ブログ

あいてる椅子を探す!

投稿日:

前にもこのブログで書きましたが、僕が以前、レコード会社にいた頃言われていた事があります。

それは、『芸能界人になるために一番大切なのは、覚えてもらう事』ということ。

当時の僕はなんの特徴もなく、言われたのは『君は70点』、つまり平均的な男子だったようです。

なので、『君のような人は他にもいる』と言われ結果的に歌手を諦め振付師になったわけです。

その時に言われた『他にもいる』という言葉。

これがとても大切な言葉だったんです。

例えば、マイケルジャクソンと区別がつかないくらい似ている人がいたとします。

歌もダンスもそっくりなんです。

その人のCDを買いますか?

『どのくらい似てるのか?』という意味では興味がありますが、僕はマイケルジャクソンの方を買うと思います。

マイケルの『椅子』には、すでにマイケルが座っているからです。

新しくても前例がないとダメ!?

おやじダンサーズ作って、各方面にプレゼンに行った時に言われたのは、『面白いね〜、でも前例が無いんだよね』という事。

新しいモノって、誰も見た事がないから新しいのでは?

『新しくて前例があるモノ』って何だろう?

見た事があるモノは『真似』になるし、見た事が無いモノは『前例』が無い。

その二つの『間』には何があるのだろう?

答えが出ませんでした。

そんな時に、『面白いね!使ってみよう!』と言ってくれたのが桑田佳祐さんでした。

おやじダンサーズを、サザンオールスターズ20周年記念アルバムのコマーシャルに使ってくれました。

後から聞いた話ですが、当時の担当の方は、出来上がったコマーシャルのVTRと、始末書を一緒に出したそうです。

『もしコケたら、僕が責任を取ります!』

と言ってくれたそうです。

おかげで、今の僕たちがあります。

本当にありがたい限りです。

新たに『前例』を作るには、『閃き』と、その責任を取る『覚悟』が必要だと感じました。

もしかしたら、『流行り』は、そういう『荒波』を超えてきているのかもしれませんね。

ダンスが溢れている!

コマーシャルを見ていると、『踊っている系』が多いですよね。

そこには振付師が存在しています。

なにが今新しいのか?

どの椅子があいているのか?

そういう事を考えながら使っていると思います。

もちろん僕もそうです。

なにが面白いかな?

これなら躍れそうかな?

これなんかキャッチーじゃない?

アシスタントと試しながら作っています。

『これ誰もやってないよね?でも前例が無いからな〜』となる事はありません。

誰もやっていない『あいてる椅子』が重要なんです。

常に『閃き』と『覚悟』を持って振付をしています。

椅子見〜っけ!

-ブログ

執筆者:


  1. Pink pink より:

    深い
    「あいている椅子」ですね。
    パパさんが踊ってみえる
    CM拝見致しました。
    キラキラでした(*^^*)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

支えられての配信です!

前代未聞の事態が起き、日常が奪われてしまいました。 つい数ヶ月前には想像もできなかったことが現実になり、途方にくれた人も多いでしょう。 僕のその1人です。 そして、我が社も。 イベントは次々と中止にな …

これは詐欺なのか!?

世の中には数え切れないほどの『詐欺』がありますよね。 社会的に大きな出来事があると、決まってあたらしい詐欺が登場します。 まあよく考えるものだと思いますが、『その知恵があれば真っ当に働いて稼げるはずな …

オリンピック金メダル論!

オリンピックの金メダリストのコーチは、金メダルを持っていない事が多い。 という事は、『自分は出来なくても教える事はできる』という事になります。 それはなぜなのか? ダンスの世界では、そういう事はあまり …

振付の著作権!

自分の『著作物』には権利があって、それを使うには『著作権料』を支払わなければならないわけですが、『振付』には『著作権』はありません。 自分が振付した曲が100万枚売れても、1枚も売れなくても、振付料は …

愛犬の存在

僕が子供の頃、シェットランドシープドッグ(シェルティー)を飼っていました。 どういう経緯で飼う事になったのかは覚えていませんが、気がついたら庭の小屋に『コロ』は住んでいました。 子供だったので『犬を飼 …