ブログ

ハッピバースデー母!

投稿日:2020年12月10日 更新日:

今日は母親の誕生日。

おめでとう!

オカンは昭和2年12月産まれ。

亡くなったのは平成12年5月。

72才でした。

生きていれば今日で93才。

芸能界に憧れて家出同然で家を飛び出し、ミュージシャンのオヤジと結婚。

ミュージシャンという不安定な仕事を内職で支え、いろいろな商売をしていました。

毛皮を売ったり、健康器具に手を出したり。

うまくいったり、うまくいかなかったり。

借金もしましたね。

返済に時間もかかりました。

晩年はお金に苦労した母でしたが、いま生きていたら少しは親孝行できていたのかと残念に思います。

オカンの存在!

大阪生まれ大阪育ちという事で、死ぬまで大阪弁の人でした。

『東久留米市』という田舎で、大阪弁はかなり『特別な存在』だったのではないでしょうか。

近所でも有名な『がらっぱち』な人でした。

なんでも『うちがやったる!』というタイプで、人が嫌がる『〇〇委員会とか、〇〇役員』みたいなものも率先してやっていましたね。

PTAの会長もやってたんじゃないかな。

とにかく、『まかせときぃ〜』という性格なんです。

かなりいい加減なところもあるんですけどね^^;

オカンの口癖!

『死にゃ〜せん!』と言うのがオカンの口癖。

『ゲーム買ってよ!』と言っても、『アホか!そんなん無くても死にゃ〜せん!』という感じです。

究極ですよね!

それを言われると、それ以上話が進みません。

『死ぬんだよ!』と言ったところで、『ほな死んでみ〜』となります。

メチャクチャです(^^)

でもそんなオカンが好きでしたね。

オカンは全力で生きていました。

どんなに失敗しても、どんなに借金が増えても『死にゃ〜せん!』で乗り切っていました。

『借金も財産や!』というアレです(^^)

お金はなくても貧しい思いはしませんでした。

それはオカンのおかげだったと思います。

本当に感謝しています。

その『オカンイズム』は僕が受け継がなくてはいけませんね。

勉強ができなくても、好きな人とうまくいかなくても、『死にゃ〜せん!』と言ってあげたいです。

『死ぬ事以外はかすり傷』と言う人がいます。

本当にそうですよね!

『究極の一言』を胸の奥にしまって、この未曾有の事態を乗り切りたいと思います。

左がオカンです!

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信号機のルール!

1868年、ロンドンで世界初の信号機が誕生しました。 馬車の交通整理の為に作られたそうです。 そして、日本で初めて信号機が設置されたのは、1930年、東京の日比谷交差点だと言われています。 信号機のル …

言葉に助けられる事!

同じような意味でも、僕には違って感じる言葉があります。 それは、『我慢』と『辛抱』 我慢の先には何もないような気がしますが、辛抱の先には何かご褒美的なモノを感じます。 皆さんは、どうですか? 『我慢し …

配信ビジネス!

コロナ禍で急速に発達したのが『無観客配信』ではないでしょうか。 僕たちも経験がありますが、お客さんがいないという事は、客席も『ステージとして使える』という事になります。 なおかつ、舞台袖の『見切れ』い …

おとななテレビ!

今週はスタジオ収録のみなので、ゆっくりです(^^) とはいえ、相変わらずの撮影前日に福岡へ前のり。 羽田空港は、いつもより人が多い。 ラウンジはまだ人が少ない 福岡は雨が降っていました。 ただ、まだそ …

話しのうまい人はモテる!?

居酒屋などで、隣の人が話しているのを思わず聞いてしまう事があります。 始めから『聞こう』と思っているわけではなく、あくまでも『聞こえて』くるんです。 そういう時は、大抵『強めのワード』から始まります。 …