ブログ

初めて会った芸能人!

投稿日:

僕は東久留米市という所で産まれました。

一応、東京都です^^;

都心までは車でも電車でも約一時間半。

今では交通も発達して、通勤などはかなり便利になりましたが、今から40年前は本当に田舎でした。

家の前の道路は舗装されていなく、外灯もほとんどありせんでした。

夜はとにかく怖かったですよ。

そんな何もない東久留米に、ある時芸能人がやってきました。

近所にある商店街の入り口に小さなステージが作られ、そこには音響機材がセットされていました。

『何が始まるんだろう?』

しばらく待っているとイベントがスタート。

司会者が現れ、ゲストを呼び込みます。

『それではご紹介しましょう!大きな拍手でお迎えください!ゲストのチャダさんで〜す!』

当時テレビによく出ていた、インド人タレントの『チャダ』さんが登場!

みんな『おぉ〜!』と拍手。

イベントがどんな内容だったかは覚えていませんが、僕は産まれて初めて芸能人に会いました。

映画の撮影

東久留米には『源氏閣』(げんじかく)という結婚式場がありました。

その裏に、まだ開発途中の『山』があり、そこは子供たちの遊び場になっていました。

よく『あそこは危ないから気をつけてね』と言われるような、少し危険な『遊び場』でした。

ある日、その周りに数台のトラックが停まっていました。

そして、たくさんの人とたくさんの機材。

一目で『撮影現場』だとわかりました。

監督らしい人と、役者らしい人たち。

その中に、『ミヤコ蝶々』さんがいました。

僕はカメラを持ち、蝶々さんに『すみません、写真撮ってもいいですか?』とお願いしました。

すると『ええよ』と言ってくれたので撮ろうとすると、『なんや!一緒に撮らんのかいな!それになお兄ちゃん、レンズに蓋ついてるで!』と蝶々さん。

優しく一緒に記念撮影してくれました。

嬉しい言葉

以前仕事で一緒になった雑誌社のスタッフさん。

仕事が終わり、『またよろしくお願いします』などと挨拶をした時に、『実は、以前パパイヤさんにお会いした事があるんです』と。

『えっ!?いつごろ?』と聞くと、随分前の事らしく、その方が子供の頃近所で撮影があって、見に行ったら僕がいたらしいんです。

『初めて見た芸能人がパパイヤさんで、握手してもらったんです』と話してくれました。

なんだかホッコリしましたよ(^^)

今から20年くらい前、NHKの『まちかどドレミ』という番組に出ていました。

小学一、二年生の授業で見る番組なので、当時見ていた子供たちは現在28才くらい。

覚えていますか?

唄うなんでも屋、ビーボおじさんです!

番組をやっていた頃は、よく『ビーボさん!』と声をかけてもらいました。

嬉しいですよね!

うちのダンサーにもいるのかもしれませんね、そのくらいの年の人。

今度聞いてみようかな?(^^)

『まちかどドレミ』ビーボおじさん

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お金がなくても貧乏ではない!

辞書で『貧乏』という言葉を調べると、『財産が少ない』と出ます。 僕は声を大にして言いたい! 『それは間違っています!』と。 僕が子供の頃、家は裕福ではありませんでした。 オモチャが欲しいと言っても買っ …

子供から大人に!

日本では20才になると、『大人』として扱われるようになります。 お酒が飲めたりタバコが吸えたり。 親の承諾なしに結婚できるのも20才になってから。 ギャンブルもできますよ。 ローンが組めるのも20才に …

『稼ぐ』より『使わない』

お金は、生きていく上で絶対に必要なものです。 僕は子供の頃から、『どうやったら稼げるのか?』と、いつも考えていました。 幼少期の『稼ぎ』は、お小遣い、お駄賃、お年玉。 これらをやりくりするわけですが、 …

毎朝作る簡単料理!

今日は、僕が毎朝作っている料理のご紹介です。 忙しい朝にピッタリの超簡単料理。 材料さえ用意しておけば、3分で出来ますよ! 『ソーセージと卵の炒め物』 【材料】(2人分) ◯ソーセージ 3本 ◯卵 3 …

実はオタクなんです!

子供の頃は結構『ワーッ!』っていう感じに育ってまして、お世辞にも真面目な子ではなかったですよ。 家にいることは少なく、近所の公園や道路で暗くなるまで遊んでいるような子供でした。 とにかく勉強は嫌いで、 …