ブログ

占い、占星術!

投稿日:

みなさん、占いってやりますか?

僕はあまり興味がありませんでした。

よくあるのが、『過去を当てられた』というもの。

それのどこがすごいのか、当時はわかりませんでした。

『未来がわかる』ならありがたいんですが、過去がわかっても、と思っていたんですね。

それに、占いっていろんな種類があるじゃないですか。

占いといえば、テレビでよく出てくる『易者』ですよね。

机の上にお箸みたいなやつがたくさんあるやつ。

あれ、『筮竹』(ぜいちく)というもので、50本あるそうです。

あれでジャラジャラやって占ってもらうんですが、なかなか敷居が高そうですよね。

街で見かけても、お願いする勇気がありません^^;

どういう占いが良いのか全くわからず、今まで占ってもらった事はありません。

ただ、『占星術』には興味があります。

知っていて損はなさそうな感じで、けっこう当たりますよね。

『占星術』とはどういうものなのでしょうか?

統計学

占星術をWikipediaで調べると、難しい事がたくさん書いてありますが、わかりやすく言うと『統計学』らしいですね。

僕は細木数子さんに、占星術の話を伺う機会がありました。

細木さんは、『占星術は占いではなくて統計学なの、だから目安にしてね』と言っていました。

さらに、『冬の時期というものがあって、そういう時は無理しない方がいい、真冬にパンツとシャツで外に出る人はいないでしょう?それなりの服装をするはずです。そういう事なの』と、分かりやすく教えてくれました。

その話を聞いた時、いろんなことが腑に落ちました。

踊る前には柔軟体操、歌う前は発声練習。

それと変わらないのではないか、と思ったんですね。

『自然の流れに逆らわず、時期を待つ。』

僕の基本姿勢と同じような気がしました。

それからは、占いや占星術を、『信じる』というよりは、『無視しない』ようになりました。

これって、僕の中ではとても大きなことなんです。

節目年齢!

東洋医学では、女性は7の倍数、男性は8の倍数の年に、身体に変化が起こる『節目年齢』があるといいます。

良いこともあれば悪いこともあるようで、『気をつけよう』という事らしいですね。

逆に何かあっても『節目だからね』と腑に落ちるなら、それが安心材料になるのではと思いますね。

特別な力がなくても、自然の理を知っておけば、何かあった時に、または何か起こらないように気をつける事ができますよね。

これから先の人生を予言する事はできませんが、統計学によって、気をつけ、対処できる知識を持っておきたいものです。

『厄年』も同じような考え方なのかもしれませんね。

ちなみに僕は、厄年に怪我や骨折に悩まされました。

粉砕骨折しました^^;

完治まで約半年、本当に大変でしたよ。

なので、気になる方は『厄除け』をオススメします(^^)

『厄除けした』という気持ちだけ安心できるのなら、それも効果の一つかもしれませんね。

分かりづらいですが、右ひじギプスて固めてます

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

立ち止まる事も必要!?

短い人生なので、常に前に進んでいきたいものですが、時には『立ち止まる』必要もあるのではないでしょうか。 というのも、何をやっても成果が出ない時があります。 そんな時、『ちょっと一休み』する事が、『チャ …

五十嵐選手引退!

五十嵐選手をテレビで初めて見た時、『すごく怖い』という印象でした。 ストッパーなので責任が重大なのか、五十嵐選手の性格なのか。 彼は常に怒っていました。 豪快なフォームからロケットのように飛び出る15 …

マザコンでした!

こういう人、結構多いと思いますよ。 ただ、辞書で調べると『母親に対する強い愛、執着』と出ます。 それではないんですよ。 俗に言う『冬彦さん』(わからない人は調べてみて下さい^^;)では無いということ。 …

負のオーラと幸せのオーラ!

テレビで、『〇〇警察24時』的な番組をやっていました。 僕は昔から『この手の』番組が好きで、よく見ていました。 しかし最近は、『煽り運転』や『ケンカ』など、人が『怒っている』動画がよく流れるようになり …

最後に親と手を繋いだのはいつですか?

僕の母親は21年前に他界しています。 病院で看取る時、母親の手を握りました。 普段なら恥ずかしくて手なんか繋げませんが、『これが最後』だと思うと、そんな事は微塵も感じませんでしたね。 暖かかった母親の …