ダンス ブログ

プロって何?

投稿日:2020年6月16日 更新日:

プロの定義ってハッキリしていないんですよね。

例えば『僕は作詞家です』と言えば、その瞬間からその人は作詞家です。

で、お仕事をいただいて作詞をする。

お金が振り込まれた瞬間プロになるんですかね?

一円でも貰ったらプロなのかな?

なんか違う気がしますよね?

ゴルフの場合。

ゴルフにはちゃんとしたテストがあって、合格したらプロゴルファーになります。

お金を貰っていなくても、肩書きはプロになるんです。

ダンサーにも、プロとアマチュアがあるとは思いますが、その差はどういうものなのでしょうか。

ダンス系の専門学校はいくつかあり、我が社もそこで授業をしていた事があります。

なんとなくダンスが上手くなりたい人、絶対にプロのダンサーになるんだ!という人。

いろいろな人がいると思います。

専門学校ですから、時が経てば卒業しなくてはいけません。

その後どうするのか?

ダンス教室の先生になる人もいれば、コンサートなどのバックダンサーになりたい人。

ダンスを武器にアーティストになりたい人。

ほとんどの人がプロを目指すようです。

『ダンスでご飯を食べていく』なんていう言い方もしますよね。

プロデビュー

僕が初めて人前で踊ったのは16才の時でした。

ダンス用品のファッションショーです。

有名な歌手の方もいて『スゲエ!』と思ったのを覚えています。

もちろんお金もいただきました。

金額は忘れましたが、安くはなかったと思います。

その時に『これでプロになった』と思いましたね。

その後もダンサーを続け、18才の時に東京ディズニーランドのダンサーになり、翌年19才でダンサーを引退しました。

その後20才で振付師になり、今に至ります。

プロとしてやってきた自信はありますが、何をもってプロなのか?という答えは出ていません。

ずっと続けていられるのは、仕事をもらっているからです。

その『需要』が僕をプロにしてくれているんだと思います。

お金ではなく、信用こそがプロの証なのではないでしょうか。

信用を裏切らないように、これからも頑張っていきたいですね!

プロではなくフロです

-ダンス, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青春していますか!?

改めて辞書で調べてみると、『青春とは生涯において若く元気な時代』ということらしいですね。 年齢的には、15才〜29才と幅広いですが、これはあくまで『身体』の事ですよね。 となれば、この年になると『これ …

54才になりました!

本日誕生日をむかえました。 50才を過ぎたあたりから、年齢はただの番号だと思っているので、『おめでたい』というよりは、一つの節目だと思っています。 それでも仲間が『おめでとう!』と祝ってくれるのは、と …

まいう〜漫遊記 in 長崎!

今週はスタジオ収録と、ロケが三日! 頑張りますよ!! と、言うことでいつものようにロケ前日に前のり。 今回は羽田から長崎へ。 スターウォーズペイントの飛行機! 今日の富士山!iPadの画質が悪く、絵み …

オリンピック金メダル論!

オリンピックの金メダリストのコーチは、金メダルを持っていない事が多い。 という事は、『自分は出来なくても教える事はできる』という事になります。 それはなぜなのか? ダンスの世界では、そういう事はあまり …

五十嵐選手引退!

五十嵐選手をテレビで初めて見た時、『すごく怖い』という印象でした。 ストッパーなので責任が重大なのか、五十嵐選手の性格なのか。 彼は常に怒っていました。 豪快なフォームからロケットのように飛び出る15 …