ブログ

自分へのクリスマスプレゼント!

投稿日:

かねてからず〜っと我慢していましたが、遂に自分へのプレゼントを購入。

カメラですよ(^^)

携帯電話にカメラが付いてからというもの、『カメラを買う』という事から遠ざかっていたような気がします。

それほど、スマホのカメラって凄いですよね!

逆に言えば、スマホのカメラでどれだけイイ映像が撮れるのか?

どれだけ一番レフに近づけるのか?

それらを追求した方が面白いのですが、やっぱり『元写真部』の僕としては、欲しくなるわけですよ(^^)

『よし!買おう!』と決めてからは、ず〜っと下調べですよ。

この『下調べ』が楽しいんですよね。

カメラって、基本的には本体とレンズが別々に売っています。

ただ、オススメの『キットレンズ』というもモノがあって、それを買っておけば『間違いない』ですね。

その『間違いない』と言うのは、『いろんな場面で使える』という事。

便利な『ズームレンズ』が付いている場合が多いですね。

キットレンズに付いているズームレンズは、『広角レンズ』と『望遠レンズ』の両方が一つになって事が多いので、運動会などでは威力を発揮しますよ(^^)

互換性と選択肢!

ただ厄介な事があって、本体とレンズ、『互換性』が無いと使えないんです。

『マウントアダプター』という裏ワザもありますが、『オートフォーカス』や『手ぶれ補正』などがが使えなくなるなどの『不具合』もあるので、基本的には『同じマウント』がいいですね。

カメラには、『センサー』というモノがついていて、そのサイズによって『写り』と『値段』が変わってきます。

『フルサイズ』『APS-C』『マイクロフォーサーズ』の3種類が主流ですね。

『フルサイズのカメラ』には『フルサイズのレンズ』

と言うように、同じ種類のモノを使うわけです。

基本的には、本体よりレンズの方が高価なんです。

『フルサイズの本体』に『フルサイズのレンズ』の組み合わせが、一番高価だと考えていいでしょう。

その次は『APS-C』そして、『マイクロフォーサーズ』と続きます。(全てがこの通りではありません)

このたくさんある選択肢の中から僕が選んだのは、ソニー製のAPS-Cカメラとキットズームレンズのセット。

理由は、本体が一番安く対応レンズが豊富だからです。

後々レンズを買い足すにしても、APS-Cのレンズはいろんなメーカーからも出ているので、その中から安価なレンズを選ぶ事ができます。

ソニー製のカメラは『オートフォーカス』も速いので、動く被写体を撮るような場合はオススメですよ(^^)

カメラで広がる世界!

最近のカメラは、スマートフォンとの連携が簡単になりました。

BluetoothやWi-Fiにもすぐに繋がるし、専用アプリもあるので本当に便利になりましたね。

スマートフォンの容量が増えてしまい、本体に保存できなくなるような事態も、大容量のカードを数枚持っておけば解消できます。

モバイルWi-Fiとパソコンがあれば、高画質の写真や動画が簡単にブログやYouTubeにアップできます。

すごい事ですよね!

『最小セット』で旅に出て作品を作る。

ディレクターであり、カメラマンであり、編集マンですね。

エンタメもどんどん変わっていくんでしょうね。

ピントがあまいのは、望遠で撮っていて、、いや、僕のせいです^^;

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夢で逢えたら!

母親が夢に出てきました。 『故人が人前に出る時は、自分が一番輝いている頃の姿で登場する』という話しを聞いた事があります。 まだ早いとは思いますが、逆の立場になった時、何才くらいの姿で登場しようか考えた …

母の教え!

うちのオカンは型破りな人でした。 夜遅くまで酒を飲み、翌朝はいつも起きられず、珍しく起きたとしても、作ってくれるのはいつもカップスープでした。 お湯を入れるだけのやつです(^^) もちろんお弁当は作れ …

勘が働く!

僕は中学生の頃写真部でした。 写真って、『ここだ!』と思った瞬間にシャッターを切るわけですが、実はそれだと遅いんですよね。 決定的瞬間は、コンマ何秒の差で過去になってしまうんです。 なので、大切なのは …

出来るか出来ないかではない!

夢を待っている方は多いと思います。 僕もその一人です。 そのために、何かしている事はありますか? 例えば、将来大金持ちになりたい!という人がいたとします。 その人は、その夢のために何か具体的な事をしな …

煽り運転の裏側!

いまだに無くなりませんね、『煽り運転』ってヤツは。 『煽り運転』のニュースを見るたびに、そう思います。 煽った挙句に『事故』を起こす、『刑事事件』になる。 そういう報道を何度も目にしました。 それでも …