ブログ

話しのうまい人はモテる!?

投稿日:

居酒屋などで、隣の人が話しているのを思わず聞いてしまう事があります。

始めから『聞こう』と思っているわけではなく、あくまでも『聞こえて』くるんです。

そういう時は、大抵『強めのワード』から始まります。

例えば『え〜っ!何で?』とか『それでどうなったの』みたいな感じ。

悪気はなくても興味をそそられるワードですよね。

さらに『ここだけの話だけどね、、』などと言われると耳はぜんぶそっちに向いてしまいます。

その後はほとんどの場合小声になるために話しの内容は分かりませんが、そのひとに『つかまれた』のは間違いありません。

逆の事を言うと、人の興味をこちらに向けるためには、何か強めのワードが必要になるわけです。

驚かせてから話す

以前このブログでも書きましたが、僕が小学生だった頃の先生の話。

『僕はえこひいきをする先生です』から始まった授業。

そういう『引き』の強いワードを使うテクニック。

以前アカデミーショーでも、そういうテクニックを使った俳優さんがいました。

その人は、オスカー象をもらって一言『この像には男性のシンボルが無い!』

会場は爆笑でしたが、その後にゆっくりと共演者、監督、スタッフ、観客への感謝の言葉をスピーチしていました。

かと思えば、真逆な話し方をする人もいます。

例えば『この間、面白い事があってさ』と笑いながら話す人。

この時点でハードルがかなり高くなってしまいます。

『これからすごい話をしますよ!』って言われているわけですから、こちらとしても身構えてしまいますよね。

同じ内容でも『たいした話じゃないんだけどね』と言われた方がハードルが下がるような気がします。

落語家さんがモテる理由

噺家さんはモテるそうです。

確かに話が上手だからモテそうですよね?

でも実はそうじゃないいらしいんです。

噺家さんがモテるのは、聞き上手だからだそうです。

相手の話を『うんうん』と聞きながら、絶妙なタイミングで『合いの手』を入れるそうです。

そうすると、話し相手は気持ちよくなりどんどん話をしてくれるそうです。

自分の話を真剣に聞いてくれる、それは嬉しいですよね。

たとえ自分には興味がない話でも、ちゃんと聞くことで、モテ男になれるかもしれないですね。

こういう人の話もちゃんと聞いてあげてね

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

実はオタクなんです!

子供の頃は結構『ワーッ!』っていう感じに育ってまして、お世辞にも真面目な子ではなかったですよ。 家にいることは少なく、近所の公園や道路で暗くなるまで遊んでいるような子供でした。 とにかく勉強は嫌いで、 …

運命を受け入れる!

僕はもともと向かい風に弱く『流される』タイプの人間です。 何か新しい事をやろうとした時、それに『待った』がかかれば逆らわずに待ち、向かい風が通り過ぎるのを待ちます。 風が無くなり前に進めるようになった …

夢で逢えたら!

母親が夢に出てきました。 『故人が人前に出る時は、自分が一番輝いている頃の姿で登場する』という話しを聞いた事があります。 まだ早いとは思いますが、逆の立場になった時、何才くらいの姿で登場しようか考えた …

エンタメの3ステップ!

16才でエンターテイメントの世界に入ってから、今年で39年目をむかえます。 早いものですね〜(^^) 今までたくさんの人の前で踊り、たくさんの人に踊ってもらいました。 僕は思う事があります。 エンタメ …

振付で大切な事!

みなさん『振付師』ってどんなイメージですか? 僕がダンスを習い始めたころ、振付師=ダンスの先生でした。 でも、いま僕はの中ではダンスの先生と振付師は大きく違っています。 何が違うのか? それは『ゴール …