ブログ

振付の著作権!

投稿日:

自分の『著作物』には権利があって、それを使うには『著作権料』を支払わなければならないわけですが、『振付』には『著作権』はありません。

自分が振付した曲が100万枚売れても、1枚も売れなくても、振付料は変わりません。

いわゆる『買い切り』というやつです。

その話をすると、ほとんどの人が『マジで!?』と言いますね。

ただ、『あの曲を振付した』という『名刺』が手に入るわけです。

例えばモデルさんが、今までの『仕事』をファイルしていて、名刺がわりにしているのと同じです。

こういう『経験』がありますという事を相手に伝えて『信頼』してもらうわけです。

なので、僕が振付したモノをどこでどれだけ踊ろうが、全て無料です。

ただ、その時に使う『楽曲』には著作権料が発生する場合があるので、ご注意を。

作者没後70年に延長!

著作権保護期間と言って、作者が死亡して70年(以前は50年)までは著作権が保護されます。

その曲を使うと著作権料を払わなければなりません。

なので、作られて100年以上経っているようなクラシックは著作権料がかかりません。

ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調『第九』が作られたのは1824年。

どれだけ歌っても著作権料はかかりません。

ただ、『第九』を歌っているCDを使う場合は、歌っている人の権利である『歌唱印税』がかかる場合があります。(めんどくさいですね^^;)

合わせてご注意を。

印税貰っています!

僕も過去に著作物(作詞作曲、著書)があるので、いまだに印税が入ってきています。

明細書を見ると、細かく計算してありますね。

何枚(何冊)売れて、もしくは『使われて』いくらで、最終的にいろいろと引かれて『◯◯◯円』と書いてあるんですが、ヒット曲の作者はここの数字が凄いんでしょうね(^^)

僕の場合、少額ですがちゃんと計算して税金も引かれて、口座に振り込まれます。

この時期になるとアノ曲、とかあるじゃないですか。

そういう曲は相当貰っているでしょうね(^^)

羨ましい限りです。

もし振付に著作権が出来たら。

かなり『やりずらい』んじゃないかな、と思いますね。

例えば、『ボックスステップ』を踊ったら幾らとか。

胸の前で『おにぎりを握ったら』幾らとか( ̄▽ ̄)

そんな事をやっていると、ステージ上でまったく動けなくなりますよ。

動くたびに『チャリンチャリン』聞こえてきそうです^^;

動きに著作権は難しそうですね。

でもそうじゃないと楽しくないですよね。

好きなだけ自由に踊ってもらいたいです。

みんなでたくさん踊りましょうね!

ライブでも全ての楽曲の著作権使用料を払います

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

見えない物を大切に!

先日、ドラマの撮影のためにアルゼンチンタンゴのレッスンを受けました。 ステップを覚えるのは得意なので、ある程度の自信はありましたが、実際に踊ってみると全くダメだったんです。 アルゼンチンタンゴで大事な …

50才からの楽しい人生を送るには?

半世紀以上生きてきて、やっとこれから後半戦に入ります。 できれば後半戦は楽しく生きたいものですよね。 今まで培ってきた生きる為のスキル、知識、人脈、稼いだお金。 そのうちのどれか一つでもあれば、楽しく …

支えられての配信です!

前代未聞の事態が起き、日常が奪われてしまいました。 つい数ヶ月前には想像もできなかったことが現実になり、途方にくれた人も多いでしょう。 僕のその1人です。 そして、我が社も。 イベントは次々と中止にな …

まいう〜漫遊記 in 鹿児島!

熊本のロケを終え、一同鹿児島へ。 熊本から鹿児島まで約45分。 早いですね〜 またまた遠足です(^^) 鹿児島へ到着! 今回のゲストは、大家志津香ちゃん! しーちゃんと合流して、黒豚しゃぶしゃぶを食べ …

仕事が変わる!?

僕がパソコンオタク時代には、インターネットはありませんでした。 正確にいうと、インターネットはごく限られた人たちが使うもので、僕たち一般人はその存在すら知らなかったものです。 当時は電話回線を使った、 …

SOLIO「マルシェで買い物ダンス篇」

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031