ブログ

母の命日

投稿日:

2000年5月20日、ちょうど20年前の今日、母は亡くなりました。

72才でした。

その日僕は女性アーティストのプロモーションビデオの撮影で千葉県にいました。

朝から雨模様でどんよりと曇っていましたが、それがかえって曲のイメージにピッタリで、撮影は順調に進んでいきました。

夕方くらいに雨が強くなってきた為撮影は一時中断、その時携帯を見たら留守電が入っていました。

母が危篤になり、早く帰ってくるようにとの事でした。

2日前にお見舞いに行った時は元気にしていたのですが、容態が急変したようです。

撮影中なので帰れないことを伝え、現場に戻りました。

僕の父はミュージシャン、母はダンサーでした。

2人とも芸を生業にしていた為、僕がこの世界に入る時、『こういう仕事は親の死目に会えないからな』と強く言われていました。

僕は撮影が終わるまで帰るつもりはありませんでしたが、その後も雨が止まずその日の撮影は中止になりました。

『はやく来い!』という事なのかな?

千葉から新宿までロケバスで送ってもらい、そこからタクシーで病院まで行きました。

病院に着いたのは23時過ぎ、ロビーには親戚が集まっていました。

病室に行くと母はまだ息をしていましたが、意識はありません。

先生が「息子さん来たよ」』と母に話しかけると血圧が少し上がりました。

『わかってるのかな?』と先生に聞くと『お母さんわかってますよ』と先生は涙目になっていました。

母は誰とでもすぐにお友達になれる人で、そのせいか病院の人からは『お母さん』と呼ばれていました。

僕がお見舞に行くと看護師さんたちを病室に呼び、僕にサインを書かせて喜んでいました。

まさかその2日後にこんな事になるなんて。。

30分位たって母は息を引き取りました。

そのとき、最初に泣いたのは看護師さんでした。

母を霊安室に連れて行く為廊下に出ると、看護師さんたちが並んで『お母さん!』と泣いていました。

母は愛されていましたね。

本当にイイ人生だった。

僕は悲しいというより、正直ホッとしました。

病気やお金のことで悩まずにこれでゆっくりできる、そう思ったからです。

母が亡くなり戸籍を整理していた時すごい事がわかりました。

それは、母がバツイチで年をごまかしていた事です。

そんな事あります?

オカンらしいな〜と笑いましたね。

だから、どこかに親戚がいるかもしれないですよね?

とにかく最後まですごいオカンでした。

今でもちょくちょく夢に出てきますよ。

いつも文句言ってますけどね^^;

まあ、それがオカンらしくていいんですけどね。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

働きマン!

日本人って、何をするにも真面目らしいですね。 特に仕事。 朝早くから夜遅くまで、とにかくず〜っと働いているイメージがありますよね。 休日も仕事のことを考えていて、何かあれば携帯電話ですぐに連絡がとれる …

『可能性』の使い方!

『可能性』という言葉、よく使いますよね。 『明日は晴れの可能性が高い』や『合格する可能性大!』みたいな。 でもたまに『少し違う』使い方をする人がいます。 例えば、『東京に地震がくる可能性はありますか? …

漫画が大好き!(オススメあり)

僕は飛行機に乗る時は、必ずiPadで漫画を読んでいます。 なので、iPadを忘れると大変な事になります。 頑張ればiPhoneでも読めますが、文字が小さすぎて読めないために、いちいちズームしないとダメ …

定期検診!

みなさん、定期検診していますか? どこも悪くないのに医者に行くのって、なんとなく『おっくう』になってしまいますよね^^; そもそも『医者に行くのがキライ』という人も多いのではないでしょうか。 僕もそう …

『稼ぐ』より『使わない』

お金は、生きていく上で絶対に必要なものです。 僕は子供の頃から、『どうやったら稼げるのか?』と、いつも考えていました。 幼少期の『稼ぎ』は、お小遣い、お駄賃、お年玉。 これらをやりくりするわけですが、 …