ブログ

やられたらやり返す!?

投稿日:2020年8月16日 更新日:

ケンカには『2ステップある』と、このブログでも書きました。

『売る人』と『買う人』

売らなければいいし、売られても買わなければケンカにならない。

『やり返す』という事は、『売られた』ケンカを『買う』という事。

なおかつ『倍返し』という行為。

それをさらに『倍返し』したら。。。

もう終わりが見えませんね。

売られたケンカを、うまく『受け流す』事ができれば、そんなに揉めなくても済むのではないでしょうか。

その為には、多少の『辛抱』が必要です。

相手から飛んできた『言葉の槍』を『人格者』という盾で跳ね返すか、『優しさ』を持ってキャッチするか。

どちらかが引かなければ、物事は収束しません。

その『引く』を『損』だと勘違いしている人も多いのではないでしょうか。

僕は相手に突っかかっている人を見ると、悲しくなります。

逆に、ぐっとこらえて『まあまあ』と言っている人に魅力を感じます。

ああいう人になりたいし、子供にはそういう人に育ってもらいたいと、心から思っています。

ここでテスト!

僕はよく『車線変更』を例えにします。

車を運転していて、前の車が車線を変更しようとしている時、みなさんは譲りますか?

それもと、車間距離を詰めて相手が入れないようにしますか?

入れてあげる事を『損』だと思っていますか?

入れてもらえない事で『怒り』ますか?

これが基本なんです。

僕の経験上、入れてもらえる確率は90%です。

高いでしょ?

なぜだかわかりますか?

それは、僕は絶対に車線を譲るからです。

不思議ですけど、譲ったら譲ってもらえます。

それでも10%の人は譲ってくれません。

僕が絶対に入れないように、前の車との車間距離を詰めてきます。

僕を入れない事で、車一台分の距離を『得』したのでしょうか。

みなさんは、そういう人どう思いますか?

これで、僕が怒りに任せてその車を追いかけ、前に出る事でカーチェイスの始まりです。

もし事故を起こしたら。

車線くらい譲りましょうよ。

そして自分が譲ってもらったら、返しましょう。

それなら、『倍返し』大いに結構(^^)

ドンドン返していきましょう、

スーパーマンになれ!

空を飛んだり、物凄い力で地球を救う事はできませんし、そうなる必要はありません。

そんな人はこの世に存在しないからです。

でもいるんですよ、スーパーマン!

姿形は僕たちと何も変わらなく、見た目だけではスーパーマンだとは気付きません。

スーパーマンは、見た目ではなく心の中にあります。

誰も見ていない所でコッソリ活躍するのが、真のヒーローではないでしょうか。

誰でもヒーローになれます。

そのヒーローには、『損』という概念がありません。

逆を言えば、『損』を捨てたらヒーローになれるのではないでしょうか。

試してみませんか?

一度、『損』を捨ててみませんか?

なりましょうよ、ヒーローに!

持ってるじゃないですか!

『辛抱』という必殺技を!

熊本のヒーロー!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夢の小部屋!

僕はそもそもインドア派で、小学生時代は吹奏楽部、中学生時代は写真部でした。 歌手になりたくてダンスを始めましたが、その前になりたかったのは、自動車の整備工でした。 あと、トラックの運転手。 車が好きな …

『何もしない』という趣味!

僕は以前から『趣味が欲しい』と言っていましたが、なかなか見つける事ができません。 理由は、何をするにも『億劫』になるんですよね〜 いろいろな企画をするのは好きなんです。 例えば、『釣り』だったり、『キ …

信号機のルール!

1868年、ロンドンで世界初の信号機が誕生しました。 馬車の交通整理の為に作られたそうです。 そして、日本で初めて信号機が設置されたのは、1930年、東京の日比谷交差点だと言われています。 信号機のル …

一人で暮らしと時間とお金!

僕は16才の時、実家を離れ一人暮らしをしていました。 昼はダンスのレッスン、夜は高校に通い、学校が終わったあとはバンドボーイとして働いていました。 【バンドボーイ】バンドなどの荷物持ちや機材運びをする …

初めて絵を描いた!

僕が勉強嫌いなのは前回のブログで書きましたが、中でも苦手だったのが社会科と美術。 幼稚園から高校まで、それは変わりませんでした。 昔のことを勉強する事と絵を描くことになんの面白さも感じなかったですね。 …