ブログ

YESから始める!

投稿日:

自分の意見を相手に伝えるのって難しいですよね。

『そんなの簡単だよ!』という人もいるでしょうが、僕はかなり考えてしまう方なんです。

メールも同じで、書いては消しを繰り返してしまいます。

『こう言ったら相手はどう思うのか?』を考えすぎてしまうんですよね。

そんな時、『自分がこう言われたらどう思うのか?』を考えるようにしています。

自分が言われて嫌なことは相手も嫌ですからね。

しかし、それもまた難しい。

僕の常識と相手の常識が同じとは限らないからです。

例えば、何時頃までなら連絡してもいいですか?

僕は夜中にLINEで起こされても、なんとも思いませんが、あなたはどうですか?

前日遅くまで働いて、明日の朝早いのにそんな時にLINEで起こされたら?

判断が難しいですよね。

仕事の場合その辺りをしっかり考えておかないと、本来うまくいくであろう話もダメになってしまう危険性があります。

意見が違ったら

人の話を聞いて、『んっ?』と疑問を持つ事もあると思います。

自分の考え方とは違う考え、これに対してあなたはどういう受け答えをしますか?

よく、『あっ、違う!』と思った瞬間顔に出て、そのまま話が終わるのを待ち、すぐさまNO!を突きつけて来る人がいます。

そういう人って、自分が同じ事をやられると怒るんですよね。

自分はやるけど、やられるのはイヤ。

そういう人にはなりたくないものです。

そこで、僕がオススメするのが『YESから始める

まずゆっくり話を聞いて、一度賛同してみましょう。

その後、NO!と言うのではなく自分の意見を相手に伝える。

そうする事で、相手もちゃんと話を聞いてくれます。

これは仕事だけではなく、友達、恋人、夫婦でも同じです。

特に小さい子供と話す時、それはとても大切です。

例えば壁に絵を描いてしまった時(うちで実際にあった事です)、僕はまず絵を褒めました。

その上で、ここは絵を書いたらダメなら所だからね、と教え、画用紙を渡しました。

それからは壁に絵を描く事はなくなりました。

ちなみに、高校生になった今も絵が好きで描いています(^^)

人の数だけ意見があると思います。

違って当たり前。

そのくらいの気持ちでいるように心がけています。

息子が描いた絵、左は大根

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マザコンでした!

こういう人、結構多いと思いますよ。 ただ、辞書で調べると『母親に対する強い愛、執着』と出ます。 それではないんですよ。 俗に言う『冬彦さん』(わからない人は調べてみて下さい^^;)では無いということ。 …

夢の小部屋!

僕はそもそもインドア派で、小学生時代は吹奏楽部、中学生時代は写真部でした。 歌手になりたくてダンスを始めましたが、その前になりたかったのは、自動車の整備工でした。 あと、トラックの運転手。 車が好きな …

昔のカメラ!(マニアックな話です)

僕は中学生の頃、写真部でした。 部活動は『写真を撮ること』なんですが、その為には、まずカメラを持っていないと何も始まりません。 当時のカメラは高価な物が多く、親に買ってもらうのが大変だったんですよ。 …

スタジオ開設!

振付を考えたり、音楽を使ったり、リモートだったりと、割と一人でいる事が多いので、そんな時に使える場所が、以前から欲しかったんです。 そこは、ある程度の広さとネットの環境、駅からのアスセスもよく、誰もが …

『役者』であり『歌手』であり『ダンサー』である!

昔は、役者は役者、歌手は歌手、ダンサーはダンサーと全て別々に考えられていました。 例えば、歌手とバックダンサーの関係。 歌手一人に対して、ダンサーは2人〜4人。 よくある形ですね。 皆さんは、誰を思い …

SOLIO「マリンワールド篇」

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031