ブログ

悩み多き人生!

投稿日:2020年6月2日 更新日:

みなさん、弱点ってありますよね?

『無い!』という人は、羨ましい限りです。

ある人は、それって人に言えますか?

僕はもちろんありますよ。

花粉症、猫アレルギー、というライトなモノから、精神的な重たいモノまで。

その中でも一番厄介なのが、『羨ましい病』です。

青く見えるんですよ!隣の芝生が!

これも、ライトなモノからヘビーなモノまで。

お金に悩む!

欲しいモノがあったりすると、買う理由を探しませんか?

『のちのち必要になるから』とか、『最近買い物していないから』など買い物を正当化する事がありますよね。

男子の場合、ファッションや時計、車にお金をかける人も多いんじゃないですか?

僕も若い頃にはそうでした。

特に車。

何台乗り換えたらわかりません。

無駄遣いも多かったと思います。

そのせいか、今はそういう物欲が無いんです。

いま僕が欲しいモノと言えば、仕事に役立つモノ。

ダンススタジオなんて欲しいですよね!

先日、某有名な会社のアーティストの振付で、その会社が所有するスタジオに行きました。

まあ、凄かったですよ!

大きなスタジオがあって、その他に小さめのスタジオがいくつかあって。

羨ましかった!

出ました!羨ましい病!

これなんですよね。

あと、欲しいモノと言えば、機材関係ですかね。

パソコンのスペックをあげたかったり、ソフトを買ったり、カメラを新しくしたり。

これまた高いんですよ!

僕が億万長者だったら即買いですが、悩んで悩んだあげくいまだに買って無いものが多いのが現実です。

振付に悩む!

30年以上やってきて、いまだに悩む事が多いのが振付。

流行ってものすごいスピードで変わっていくんですよね。

『新しい』のか『もう古い』のか。

逆に『古いやつ』がいま新しく感じるのか。

見極めがとても大切です。

いま最新なモノはすぐに古くなります。

だから、いつまで経っても古く見えないモノ、定番になりそうなモノを創らないといけないんです。

イメージはあるんだけど形にならない事があって、そんな時、『あの人だったらどうするんだろう?』なんて先輩振付師の顔が頭をよぎったりします。

『簡単で楽しくて!』なんていうオーダーなら大丈夫なんですが、『簡単でカッコイイ!』となってくると、悩みますよね。

『カッコイイ』って定義が難しいんですよ。

そんな時いつも思い出すのが、マイケルジャクソン。

マイケルジャクソンの振付ってカッコいいモノばっかりじゃないですか!

その中でも特に好きなのが、『スリラー』

今でもよく見ています。

振付師は、マイケルピータース。

あの人だったらどうするのかな〜

いちいち考えちゃうんですよ。

人生に悩む

僕の夢は『毎日を楽しく過ごす事!』で、先の事はあまり考えていません。

子供の事も、同じです。

どんな大人になるのか?

どんな仕事に就くのか?

どんな人と結婚するのか?

それらは子供たちがこれから考え、悩む事であって、僕ら親があれこれ言うことではないと思っています。

でも、どんな大人になって欲しいのか想像する事はありますよ。

息子の夢は、お金持ちになる事らしい(^^)

わかりやすくていいですね。

その為に何をするのかは、僕にはわかりません。

でも、それでいいんです。

僕の想像を遥かに超えた、イイ男になる事を楽しみに待っています。

それを想像する事が、今の楽しみの一つなんです。

仮装大賞に出た時

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大好きか、大嫌いか!

おやじダンサーズのテーマは『激しく・切なく・精力絶倫!これだけは今の若いモノには負けん!』というモノでした。 こういう極端なテーマは好き嫌いがハッキリしていて、イヤな人はとことんイヤなんですよね。 そ …

あるモテる男の話!

ずいぶん前に聞いた話です。 ものすごくモテる男の話。 たぶんすごいイケメンなんでしょう。 僕には関係のない話だと思っていました。 ライターさんがその男性に会った時の第一印象は『えっ、この人』だったそう …

おやじダンサーズを作った理由!

1998年、おやじダンサーズは結成されました。 僕が32才の時でした。 そう、おやじではない^^ 僕がおやじダンサーズを作る前、僕は振付師をやりながら、イベントの企画や制作、音響、音楽制作、演出とたく …

あいてる椅子を探す!

前にもこのブログで書きましたが、僕が以前、レコード会社にいた頃言われていた事があります。 それは、『芸能界人になるために一番大切なのは、覚えてもらう事』ということ。 当時の僕はなんの特徴もなく、言われ …

54才になりました!

本日誕生日をむかえました。 50才を過ぎたあたりから、年齢はただの番号だと思っているので、『おめでたい』というよりは、一つの節目だと思っています。 それでも仲間が『おめでとう!』と祝ってくれるのは、と …