ダンス

ダンスが苦手な方へ、簡単に踊れる方法ありますよ!

投稿日:

体操ならやってみようかと思うんだけど、ダンスってなんか恥ずかしいんですよね〜リズム感無いし』という話をよく聞きます。

体操とダンスの違いをお話ししますね。

身体が楽しいのが体操で、脳が楽しいのがダンスです。

僕はそう思っています。

健康になりたくて体操する。

気分をアゲたくてダンスを踊る。

そういう事ではないでしょうか?

体操は見ているよりやった方が楽しいですよね?

でもダンスは見ているだけでも楽しいものです。

でも実際に踊っていると、本当に楽しいですよ!

今日から始められる簡単なダンス、教えますね!

本当に簡単ですよ!

僕は30年以上振付師をやっています。

ほとんどの人が『ダンス苦手なんです』と言います。

しかし、振付が終わった後は『楽しかった!』と言ってくれます。

苦手だと思っているだけで、やった事がない『食わず嫌い』な人って多いんですよ。

とにかくやってみましょう!

ダンスよいうより、普段の生活の中で既にやっている事です。

まず、好きな音楽を選んで下さい。

出来ればリズムがあるもの。

では、やってみましょう!

やる事はただ一つ、曲に合わせて歩くだけです。

簡単でしょ?

歩くだけですよ。

曲に合わせて歩いてみる、これってリズム感を養う第一歩なんです。

とにかく歩いてみて下さい。

そのうちに飽きてきます。

そうしたらしめたもの。

前に行ったり、後ろに行ったりしてみましょう。

右に行ったり左に行ったり。

途中で手を叩いたり。

ゆっくりまわれたら最高です!

ちょっとしたブレイク(キメの部分)や曲の最後で止まってみましょう。

その時に腰に手を当てたり腕を組んだり。

自由なキメポーズを。

これ、一曲やったらかなりイケた感じになりますよ。

有酸素運動なので、ダイエットにもいいかも(^^)

騙されたと思ってやってみてください。

やってみたけど簡単過ぎてつまらない、と言う人は、すでにかなりリズム感が良い人!

座っている方は、膝を叩いてみましょう。

頭を左右にふってみましょう。

うなずいてみましょう。

曲に合わせて動いてみる。

まず第一歩です。

僕も歩く事から始めました。

みんなそうです。

いきなり踊れる人はいません。

よく『ダンスがうまくなるコツは?』と聞かれます。

僕は『うまくなるではなく、うまく見えるでもいいですか?』と前置きをした上で『お気に入りの服に着替える事』と言います。

寝起きにジャージで踊るより、お気に入りの服に着替え、大好きな曲で踊る方がはるかにうまく見えます。

何故か?それはこの人の気分がアガるからです。

僕はうまいダンスになんの興味もありません。

でも『イイダンス』は大好きです。

この、うまいとイイの違い。

これが大事なんです。

『あいつイイ奴だよな!』というのは、決してイケメンではないという事。

見た目ではなく中身のこと。

ダンスも同じです。

僕の師匠はヒップホップ界では神様と呼ばれている人です。

その師匠に言われました。

『パパイヤ、一番カッコイイのはね、バーのカウンターで揺れてるだけの人よ』

深いですよね。

イイダンスを、味のあるダンスを踊れるようになりたいですね!

坂見誠二師匠と

-ダンス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャッチーな振付とは!

あれこれと悩んでいるうちに結局は『全て』をチョイスしてしまっている時があります。 振付の依頼の時に、それはよくありますね。 簡単で、キャッチーで、誰でも踊れるダンス。 はじめはこの3つが、ほぼ90パー …

ゼロを1に!

振付師にも様々なタイプの人がいると思っています。 得意分野とでもいうのでしょうか。 僕はショーの振付が苦手です。 ミュージカルのオープニングとか、劇中に出てくる激しいダンスナンバー、感動的なダンス、そ …

【ダンスの授業】ダンスの譜面作りました!

ダンスが義務教育になってから10年以上経ちますが、いま学校ではどういう授業が行われているのでしょうか? よく聞く話だとDVDを観ながら真似をしたり、インストラクターがやってきてダンスを教えてくれるとい …

好きなダンスを見つけよう!

これからダンスを始めたい!と言う人も多いと思います。 何から始めたらいいのか?という方は、まず自分の好きなダンスを見つける事から始まると思います。 ダンスには『ジャンル』というものがあります。 クラシ …

『イイ』という言葉!

仕事柄ダンスイベントやコンテストなどでエンタメを見る機会が多く、その際にアドバイスを求められる事があります。 その時にいつも困るのは、本当に僕目線でいいのか?という事。 と言うのも、僕は基本的に褒める …