ブログ

自分へのクリスマスプレゼント!

投稿日:

かねてからず〜っと我慢していましたが、遂に自分へのプレゼントを購入。

カメラですよ(^^)

携帯電話にカメラが付いてからというもの、『カメラを買う』という事から遠ざかっていたような気がします。

それほど、スマホのカメラって凄いですよね!

逆に言えば、スマホのカメラでどれだけイイ映像が撮れるのか?

どれだけ一番レフに近づけるのか?

それらを追求した方が面白いのですが、やっぱり『元写真部』の僕としては、欲しくなるわけですよ(^^)

『よし!買おう!』と決めてからは、ず〜っと下調べですよ。

この『下調べ』が楽しいんですよね。

カメラって、基本的には本体とレンズが別々に売っています。

ただ、オススメの『キットレンズ』というもモノがあって、それを買っておけば『間違いない』ですね。

その『間違いない』と言うのは、『いろんな場面で使える』という事。

便利な『ズームレンズ』が付いている場合が多いですね。

キットレンズに付いているズームレンズは、『広角レンズ』と『望遠レンズ』の両方が一つになって事が多いので、運動会などでは威力を発揮しますよ(^^)

互換性と選択肢!

ただ厄介な事があって、本体とレンズ、『互換性』が無いと使えないんです。

『マウントアダプター』という裏ワザもありますが、『オートフォーカス』や『手ぶれ補正』などがが使えなくなるなどの『不具合』もあるので、基本的には『同じマウント』がいいですね。

カメラには、『センサー』というモノがついていて、そのサイズによって『写り』と『値段』が変わってきます。

『フルサイズ』『APS-C』『マイクロフォーサーズ』の3種類が主流ですね。

『フルサイズのカメラ』には『フルサイズのレンズ』

と言うように、同じ種類のモノを使うわけです。

基本的には、本体よりレンズの方が高価なんです。

『フルサイズの本体』に『フルサイズのレンズ』の組み合わせが、一番高価だと考えていいでしょう。

その次は『APS-C』そして、『マイクロフォーサーズ』と続きます。(全てがこの通りではありません)

このたくさんある選択肢の中から僕が選んだのは、ソニー製のAPS-Cカメラとキットズームレンズのセット。

理由は、本体が一番安く対応レンズが豊富だからです。

後々レンズを買い足すにしても、APS-Cのレンズはいろんなメーカーからも出ているので、その中から安価なレンズを選ぶ事ができます。

ソニー製のカメラは『オートフォーカス』も速いので、動く被写体を撮るような場合はオススメですよ(^^)

カメラで広がる世界!

最近のカメラは、スマートフォンとの連携が簡単になりました。

BluetoothやWi-Fiにもすぐに繋がるし、専用アプリもあるので本当に便利になりましたね。

スマートフォンの容量が増えてしまい、本体に保存できなくなるような事態も、大容量のカードを数枚持っておけば解消できます。

モバイルWi-Fiとパソコンがあれば、高画質の写真や動画が簡単にブログやYouTubeにアップできます。

すごい事ですよね!

『最小セット』で旅に出て作品を作る。

ディレクターであり、カメラマンであり、編集マンですね。

エンタメもどんどん変わっていくんでしょうね。

ピントがあまいのは、望遠で撮っていて、、いや、僕のせいです^^;

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自粛中にスキルアップ!

『不要不急の外出は控えてください』 どこまでが『不要不急』なのかはさて置いて、そう言われると『やってやろうじゃないか!』と思ってしまいますね(^^) 僕は普段から、仕事以外は家にいる方なので、そんなに …

子供から大人に!

日本では20才になると、『大人』として扱われるようになります。 お酒が飲めたりタバコが吸えたり。 親の承諾なしに結婚できるのも20才になってから。 ギャンブルもできますよ。 ローンが組めるのも20才に …

振付師というお仕事!

僕が振付師になったのは、20才の時でした。 今までたくさんの曲に振りをつけてきました。 そんな僕が初めて振付したのが、松田聖子さんの『上海倶楽部』という曲。 もちろん、松田聖子さん本人に振付けしたので …

夢の小部屋!

僕はそもそもインドア派で、小学生時代は吹奏楽部、中学生時代は写真部でした。 歌手になりたくてダンスを始めましたが、その前になりたかったのは、自動車の整備工でした。 あと、トラックの運転手。 車が好きな …

地獄から天国へ!

地獄なんて、誰も見たくありませんよね。 僕も見たくはありません。 でもそれは、本人が『地獄』だと感じているだけで、他の人からすればそうでもないのかも知れません。 もっと言えば、その『地獄』を見たい人も …