ブログ

進化に追いつけません!

投稿日:

iPhone12が出ましたね。

いよいよ5Gの世界が始まります。

僕が初めてパソコンを買ったのは、今からちょうど30年前。

1990年に発売された『Macintosh Classic』でした。

価格は、20万円前後だったと思います。

コンピューターミュージックをやる為に買ったわけですが、当時はパソコンだけでは何もできなかったんです。

パソコンと楽器を繋げるために必要な『インターフェイス』が必要で、これがまた高かったんです。

その他にもシンセサイザー等も買わないといけませんでした。

結構お金がかかったんですよね。

モニターも小さくて、9インチ。

もちろん白黒ですよ。

『ファットマック』という愛称で呼ばれていました。

こんな感じ(^^)

これはAppleWatchの充電器ですが、こういう形をしていたんです。

可愛いですよね(^^)

速度はかなり遅かったですが、本当にいろいろと頑張ってくれました。

Apple信者!

Macintoshはその後いろいろな種類のパソコンを出しました。

当時僕が一番欲しかったのは、Macintosh IIx。

定価、なんと100万円ですよ!

もちろん中古で買いましたよ^^;

20万円くらいだったと思います。

こちらはデスクトップ型なので、モニターが別売りでした。

そのモニターも高いんですよね。

ただ、Classicとは比べ物にならないくらいの速さで、僕のパソコンでは初のカラーですよ!

嬉しかったですね〜

当時はイベント業務をやっていたので、ショーのオープニング曲や劇中の音楽などは、全てこのパソコンで使っていました。

チラシのデザインもやっていましたね。

音楽が作れて、デザインもできて、ワープロにもなって、ゲーム機にもなる。

今では当たり前ですが、当時は本当に画期的な事でした。

自作PC

現在はWindowsも併用しています。

ソフトによってはWindowsの方が速かったりするんですよね。

あと自作PCは、自分でバージョンアップ出来るところがいいですね。

メモリーを増やしたり、CPU(パソコンの心臓部分)を速いものに変えたり。

保証は無いので全て自己責任ですが、20万円くらいで売っているものが、半額くらいで組み立てられます。

Appleの製品は、中身をいじれません。

すべて『ブラックボックス』なんです。

できるのは、バッテリーの交換くらいかな?

これもまた自己責任ですけどね^^;

昔は、『ResEdit』というソフトで、いろいろといじれたんですよ、Macも。

ゴミ箱の形を変えたり、カーソルの形を変えたりする程度でしたが。

昔とは比べ物にならないくらいの進化を遂げたパソコンですが、これからどうなっていくのでしょう?

5Gでリモートワークがどれくらい激変するのかが、とても楽しみなんですけどね。

自宅の自作PC

【CPU】Ryzen 5 3400G

【グラボ】MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G J グラフィックスボード VD7195

【メモリ】TEAM DDR4 2666Mhz PC4-21300 8GBx4枚(16GBkit)

【マザーボード】PRIME B450M-A

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

振付の著作権!

自分の『著作物』には権利があって、それを使うには『著作権料』を支払わなければならないわけですが、『振付』には『著作権』はありません。 自分が振付した曲が100万枚売れても、1枚も売れなくても、振付料は …

いつか今日を羨む日が来る!

お酒を飲んで失敗した翌日にいつも思う『昨日に戻れたら』というあの気持ち。 何度経験したかわかりません。 お酒を飲んでいなくても、誰もが一度は『リセットしたい』と思ったことがあるのではないでしょうか。 …

子供から大人に!

日本では20才になると、『大人』として扱われるようになります。 お酒が飲めたりタバコが吸えたり。 親の承諾なしに結婚できるのも20才になってから。 ギャンブルもできますよ。 ローンが組めるのも20才に …

しっかり食べて痩せるには!

『食べる事』が身体に良い事はわかっています。 しかし、『食べ過ぎ』は良くないですよね。 わかっているつもりでも、どうしても『腹八分』を守れず、『腹十二分』になってしまいます。 では、『腹十二分』は身体 …

やられたらやり返す!?

ケンカには『2ステップある』と、このブログでも書きました。 『売る人』と『買う人』 売らなければいいし、売られても買わなければケンカにならない。 『やり返す』という事は、『売られた』ケンカを『買う』と …