ブログ

『ロケ』という仕事のほとんどは◯◯なんです!

投稿日:

『ロケ』とは、本来ならスタジオにあるはずの『機材』などを撮影現場に『持ち出して』撮影を行う事ですが、僕はこの『ロケ』が大好きなんです。

特によく晴れた日などは、本当に気持ちがいいんですよね。

例えば映画やドラマのロケの場合。

集合時間が早朝の場合が多いんです。

そして撮影現場が家から遠い場合は、僕は自走していきます。

早朝ドライブですよ(^^)

最高です!

その日がクランクイン(撮影初日)の場合は、必ず集合時間より早く支度部屋に行きます。

そして、ゆっくり支度をして現場に向かうんです。

『もろもろ確認中で〜す!少々お待ちくださ〜い!』

スタッフさんの声が飛ぶ中、セリフを確認しながら待っていると、『それではご紹介しま〜す!◯◯役のパパイヤ鈴木さんで〜す!』と紹介されるんですね。

そのシーンに出る全役者の紹介が終わって、監督から撮影内容の説明があって、いよいよリハーサルが始まります。

『ドライ(軽くやってみる)→スタッフ打ち合わせ→テスト→本番→チェック』

これが撮影の手順で、通常『テスト』は数回やる事が多いです。

一つのカットが終わると次のカットへ。

その繰り返しです。

一つのカットが終わるのに、短くて1時間、映画などでは数時間かかる事があります。

数回の『カット』を繋げて一つの『シーン』を作ります。

3分のシーンの撮影に、11時間かかった事もあります。

そう、『待つ事』も大切な仕事なんです。

仕事の9割は移動時間と待ち時間!

地方にロケに行く場合は、移動時間が長いんですね。

国内なら数時間、海外なら十数時間かかります。

僕たちの仕事って、テレビに映っている時間は『ほんの一部』で、それ以外の時間がほとんどを占めています。

例えば、食ロケの場合。

お店に着くと、僕たちはロケバス内で待機します。

その間、ディレクターさんはお店の人に撮影の流れを説明しています。

それと同時に、照明のセッティング。

マイクを付け、電波のテスト。

準備が整うと、スタッフさんがロケバスにやって来ます。

『たいへんお待たせしました〜よろしくお願いしま〜す!』

僕たちは、ロケバスを降りて撮影現場に向かいます。

お店の前では、全ての準備を終えたスタッフさん全員が僕たちを待っていて、そこから撮影が始まります。

『本番いきま〜す!5秒前、4、3、2、、。』

僕たちがロケバスの中にいた、『待ち時間』は、撮影がスムーズに進むために使われる時間。

僕たちが待っている時間は、『誰かが汗をかいてる時間』だという事。

とても大切な時間なんです。

いつか自分がやる時が来る!

今は撮影『される』側ですが、もしかしたら撮影『する』側になる事もあり得るわけです。

その時に実感すると思うんですよ、『待ち時間』の必要性を。

背中を押される『タレント』という仕事と、背中を押す『振付師』という仕事。

両方やっているからわかる事があります。

それは、『みんなで一つのものを創っている』という事。

たとえ数時間だったとしても待ちましょうよ〜

大した事じゃありません。

座ってゆっくり本でも読んで、まったり過ごしましょう。

なんだったらお昼寝してもらってもいいので(^^)

早く終わったって早く帰るだけでしょう?

早く帰って早く寝て、早く起きるだけでしょう?

それよりも、ゆっくり時間を使って良い物を創りましょうよ。

待ち時間が『嫌だ』と思っていた、昔の僕にこの言葉を贈ります(^^)

まぁ〜リラックスですね〜

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

振付師というお仕事!

僕が振付師になったのは、20才の時でした。 今までたくさんの曲に振りをつけてきました。 そんな僕が初めて振付したのが、松田聖子さんの『上海倶楽部』という曲。 もちろん、松田聖子さん本人に振付けしたので …

みなさんのおかけです!

僕たちの仕事は、呼ばれないとダメなんですね。 なので、『受け身』の場合がほとんどなんです。 もちろんマネージャーが営業に行きますが、先方に『オッケ〜』と言ってもらえないとダメで、こちらがいくら頑張って …

苦手にチャレンジ!

このブログでもたびたび話していますが、僕はテレビゲームが苦手なんです。 特に、シューティングやレースなどの『攻める系』のゲームが本当に苦手なんです。 本来ゲームというものは楽しむもので、『ゲームばっか …

マイナンバー申請書!

前から気になっていた『マイナンバー』ですが、やっと申請書が来ました。 そもそもマイナンバー、必要なんですかね? 本来なら、引っ越し時の『電気、水道、ガス』の引っ越しも、『マイナンバーがあれば一発ででき …

クルマはまだ空を飛ばない!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が作られたのは、1989年。 映画では30年後の未来として、2015年の事を描いていました。 当時映画を見ていて、『30年後は車が空を飛ぶ』とは思って …