話。

今でも強く印象に残っています。

プロの作詞家さんは、歌手のイメージでバンバン作詞していくものだと思っていたら、決してそうではなく、かなり綿密に取材をした上で、何度も何度も書き直すという事でした。

もちろん、そうではない人もいるとは思いますが、その方はそういうスタイルなんだと思います。

書き直す事が無駄だとは思っていなく、とにかくたくさん作詞するんだそうです。

その中から選りすぐりの詞を選び、それでダメだったらさらに書き直すと。

その時に選ばれなかった詩を『ゴミ』と表現していたんですね。

分母がデカイ!

またある有名な作曲家さんは、とにかくヒット作が多い事で有名な方なんですが、その方は、『ヒットしているのは何千曲の中の一部なので、ヒットする確率は低いですよ』と笑っていました。

そうなんですね。

『書けば当たる』と思っていましたが、実際のところはとても大変な思いをしているようです。

『100万枚売れる曲を書くより、10万枚売れる曲を10曲書く方が大変』という話を聞いたことがあります。

『一発屋』とも言いますが、偶然大ヒットする事はまれにあるそうです。

そう考えると、10万枚クラスのヒットを常に出せるのは相当の才能なんでしょうね。

常に100万枚なんて、ほんの『一握り』の天才なのでしょう。

そういう人でも、先に言った『ゴミ』はたくさん出していると思いますよ。

分母がデカければ確率は高くなり、ゴミも多く出る。

大切なのは、作り続ける事なんでしょうね。

ゴミはゴミではない!

僕の仕事もそうですが、頑張って作ったモノが『ダメ』と言われた時は、やはり凹みますよね^^;

もちろん『OK』が出るまで作り直すわけです。

改めて『形の無いモノ』を作るのって大変な仕事だな〜と思いますね。

『ゴミ』も出るわけですよ。

ただその『ゴミ』、まったく価値がないとは思っていません。

今回は『ダメ』だっただけで、次回はわかりませんよね。

よく『引き出し』なんて言い方をしますが、ゴミ箱に入れず、引き出しにしまっておけばいいだけです。

他にニーズがあればその時に出して使えばいいんです。

フリーマーケットみたいなモノで、『いらない』人と『欲しい』人がいるわけです。

そう考えれば、『ゴミも宝』ですね。

『ゴミ』にならなかった『あざとくて何が悪いの』の振付(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

結婚記念日!

7月7日は両親の結婚記念日です。 父はミュージシャンで母はダンサーでした。 2人が出会ったのは、母が踊っていたキャバレー。 ツアーの打ち上げでその店に来た父が母に一目惚れし、そのまま東京に連れて帰った …

青春していますか!?

改めて辞書で調べてみると、『青春とは生涯において若く元気な時代』ということらしいですね。 年齢的には、15才〜29才と幅広いですが、これはあくまで『身体』の事ですよね。 となれば、この年になると『これ …

今夜のおとななテレビは!

先週のリモート生放送に引き続き、今週もリモートでの放送です。 東京と福岡、遠く離れていてもちゃんと撮影できるんですね〜 すごい時代になりました! 東京からは、僕と神田愛花、そしてマンスリーレギュラーの …

早起きが苦手な人へ!

僕の周りには『よく眠る』人が多く、とても羨ましく思います。 僕は年齢的にそんなにたくさん寝なくても大丈夫なんですが、やはり『熟睡』には憧れますよね。 まれに、10時間くらい眠れる時があるんですが、翌日 …

ダンスに正解はない!

ダンスを習う時、まず基礎から始めるわけですが、何もわからないので『これです』というものを教わるわけです。 でもそれはあくまで『基礎』であって、『答え』ではありません。 僕は、ダンスには『正解』も『不正 …