ダンス 振付

ゼロを1に!

投稿日:

振付師にも様々なタイプの人がいると思っています。

得意分野とでもいうのでしょうか。

僕はショーの振付が苦手です。

ミュージカルのオープニングとか、劇中に出てくる激しいダンスナンバー、感動的なダンス、そういう作品を創る事はできません。

最新のヒップホップもわかりません。

もちろんバレエも^^;

K-POPが流行っていますが、それも振付できません。

むしろ、振付できないものの方が多いでしょう。

じゃあ何ができるのか?

僕は、『ゼロを1にする』振付師だと思っています。

どういう事かと言うと、今までダンスを踊った事がなかったり、ダンスに興味がないような人が、『おっ、なんか面白そうだな』や『これだったらできるかも』と思ってもらえるようなダンスを作る振付師なんです。

テレビの向こうで観ている人の『腰を浮かす』のが僕の仕事。

なので、コマーシャルなどの振付が多いんだと思っています。

絶対に無理!

『まだ舞台を観に行ったことがない!』という人のために、舞台が始まるまでの流れを書いておきます。

ミュージカルなどの舞台は、オープニングダンスから始まる事が多いです。

Overture(オーバーチュア)と呼ばれることもあります。

開演時間が近づき、観客は席に座る。

舞台の上からは緞帳(どんちょう)と呼ばれる巨大な幕が吊り下げられていて、客席にはうっすらとBGMが流れています。

舞台の開始時間になると、客席が暗くなっていくのと同時に、客席に流れているBGMの音量が少しづつ大きくなっていき、緞帳が上がっていきます。

オープニングの曲と同時に舞台には照明が当たり、拍手の中ダンサーたちが登場。

5分くらいのダンスナンバーは見応えがあり、その舞台の『顔』と言っても間違いではありません。

プロダンサーのスキルを最大限に引き出しながら、観客を圧倒し、感動を与える。

と、こういう感じで始まることが多いんですね。

そういうダンスナンバーは僕には作れないし、目の肥えたお客さんを納得させる力は、僕にはありません。

僕には僕の役割があります。

ゼロを1にすることです。

振付師になって

30年以上経つという事は、まだ幼かった子がもう立派な大人になっていても不思議ではありません。

『昔、パパイヤさんに振付してもらったことがあるんです』や『子供の頃一緒にお仕事しかとこがあります』という事は、今までも何度かありました。

それは仕事として出会ったわけであり、テレビの向こうで『腰を浮かした』わけではありません。

これから先何、年振付師ができるかわかりませんが、『あのコマーシャルみてダンス始めたんです!』なんて人とお仕事できたら最高ですね!

腰、浮いた?

-ダンス, 振付

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ダンスの授業】ダンスの譜面作りました!

ダンスが義務教育になってから10年以上経ちますが、いま学校ではどういう授業が行われているのでしょうか? よく聞く話だとDVDを観ながら真似をしたり、インストラクターがやってきてダンスを教えてくれるとい …

オリンピック金メダル論!

オリンピックの金メダリストのコーチは、金メダルを持っていない事が多い。 という事は、『自分は出来なくても教える事はできる』という事になります。 それはなぜなのか? ダンスの世界では、そういう事はあまり …

2度目からが実力!

ダンスに限らず『リピート』があると嬉しいものですよね。 『またお願いするよ』の『また』が嬉しい。 どんな仕事でもそうですが、起業すれば仕事は入ってくると思います。 それがどれだけながく続くのか? 同じ …

振付で大切な事!

みなさん『振付師』ってどんなイメージですか? 僕がダンスを習い始めたころ、振付師=ダンスの先生でした。 でも、いま僕はの中ではダンスの先生と振付師は大きく違っています。 何が違うのか? それは『ゴール …

『イイ』という言葉!

仕事柄ダンスイベントやコンテストなどでエンタメを見る機会が多く、その際にアドバイスを求められる事があります。 その時にいつも困るのは、本当に僕目線でいいのか?という事。 と言うのも、僕は基本的に褒める …