ダンス ブログ

プロって何?

投稿日:2020年6月16日 更新日:

プロの定義ってハッキリしていないんですよね。

例えば『僕は作詞家です』と言えば、その瞬間からその人は作詞家です。

で、お仕事をいただいて作詞をする。

お金が振り込まれた瞬間プロになるんですかね?

一円でも貰ったらプロなのかな?

なんか違う気がしますよね?

ゴルフの場合。

ゴルフにはちゃんとしたテストがあって、合格したらプロゴルファーになります。

お金を貰っていなくても、肩書きはプロになるんです。

ダンサーにも、プロとアマチュアがあるとは思いますが、その差はどういうものなのでしょうか。

ダンス系の専門学校はいくつかあり、我が社もそこで授業をしていた事があります。

なんとなくダンスが上手くなりたい人、絶対にプロのダンサーになるんだ!という人。

いろいろな人がいると思います。

専門学校ですから、時が経てば卒業しなくてはいけません。

その後どうするのか?

ダンス教室の先生になる人もいれば、コンサートなどのバックダンサーになりたい人。

ダンスを武器にアーティストになりたい人。

ほとんどの人がプロを目指すようです。

『ダンスでご飯を食べていく』なんていう言い方もしますよね。

プロデビュー

僕が初めて人前で踊ったのは16才の時でした。

ダンス用品のファッションショーです。

有名な歌手の方もいて『スゲエ!』と思ったのを覚えています。

もちろんお金もいただきました。

金額は忘れましたが、安くはなかったと思います。

その時に『これでプロになった』と思いましたね。

その後もダンサーを続け、18才の時に東京ディズニーランドのダンサーになり、翌年19才でダンサーを引退しました。

その後20才で振付師になり、今に至ります。

プロとしてやってきた自信はありますが、何をもってプロなのか?という答えは出ていません。

ずっと続けていられるのは、仕事をもらっているからです。

その『需要』が僕をプロにしてくれているんだと思います。

お金ではなく、信用こそがプロの証なのではないでしょうか。

信用を裏切らないように、これからも頑張っていきたいですね!

プロではなくフロです

-ダンス, ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小型船舶免許!

沖縄で暮らしていた頃、よく近所の海に遊びに行きました。 読谷村にある残波岬という所です。 そこはホテルが管理しているビーチなんですが、宿泊客ではなくても遊ぶことはできます。 無料駐車場が付いていて、海 …

音と暮らす!

突然ですが、みなさんは『何フェチ』ですか? そもそも『フェチ』というのは、『異性のパーツ』などに魅力を感じる事で、『脚フェチ』とか『首フェチ』などという言い方をしますよね。 中には『仕草』にフェティシ …

睡眠不足!

年齢的なものなのか、そもそもたくさん寝る方ではありませんが、それでも『熟睡』には憧れを持っています。 なかなか眠れない、眠りが浅い、すぐに起きる、朝がツライ。 こういう経験、ありませんか? 僕は全部当 …

なぜパパイヤ??

今日は名前の由来のお話しですが、その前に僕の事を少し。 僕は鈴木寛(すずきひろし)と言います。 1966年6月29日に産まれました。 この数字で『あれっ?』と気づく人はかなり音楽通な人。 この日、台風 …

不眠症!(原因アリ)

いや〜眠れない! まったく眠れない! そんな時、ありませんか? お酒を飲もうが、羊を数えようが、まったく眠れないんです。 そんな時って、たいがい頭の中を音楽が流れているんです。 リハーサルでかかってい …