ブログ

闘わない生き方!

投稿日:

僕は子供の時から、自分を争いから避ける位置に置いていました。

わかりやすく言うと、強い意見を持っている人の近くで傍観する、という位置。

常に俯瞰(ふかん)で物事を見るような子供でした。

よく言えば「要領がいい』、悪く言えば『ずる賢い』になるんでしょうか?(^^)

人がやっている事をじっと見て、相手がどういう反応をするのか、怒るのか喜ぶのか、それを俯瞰で見ていましたね。

なので、バリア的なものが常に目の前にあり、それを突き破ってまで攻撃して来る人はいませんでした。

それでも、自分に被害が及びそうになると、『わかったわかった』と一度受け止め、その人を説得する術を知っていました。

『おもねる』や『へつらう』が近い感覚ですね。

できればしたくない行為ですが、争わない為には必要な事です。

そこまでしても争いたくないのは、どうしてだと思いますか?

以前このブログに書きましたが、争い事の先にプラスにが無いからです。

よくドラマや漫画などで、喧嘩の後に仲良くなる、いわゆる『タイマンはったらダチ!』的なモノがありますが、僕はこの目で一度も見た事がありません。

喧嘩は何度も目にしていますが、その後は散々たるものです。

次に会ったら、、、わかってるな!という事です。

まれに、その後社会人になってから『盟友』や『明友』みたいな関係になる事はありますが。

だから、そういうものに憧れてドラマや漫画を見るんです。

ダンスに逃げる

社会人になってからもその性格は変わっていません。

それは人に対してだけではなく、時代の流れにもです。

西城秀樹さんに憧れ、幼い頃から歌手になりたかったのですが、その方法がわからずもがいていました。

どうしたら歌が上手になるのか、どうしたらテレビに出られるのか、毎日のように考えていました。

そんな時父親が『歌には音程とリズム感が必要だ。歌は急には上手くならないから、おまえダンスやって来い!』と言われ、仕方がなくダンス教室に。

そこにいたのは、おっかない顔をした先生でした。

『ダンスが好きなのか!?』と言われ、『大好きです!』と答えたのを覚えています。

そして始めたのは、曲に合わせて歩くこと。

何十分もずっと歩いていました。

何が正解なのかわからなく、ただひたすらに歩く。

次の週も、その次の週も。

前に行ったり後ろに行ったり。

辞めたいとも思いましたが、そもそも争い事が嫌いな流される性格なので、辞めることは出来ませんでした。

すると、だんだんダンスが面白くなり、そのままダンサーとして働くようになりました。

やっぱりそうだ。

自分の思いとは少し違っても、とりあえずやってみよう。

何かあるかもしれない。

そう思ってからは、子供の頃のように何事も俯瞰で見るようにしました。

目の前に大きな壁が現れたら、なんとかして乗り越えるのではなく、乗り越えられそうな時期を見極める。

それでもダメなら、今はいったんお休み。

いつか必ず乗り越えられるときが来る。

そう信じて次のことをやるようにしています。

気がつけば、知らないうちに乗り越えている事もありますよ。

逃げましょう

母親の口癖が『死にゃ〜せん』だった事もあって、極論が背中にあります。

何かあって立ち向かう事も必要なのかもしれませんが、僕には無理です。

僕はそういう性格ではないので、間違いなく逃げます。

逃げる事を恥とは思っていません。

強力な武器だと思っています。

僕はそういう戦い方をしているんです。

ただそれだけなんです。

それはこれからも変わりません。

時代に逆らわず流され続けてどこにたどり着くのか、それも楽しい人生じゃないですか?

かかってこないで!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

予防接種やりますか!?

いよいよ新型コロナのワクチン接種が始まりますね。 皆さんは打ちますか? 医療従事者の方から接種が始まるという事なので、僕たちはまだ先の事になりそうです。 今までコロナに感染した事が無いので、このままの …

自粛中にスキルアップ!

『不要不急の外出は控えてください』 どこまでが『不要不急』なのかはさて置いて、そう言われると『やってやろうじゃないか!』と思ってしまいますね(^^) 僕は普段から、仕事以外は家にいる方なので、そんなに …

運命を受け入れる!

僕はもともと向かい風に弱く『流される』タイプの人間です。 何か新しい事をやろうとした時、それに『待った』がかかれば逆らわずに待ち、向かい風が通り過ぎるのを待ちます。 風が無くなり前に進めるようになった …

腰痛の方、是非お試しを!

腰痛の約85パーセントは、原因がわからないみたいですね。 そんな事あります? あれだけ痛いんだから、何か原因があってもよさそうなものですが。 僕もたびたび痛くなりますが、確かに原因がわからない事がほと …

『役者』であり『歌手』であり『ダンサー』である!

昔は、役者は役者、歌手は歌手、ダンサーはダンサーと全て別々に考えられていました。 例えば、歌手とバックダンサーの関係。 歌手一人に対して、ダンサーは2人〜4人。 よくある形ですね。 皆さんは、誰を思い …

SOLIO「マルシェで買い物ダンス篇」

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031