ブログ

アゲ太郎!苦難を乗り越えろ!

投稿日:

映画の宣伝です。

『とんかつDJアゲ太郎』に出ます!

みたさんご存知の通り、色々な事がありました。

『作品に罪はない』

本当にそう思います。

芸能界に限らず、何をするにも一人では何もできません。

仕事はたくさんの『人』によって成り立っています。

背中を押す人、背中を押される人、それらを見守る人。

数え切れないくらいの人達に助けられながら、僕たちは生きています。

映画は、公開の数年前から準備が始まります。

長い年月をかけて、ようやく撮影日を迎えます。

撮影が終わったら編集作業。

試写会を経て映画館での上映になります。

映画のエンディングには、タイトルロールが流れ、その映画に携わった人たちの名前が流れてきます。

約5分間。

何百人という人の名前が出てくるはずです。

みんなで作っているんです。

連帯責任!

一人が悪い事をしたら、全員が罰を受ける時がありますよね?

あれって、どう思いますか?

例えば、高校野球。

たった一人の生徒が問題を起こしただけで、全員が出場停止。

プロは違うんですよ。

何かあっても、当人だけが出場停止。

何か変ですよね?

何なんですかね?こういう風潮は?

とても変だと思います。

『正しい判断』がなされていないのではないでしょうか。

回転寿司なんですよ!

歌手が捕まったら、その音楽も店頭から撤去される。

お店のイメージダウン?

事なかれ主義?

確かに犯罪を犯した人の楽曲を聞くと、その人を思い出しますよね。

なので、学校やテレビでは使いづらいとは思います。

ただ、僕は回転寿司と同じだと思うんです。

回転寿司で嫌いなネタが流れてきた時、『アレ嫌いなんだけど』というクレーマーに対して『嫌いなら食べなければ?』と言う勇気があるかどうかなんです。

大体の板さんは『すみません』と言って下げちゃうんですよね。

そのネタが好きな人もいるのに。

好きな人の方が、コッソリ食べる事になるんです。

そういう状態になっているんでよね。

何か変ですよね〜

コハダ、自分でにぎりました(^^)

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

独立記念!?

16才からダンサーとして働いていたせいか、アルバイトの経験がありません。 かといって、人を雇う『社長』をやった事もなく、どちらかというと、中間管理職的な役割が多かったですね。 そもそも『アルバイト』と …

普通が嫌だった!

歌手になりたくてSONYに入った頃、プロデューサーに『君は70点だ』と言われました。 『どういう意味だろう?』と思いましたね。 そうしたら、『君は普通なんだよ。普通だとこの世界ではダメなんだ、覚えても …

大丈夫は大丈夫じゃない!

『大丈夫』という言葉には、たくさんの意味が含まれています。 『お店入れそう?』『大丈夫です』は肯定的な使い方で、『お水飲む?』『あっ、大丈夫です』は否定的な使い方。 『頑丈なテーブルなので、パソコンを …

昔の遊びは最高だった!

今現在、『遊び』といえば、家の中でやるモノがほとんどだと思います。 特にゲーム系。 テレビゲーム、スマートフォン、タブレット、パソコン。 まあ、ほぼ無限にありますよね。 外で遊ぶ事は極端に少なくなった …

『怒り』はコントロールできるのか?

何かあると、『イラッ』とする事がありますが、それって何故だか考えたことはありますか? 『僕は何で怒っているのだろう?』と自分自身に問いかけた事はありますか? 僕は以前、どうにもならないくらい『怒りを感 …